勝てる相手を選んで闘争していた「差別語糾弾闘争」2012/02/19

 1970年代のことですが、「鮮」は差別語であるとして、糾弾する闘争が始まりました。

 その一人である梁泰昊さんが、確か文芸春秋だったと思いますが、そこが発行する本のなかに「鮮」が使われたとして抗議し、出版社側はその本をすぐに回収して、社内で梁さんを講師とする研修を行ないました。

 その時、梁さんに「朝鮮の略称として『鮮』を使うのは、警察や自衛隊関係の本、右翼の本などに多数出てくる。そこには闘争しないのか?」と問うたところ、「そうなのだが‥‥」と全く気がありませんでした。

 私はそういう所だからこそ、さらに闘志を沸かすものと思っていたのですが、全くその気配がありませんでした。

 その時、差別語糾弾闘争は、相手がすぐに謝るだろうと思われるところ、つまり闘争の勝利を得やすいところを選んでるんだなあ、と知ることができました。

 「闘争」において、相手が最初から強気で反応しそうな所は避けるというのは、それなりに合理性があるでしょう。しかし「社会から差別という不合理をなくしていこう」という考え方からは外れるように思えました。

 それ以前に、「鮮」が何故差別語なのかを、十分に納得させるほどの解説がありませんでした。今もありません。

 例えば朝鮮史において、14世紀の高麗末~朝鮮初期を「麗末鮮初」という呼ぶのは、韓国の歴史書にも出てきます。これは日本でも朝日新聞社の本にも出てきます。また岩波書店の本でも、朝鮮の略称としてカタカナ書きで「セン」が出てきます。これらは古い本ではなく、ここ十年ほど前の近年の本です。

 差別語糾弾闘争とは一体何だったのか? 今でも疑問に思っています。

(参考) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuuyondai

http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dairokujuunidai

http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainanajuukyuudai

http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/hyaku11dai

コメント

_ 宇宙飛行士 ― 2012/02/22 17:57

「鮮」が差別語だとは思えないです。

例えば、朝鮮の1760年代の地図には「鮮域圖」というのがあり(http://dokdo-or-takeshima.blogspot.com/2008/05/1760s-korean-atlas-seonyeokdo.html)、

今の韓国でも朝鮮初期の清廉だった官吏3人を「鮮初三淸」と讃えています。
http://www.ccnkorea.com/news/articleView.html?idxno=704

「差別」を武器にした、ただの人権屋にしか思えないですが、
政治家、マスコミはああいう攻撃にはやはり弱いですね。

_ 日本国公民 ― 2012/03/23 08:56

梁泰ホ氏は、たしか「釜山港に帰れない」っていう本を書かれた方ですか?

_ 辻本 ― 2012/03/23 20:35

 その通りですが、30年も前の本です。よくご存じでしたねえ。
 当時はチョ・ヨンピルの「トラワヨ・プサンハンエ(帰って来て!釜山港に」という演歌が流行っていました。
 ここから本の題名をつけたと聞きました。
 義理で買いましたが、読まないで「積読」してました。

_ 日本国公民 ― 2012/03/26 13:44

 「釜山港に帰れない」は確か指紋押捺拒否運動のあとに読んだ記憶があります。著者に対して持った一番の疑問は、誰に対して「釜山港に帰れない」と言っているのかです。日本に対して言っているのですね、彼は。自分の国に言うべきだと思いましたね。自国と話し合って、帰れるように策を施すべきだと。民族差別闘争は、結局のところ自分たちが外国人という当たり前の事を隠蔽する手段になりましたか?在日にとって重要で本質的なのは、本国での差別ではありませんか?だから日本にとどまっているのでしょ。それに沈黙する差別運動なんてペテンに近いと思いましたね。まあ、在日の方々は毎年1万人が日本に帰化しているとのことで、このまま平穏に運動が消滅すればいいのですが、運動家の残党が断末魔のあがきをするかもしれないと、密かに危惧してます。

_ abcd ― 2012/03/29 22:31

日本国公民さん wrote:
>指紋押捺拒否運動
今、韓国のビザを取得するには、10本の指の指紋を
取られるんですよね。
在日の人は、この件に対して何も言ってないのでしょうね。
韓国から日本にくるときは、右手人指し指1本だけですよね。

私は、切り替えのときは、指紋押捺の要請に応えてますが。

_ 辻本 ― 2012/03/31 08:13

>韓国から日本にくるときは、右手人指し指1本だけですよね。

 あれ?両手人差し指ではありませんか?

_ abcd ― 2012/04/03 14:34

辻本さん wrote:
>あれ?両手人差し指ではありませんか?
またまた中途半端ですみません。
指紋偽造での入国でも片指しか写真に写っていないので、片手だけかなと思いました。
外国人登録証カードの切り替え時も、今は片手だけだったような(切り替えが5年、7年と延びて記憶が曖昧になってます)。

_ 日本国公民 ― 2012/04/08 09:34

 指紋押捺拒否運動の時、新聞で在日韓国、朝鮮人は強制連行された子孫だからと発言した、朝鮮史家がいました。この事について、知り合いの研究者(大学院生)に尋ねたことがあった。これは本当の事かと。判らないとの答え。記録は残っているのかと聞くと、当時の出入国管理を調べれば判ると。それで結果はどうなのと尋ねる。それを裏付ける記録はなかった。それじゃ、強制連行はなかった事になるのでは?知り合いはこう答えた、在日の強制連行を最初に唱えた論者は、強制連行された在日は戦後帰国したが、祖国の荒廃等の理由で、また戻って来た人もいる。そういう人も強制連行された人に数えられると主張している、と。思わず噴き出してこう聞きましたね。祖国の事情がどうであれ、無理矢理連れてこられた国に、なぜ戻るのか?嫌な想いをした国にまたもどるのか、と。知り合いはしばらく押し黙り、曰く「この分野は研究評価の闇取り引きが横行していてね。特定の主張をする集団の評価にあう様に、事実をまげるのだよ。そうしないと、学者としてエイギョウできなくてね」苦しそうにかすれた声で話したのが、印象的でした。その後、知り合いは大学院を修士中退で辞めてしまい、その後の行方もわからなくなりましたけど。元気でやってるのかな?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/02/19/6340159/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。