北朝鮮の火葬状況2007/01/01

拙稿で北朝鮮の火葬について関心があるとしました。  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/05/10/360577  これは私自身が諸民族の民俗事象に興味がありますので、その一つとしての関心です。

 ところで、横田めぐみさんを荼毘に付したとする火葬場について、疑惑が生じています。  http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006071801001156  「オボンサン火葬場」は1999年に建設されたのか、それとも1997年にすでに存在していたのかです。  それ以前に、日本の記者団に見せたこの火葬場が、本当に火葬施設なのかどうかも疑わなくてはならないでしょう。

 北朝鮮側の説明で気になることは、火葬の記録は「1995年」から、横田めぐみさんを火葬したのは「1997年春」としている点です。

 よど号事件の首謀者である田宮高麿は「1995年12月」に死亡し、すぐさま火葬した、と発表されています。  曽我ひとみさんの夫ジェンキンスさんによれば、同じく脱走米兵であったドレスノクの妻ドナが「1997年1月」に死亡した際、本人の希望により火葬した、とあります。(角川書店『告白』174頁)

 この「1995年」と「1997年」の一致が気になります。北朝鮮は、それなりに整合性を持たせようと年を一致させたのではないか、という疑問を抱きます。  北朝鮮の火葬状況について、余りにも情報が少なく、もどかしいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/01/01/1084693/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。