韓国の非常識判決ー対馬の盗難仏像2013/02/27

 もうビックリというか、呆れてものが言えない判決が出ました。

盗難仏像、日本への返還差し止め 韓国裁判所       昨年10月に長崎県対馬市の神社や寺から盗まれた仏像2体が韓国で回収された問題で、韓国中部の大田地裁が26日、うち一体について、韓国政府による日本への返還を当分差し止める内容の仮処分決定を出した。聯合ニュースが伝えた。       日本政府は文化財不法輸出入禁止条約に基づき仏像の返還を求める方針で、韓国政府や裁判所は条約履行と仮処分決定の順守義務のどちらを優先するか検討を始めたもようだ。            問題の仏像は長崎県指定の有形文化財で対馬市の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」。韓国中部、瑞山にある浮石寺が、同像は14世紀に同寺で作られたと主張。長崎で盗まれた後韓国に密輸された像を発見、保管している韓国政府による移転禁止を求める仮処分申請を同地裁に行っていた。         同地裁は、観音寺がこの像を正当に取得したことが訴訟で確定するまで、韓国政府は日本政府に引き渡してはならないと判断した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130226/kor13022622330008-n1.htm

 こんな非常識な判決が出るとはねえ。日本には朝鮮半島由来の文化財が多いですが、これは貴重な文化財を大切に保存してきた日本人の努力の結果です。そして所有権が日本側にあることも明白です。

 これらについて、韓国人が日本で盗みを働いても、日本側がその由来の合法性を証明しない限り、元に返さなくていい、というものです。韓国の判事は、法的にも道徳的にも非常識な判決を下したのですが、法と正義を守ると誓った法曹界の人なのか疑問に思うほどです。民族の情緒=反日のためなら何でもあり、の典型ですねえ。

 日本にある朝鮮半島由来の文化財は、韓国人の窃盗の対象となるでしょう。また、こういった文化財を韓国の博物館の展示等で貸出しても返って来ない可能性が出てくることになります。