朝鮮で活躍した宮城道雄2012/05/05

 宮城道雄は「春の海」や「水の変態」などの名曲で有名な作曲家です。その経歴を簡単に記しますと、

 彼は明治27年(1894)神戸で出生、その直後に眼病を患い、明治35年(1902)9歳の時に失明宣告を受けた。二代目中島検校に入門して筝曲を習い、頭角を現す。明治40年(1907)14歳の時に朝鮮に渡り、邦楽で活躍し、有名となる。大正6年(1917)に日本に戻り、東京で邦楽活動を続ける。

 宮城が朝鮮で活躍したのは、韓国や朝鮮人には意外と知られていないようです。  宮城は、朝鮮李太王妃の御前演奏を行なって好評を得るなど、かなりの有名人となっており、また朝鮮の女性が打つ砧の音を聞いて、名曲「唐砧」を作曲しました。 拙論 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihyakukyuudai 参照

 ところで、何でも韓国起源にしたがる韓国人がこれには全く関心がないというのが、不思議ですねえ。

 その点について、演歌の古賀政雄と比べるとその不思議さが増します。古賀は朝鮮で育ちましたが、音楽で活躍を始めたのは朝鮮ではなく東京でした。

 また古賀の音楽には、朝鮮を匂わすものは何もありません。その点でも、宮城が「唐砧」を作曲したように朝鮮への関心があったのと違っています。

 古賀だけが取り上げられて、なかには彼が韓国人であったという馬鹿馬鹿しい噂まで飛び交うのに、 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/01/10/6285379 宮城への関心が行かないのは、何故なんでしょうねえ。

コメント

_ 在特会 ― 2012/05/06 15:17

私は宮城道雄氏を知りませんでした。
このブログで初めて知りました。
ネットで調べると「音楽家で初めての記念館」があり、
宮城合奏団まであるんですね。

http://www.miyagikai.gr.jp/kinenkan/

>何でも韓国起源にしたがる韓国人がこれには全く関心がないというのが、不思議ですねえ。

たんに、知らないからではないでしょうか。
もっと有名になれば、出てくるでしょう。

_ 日本国公民 ― 2012/05/08 18:19

 学校の音楽の時間に「水の変態」という曲を聴かされた記憶があります。
ドビュッシーの様な印象派を意識しているなかな、とその時は思いました。
 最後は、列車かから転落して亡くなられたそうですが、息を引き取る間際まで、和服の裾の乱れを無意識に直していた、と死を看取った方が、体験談を残しています。その気力の凄まじさに圧倒された、と。

_ abcd ― 2012/05/12 22:10

在特会さんwrote:
>私は宮城道雄氏を知りませんでした。
小学校の音楽の教科書で、「春の海」は習いました。当然憶えています。
世代の相違か、それとも日教組の偏向教育の所為(?)

_ 在特会 ― 2012/05/13 12:44

>小学校の音楽の教科書で、「春の海」は習いました。当然憶えています。

音楽は別に好きな科目でも得意な科目でもありませんでしたからね。

赤とんぼとか、荒城の月くらいは覚えてますが。
日教組の強い地方だったことは確かですね。
世代も違うと思いますよ。

「春の海」をネットで聞いてみると、正月の音楽として聞いたことはあるような気はします。

PPMのほうがよく覚えてますわ、私はファンじゃないけど、クラスでは流行っていたから。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/05/05/6435151/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。