『韓国経済が崩壊するこれだけの理由』2013/03/09

 三橋貴明の『いよいよ韓国経済が崩壊するこれだけの理由』(WAC)という本を購読。

 一読して、昔こんな感じで韓国経済を解説した本があったなあ、と懐かしく思いました。もう40年も前の1970年代に、確か岩波書店から出ていたと記憶しています。

 岩波ですから、当時の韓国は軍事ファッショ独裁政権で、その経済はアメリカとその手先である日本の植民地とだというものです。従って韓国経済のデータは、アメリカや日本に関係あるものすべてが「従属」の証拠として解説するもので、経済的にも暗黒であるとしていました。

 当時の私は左翼がかっていたので、この本を熱心に読んだものでした。だからそんな韓国に日本の企業が進出するのは、韓国人民から搾取を狙っているのだ、などと思ったものでした。しかし韓国経済は一向に悪くならずに発展しており、むしろ北朝鮮経済こそが中国やソ連に依存状態で停滞状態あることを知って、読んで損したと思いました。この本は、もう私の本棚にはありません。

 三橋の『崩壊するこれだけの理由』も、経済のデータを「市場を食い物にする」「ゆがんだ輸出依存体質」「つかのまの幸運に過ぎない」等々と、悪意があると言わざるを得ないような表現で、解説を連ねています。

 こんな本が今の日本では売れているんだなあ、40年前の過去が今繰り返しているんだなあ、という感想を抱きました。三橋はかつての左翼経済学者の再来なんだろうなあ、と感じた次第。

 ところでこの『崩壊するこれだけの理由』のなかで、「34、あまりに多すぎる韓国の強姦事件」(76~77頁)では、強姦事件の発生率は日本の四〇倍以上」としてます。これは『SAPIO』2012年12月号の100~101頁にある張赫の論考と同じ内容です。

 これについては、元となるデータを読み間違ていると批判しました。

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/09/6628993

 韓国の『犯罪白書』には、強姦事件の件数について「強姦(強姦および性暴力を含む)」と明記しています。つまり「強姦」とは、刑法297条の「強姦罪」を適用した事件と、「性暴力犯罪の処罰および被害者保護に関する法律」(強制わいせつ罪に相当)を適用した事件とを合わせているのです。

 つまり「強姦」とは「強姦罪」と「性暴力処罰法」(強制わいせつ)の適用を受けた犯罪だ、とするのが韓国の立場です。

 一方日本の場合は、「強姦罪」と「強制わいせつ罪」の刑法条項によって分けた数字を出しています。つまり「強姦」とは「強姦罪」が適用された犯罪であって、「強制わいせつ罪」は含まないというのが日本の立場となります。

 すなわち『SAPIO』の張赫は、日本では刑法の強姦罪だけの数字、韓国では強姦罪だけでなく強制わいせつ罪をも含めた数字を比較して、「韓国の強姦は日本の40倍」という論理を展開しているのです。比較する元のデータ数字を読み間違っているのですから、比較してはいけないものを比較したということです。

 三橋はこの『SAPIO』記事を検証もせずに自分の文章として取り込んだようです。

 三橋の本は、このようなデータの読み間違いが他にもあると思われます。

コメント

_ 大森 ― 2013/03/10 04:16

>一読して、昔こんな感じで韓国経済を解説した本があったなあ、と懐かしく思いました。もう40年も前の1970年代に、確か岩波書店から出ていたと記憶しています。

『韓国の経済』隅谷三喜男(岩波新書1976)ですね
隅谷三喜男はベストセラーになった『日本の歴史22』(中央公論社)の執筆者でもあり有名な経済学者でした
左翼的実証主義研究家というところでしょうか
キリスト教徒でもあり人格者のイメージもありました

_ 辻本 ― 2013/03/10 07:01

〉『韓国の経済』隅谷三喜男(岩波新書1976)ですね

 そうでしたねえ。思い出しました。

〉左翼的実証主義研究家というところでしょうか

 感情的な言葉は抑えていたように記憶しています。
 三橋さんの『崩壊するこれだけの理由』にあるような、品のない修飾語が多いのとは、対照的という印象を持っています。

_ (未記入) ― 2016/01/21 22:32

隅谷先生って、不思議な人ですね。
左翼的実証研究家ですか。なるほど。そういう風にみられているかも知れませんね。
一方で、キリスト教をバックボーンに持つ人道主義者って言うところかも知れませんね。
満州時代には、五味川純平によると‟菜っ葉服をきて中国人住宅に寝泊まりし中国人たちとつき合う隅谷先生に興味を持ち”、「人間の条件」の主人公「梶」のモデルとしたようです。中国人労働者達は先生の顕彰碑を建てたそうです。また、中国労働者サイドに立った論文(左翼的?)を発表し、バッシングを受けたりしたようですが、でも関東軍はそれを高く評価したのか、徴兵を免除したり、更には先生を労働問題の討議に招いたりしてますね。また、東大紛争時には機動隊導入を決断したのは先生ですが、一方で、敵対した全共闘のメンバーの結婚式に呼ばれ、全共闘の猛者たちのなかで祝辞を述べたりと、本来は目の敵にされても良い相手からも敬愛されるという人です。
なにか計り知れない方です。

尚、以上は以下の「隅谷三喜男研究会」からの引用です。

http://mikiosumiya.jimdo.com/隅谷先生について/

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/03/09/6741409/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。