法を軽視する韓国の民族性2013/09/01

 韓国人は法律について日本とは違う価値観を有していることは、これまで何回か論じてきました。

 このことは私だけでなく、他にも何人かの人が以前から論じてきた来たことです。 今日は毎日新聞がこれについて記事にしました。

 韓国が日本とは異なる法意識を持っていることが、ようやく大手の新聞(しかもこれまで韓国寄りだった毎日)に載ったということです。記事は韓国の司法の「理解を超える判断」「特異な判断」を主に取り上げていますが、「法の支配」の観点からの日韓の法意識の違いにまで言及しています。 

http://mainichi.jp/select/news/20130901ddm002030137000c.html http://mainichi.jp/select/news/20130901k0000e030166000c2.html

従軍慰安婦問題:対応「違憲」決定2年 韓国司法、摩擦の根 戦後補償、「解決済み」の日韓見解覆し        毎日新聞 2013年09月01日 東京朝刊             【ソウル澤田克己、大貫智子】慰安婦問題での韓国政府の「不作為」を違憲だとする韓国憲法裁判所の決定から、8月30日で2年となった。韓国ではその後、日本から「理解しがたい」と批判の強い司法判断が相次いで出されており、今や日本側の対韓不信の中心は「韓国の司法」の様相だ。一方、韓国の朴槿恵(パククネ)政権は歴史認識問題での強硬姿勢を崩していない。安倍晋三首相と朴大統領は5日からロシアで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で顔を合わせるが、会談は開催されない見込みだ。            韓国憲法裁は2011年8月30日、「日本国によって行われた組織的かつ持続的な不法行為によって人間の尊厳と価値を深刻に傷つけられた自国民の賠償請求権を実現させ、保護すること」が憲法によって求められているとして、韓国政府が外交努力を講じなかったことを「違憲」とする決定を出した。             韓国政府はその後、元慰安婦の賠償問題に関する政府間協議の開催を日本に求めた。            日本側は、韓国との戦後補償問題の解決を図った1965年の日韓請求権協定で慰安婦問題などは「解決済み」という立場で、韓国側の求めに応じていない。11年末に京都で開かれた日韓首脳会談は、慰安婦問題を巡り首脳間の感情的対立に発展した。            日本側をさらに驚かせたのは、韓国最高裁が昨年5月、元徴用工の個人請求権を認め、協定で「解決済み」という日韓両政府の一致した見解を覆したことだ。             最高裁は、三菱重工業と新日本製鉄(現新日鉄住金)の2社を相手取った損害賠償請求訴訟で、植民地支配の合法性などについて日韓両国の合意がない中で締結されたことを理由に「協定で個人請求権は消滅していない」という判断を下した。審理はソウル、釜山の両高裁に差し戻され、今年7月に原告勝訴の逆転判決が出た。両社は最高裁に上告中だ。             韓国政府は盧武鉉(ノムヒョン)政権だった05年、戦後補償問題が日韓請求権協定で解決されたかどうかを検討。慰安婦問題などは「未解決」としたが、元徴用工については「(解決したと)見なさざるをえない」としていた。それだけに「徴用工に関する司法判断には韓国政府も困惑しているようだ」(ソウルの日本大使館幹部)。           今年に入ってからも、韓国司法は日本側の理解を超える判断を繰り返している。

 ソウル高裁は今年1月、靖国神社への放火を「政治犯罪」だとして、韓国で捕まった中国人容疑者の日本への引き渡しを拒否。さらに、2月には中部・大田地裁が、対馬から盗まれて韓国へ持ち込まれた後、韓国の仏教界から「もともとは韓国のものだ」という主張が出た仏像の日本への返還を当面差し止める仮処分決定を出した。        一方、韓国の司法による特異な判断は日本関係に限らないとの指摘もある。             憲法裁は今年3月、70年代の独裁下で政治的集会などを禁じた大統領緊急措置3件について「違憲」決定を出した。この時に判断基準とされたのは、87年の民主化で制定された現行憲法。当時は存在しなかった法律を遡及(そきゅう)適用したことになる。              韓国事情に詳しい小此木政夫九州大特任教授は「日本との法文化の違い」が背景にあると指摘。「韓国では、道徳的に問題かどうかという国民の情緒が重視される。半世紀前に結んだ条約でも正義に反しているなら正すべきだという考えが出てくる」と話している。              ◆「価値観の共有」遠く         日本での対韓認識は、李明博(イミョンバク)前大統領の竹島上陸(昨年8月)で悪化した。だが、最近は日本政府内から「韓国も法治国家になったと思っていたが、違ったようだ」(法務省幹部)という声が出るほどだ。悪化した日韓関係を韓国の司法判断がさらにあおる結果となっている。             対韓外交に関係する外務省幹部は、日韓関係の重要性を説明する際に必ず使われてきた「基本的な価値を共有している」という表現について「もう使うのをやめようという声が官邸内で出ている」と話す。「理解不能な判断を繰り返す韓国の司法を見ていると、法の支配という基本中の基本で違うという不満が強いから」だという。            一方の朴大統領は「正しい歴史認識」を日本に求める「原則」姿勢を崩さない。さらに、大統領に近い韓国政府高官は「首脳会談に応じないことなどで、日本には強い圧迫を加えている」と話す。            陳昌洙(チンチャンス)世宗研究所日本研究センター長は「10月の例大祭でも安倍首相が靖国神社を参拝しなければ、関係改善へ向けた水面下の協議は始まるだろう。だが、その時には集団的自衛権の解釈変更が問題となりそうだ」と、早くも懸念している。

==============

 ◇日韓関係に関する韓国の司法判断

2011年8月 憲法裁      慰安婦問題と韓国人被爆者問題で韓国政府の不作為に「違憲」決定

2012年5月 最高裁      元徴用工訴訟で個人請求権認め、2審判決を破棄差し戻し

2013年1月 ソウル高裁    靖国神社放火を「政治犯罪」として容疑者引き渡し拒否

     2月 大田地裁     対馬から盗まれた仏像の日本への返還差し止める仮処分

     7月 ソウル・釜山高裁 元徴用工訴訟の差し戻し審で原告勝訴の逆転判決

  日本が韓国と共通の価値観(近代的法治国家)を有しているという幻想は、そろそろ止めにするべきでしょう。

【拙稿参照】

韓国の古代的法規範意識         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/10/27/1873691

韓国の法意識              http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/11/10/1900716

韓国の法意識(続)           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/11/17/2393593

法に対する思想が根本的に違う日本と韓国 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/09/11/6570566

法より情を優先する韓国社会       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/09/16/6575093

朴槿恵の謝罪―親の罪は子の罪か?    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/09/25/6584335

韓国の非常識判決ー対馬の盗難仏像 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/02/27/6732313

法を守るという価値観          http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/05/11/1501343

コメント

_ 河太郎 ― 2013/09/03 10:04

>韓国人は法律について日本とは違う価値観を有していることは、これまで何回か論じてきました。
 このことは私だけでなく、他にも何人かの人が以前から論じてきた来たことです

最近知って驚いたことに、韓国では銀行で払い込みの際に現金が不足していても行員は「いいよ、いいよ」と言って済ませるそうです。韓国での体験談として日本人が書いていました。これは複数の日本人の体験談です。

韓国内ではそれはそれでいいとしても、日本に対しても同じ調子で来られても拒否するしかないですね。

韓国では法律や規則よりも人情、感情が優先されるからと説明されていますが、外国人には迷惑な話です。

新日鉄に未払い賃金支払い命令を出したソウル高裁判決もその流れと説明されていますが、
日本としては拒否するしかありませんね。

_ 辻本 ― 2013/09/04 18:26

>最近知って驚いたことに、韓国では銀行で払い込みの際に現金が不足していても行員は「いいよ、いいよ」と言って済ませるそうです。韓国での体験談として日本人が書いていました。これは複数の日本人の体験談です。

 この日本人は銀行に払い込みに行くのに、最初から足りないお金を持って行ったということですねえ。韓国の「法より情」を行く前から期待している訳ですねえ。
 何と情けないというか。こんな恥ずかしい日本人もいるということで、参考になりました。

_ 河太郎 ― 2013/09/05 22:51

>この日本人は銀行に払い込みに行くのに、最初から足りないお金を持って行ったということですねえ。

それはちと邪推では。例えば、600円支払う時に百円硬貨6枚を出したつもりが、実際に出したのは百円硬貨5枚と50円硬貨1枚で、不足を言われて慌てて50円硬貨を百円硬貨に替えた例を想像しては如何。金額は違いまいすが、私は何回かありますね。

●『つきあいきれない韓国人』渡部昌平著(中公新書クラレ) 58頁
<振込金額が10ウォン、100ウォン足りなくとも、銀行の窓口で「まあいいか」とハンコを押してくれるくらい融通が利きます。(これは私が公共料金の支払いの時に、韓国の大銀行で実際に経験した事実です)>

●月刊『WILL』8月号100頁
松木國俊『さらに女房から聞いて驚いたのは、銀行に行って1ウォン足りなかったところ、「ケンチョナヨ」と言われたというのですから。』

>韓国の「法より情」を行く前から期待している訳ですねえ。

ホホウ。そんな小銭程度のゴマカシを期待する日本人は殆どいなのではと思いますが。

> 何と情けないというか。こんな恥ずかしい日本人もいるということで、参考になりました

えらく簡単に日本人の恥と決めつけるのですね。結論を出すにはちゃんとした証拠を揃えてからが持論なのでは。硬貨かお札を間違って出したと想像するのが普通と思うのですが。

_ 辻本 ― 2013/09/06 02:39

 最初から現金が不足していたから、ではなく、少額硬貨が切り捨てられたといいうことですねえ。これはゴマカシではありません。

 これは韓国では1990年代には10ウォン以下の硬貨が流通していないためです。実際の取引には10ウォン以下の記載はあっても、これを現金で支払う段では切り捨てられます。カードで支払う場合はそうはなりませんが‥。
 これは銀行も同じです。10ウォン以下の硬貨自体がありませんから、おつりの出しようがありません。

 今は100ウォン以下が切り捨てられているのですかねえ。

 韓国はカード社会で、現金取引は非常に少ない所です。現金を持っていくと、少額単位は切り捨てられる国です。ゴマカシではなく、そういうシステムの国です。

〉結論を出すにはちゃんとした証拠を揃えてからが持論なのでは。

 そちらの文章を素直に読んだだけです。わざわざ書いてこられたのですから、よっぽどの事実のことか思いました。実際はそうではなかったということですねえ。

_ 河太郎 ― 2013/09/06 07:46

>これは韓国では1990年代には10ウォン以下の硬貨が流通していないためです。実際の取引には10ウォン以下の記載はあっても、これを現金で支払う段では切り捨てられます

日本では円の下の位の銭や厘は計算上はあり得ます。貯金100円に年0.1%の金利は0.1円つまり10銭です。しかし銀行の実際の処理では、おそらく利子は0円となっているのでしょう。

これを、「利子は10銭です。しかし利子は払いません。」と。韓国ではこのやり方が行われているというのでしょうか。

5%消費税の計算でも同じことが発生します。価格1万2345円の5%消費税は計算上は
617,25円です。しかし消費税として提示する段階で617円としかしません。

韓国式では消費税617,25円と提示して、617円でいいですよ、言っているというのでしょうか。

>これは銀行も同じです。10ウォン以下の硬貨自体がありませんから、おつりの出しようがありません。

しかし、渡部さん、松木さんの文章では、通用していない通貨の分は切り捨てられるというような驚きではなかったですね。

>わざわざ書いてこられたのですから、よっぽどの事実のことか思いました。

銀行で振込金額234円のところ間違って233円しか出していなかったが、行員が、1円まけてやるよ、と言ったとしたら、これに驚かない日本人はいませんね。

しかし、定価12345ウォンの表示があっても、5ウォンは意味のない端数、となるとこれはこれで驚きですが。

>実際はそうではなかったということですねえ

渡部さん、松木さんの単なる勘違い、誤解ということでしょうか。そして私も。

_ 辻本 ― 2013/09/06 14:00

>定価12345ウォンの表示があっても、5ウォンは意味のない端数、となるとこれはこれで驚きですが。

 カードで支払うならば表示通りで、切り捨てられません。あくまで現金で支払う場合です。
 1ウォン・5ウォン硬貨自体がありません。もしあったとしたら、記念硬貨扱いですから、そういう店に行けば高額で引き取ってくれるという話を聞いたことがあります。

_ 河太郎 ― 2013/09/06 14:42

>1ウォン・5ウォン硬貨自体がありません。

なかなかピンときませんが、いい加減といえばいい加減、おおらかと言えばおおらか、とでも言うのでしょうか。これでは韓国と取引する日本企業も苦労する筈です。

>もしあったとしたら、記念硬貨扱いですから、そういう店に行けば高額で引き取ってくれるという話を聞いたことがあります

最小単位の硬貨は発行されているが、ただ流通量が少ないだけ、ということになりますかね。

つまり、日本にあてはめれば、定価123円45銭と表示して商売が成り立って誰も不便を感じていないということなのでしょうかね。やはり日本人には理解し難い商習慣ですね。

_ 辻本 ― 2013/09/06 17:39

〉これでは韓国と取引する日本企業も苦労する筈です。

 企業は現金取引しませんから、苦労はないでしょう。

〉最小単位の硬貨は発行されているが、ただ流通量が少ないだけ、ということになりますかね

 1、5ウォン硬貨は流通用には発行されていません。流通量は少ないのではなく、ありません。
 なおミントセットでは発行されているようです。

〉やはり日本人には理解し難い商習慣ですね。

 日本でも、内訳書にある金額から端数を切捨てた金額の請求書を作成することはよくあります。私には違和感はありません。

_ 河太郎 ― 2013/09/06 21:04

>日本でも、内訳書にある金額から端数を切捨てた金額の請求書を作成することはよくあります。私には違和感はありません。

それは値引きです。請求書には値引きした金額を書き、それが正しい請求金額として
対処するのですよ。

請求書に書かれた金額を社員が勝手にマケたら、その社員は始末書ものです。

_ 辻本 ― 2013/09/06 22:42

 日本では日本なりの値引き=端数切り捨てがあり、韓国では韓国なりの値引き=端数切り捨てがあるというだけですねえ。
 大層に言うことではありません。

_ 河太郎 ― 2013/09/07 09:07

>韓国では韓国なりの値引き=端数切り捨てがあるというだけですねえ。

勿論、そのやり方が韓国国内で納まっていれば外国人が何か言う筋合いはありませんが、火の粉が日本にも降りかかれば払い除けるだけですね。

>大層に言うことではありません

そうですかね。朝鮮語ができませんので、韓国人のいい加減さを、ケンチョナ、と言うらしいですね。一事が万事です。朝鮮人の性格として知っておいて損はしないどころか、朝鮮人の発言と行動を解釈する時には必要でしょう。過大にしろ過小にしろ。
日本人は何でも額面通りに生真面目に受け取りがちですから。

_ 辻本 ― 2013/09/08 01:45

〉火の粉が日本にも降りかかれば払い除けるだけですね。

 韓国では10ウォン以下の硬貨が流通していなくて切り捨てられるということが、「火の粉が日本に降りかかる」とは、すごい想像力ですねえ。

〉朝鮮語ができませんので、韓国人のいい加減さを、ケンチョナ、と言うらしいですね

 朝鮮に関してこれほど勉強している方が朝鮮語、しかもごく初歩の言葉も知らないとは、これもビックリですねえ。

_ 河太郎 ― 2013/09/09 09:13

>韓国では10ウォン以下の硬貨が流通していなくて切り捨てられるということが、「火の粉が日本に降りかかる」とは、すごい想像力ですねえ。

一事が万事、ですよ。韓国人がいい加減というのは知っておくべき事と思っています。

>朝鮮に関してこれほど勉強している方が朝鮮語、しかもごく初歩の言葉も知らないとは、これもビックリですねえ。

このような議論はよくありますね。いわゆる翻訳しか読んだことがない人間は黙っておけ、
外国に行ったことがない人間、外国人とつきあいのない人間が実態を知らずに何言うか。

ギリシャ語を知らない素人がプラトン、ソクラテスについて語るなということですね。

_ 辻本 ― 2013/09/09 20:56

 2・30年前ならいざ知らず、現在の日本の韓国・朝鮮研究者で、朝鮮語の出来ない人はいないんじゃないですか。逆に言うと、朝鮮語のできない人が韓国・朝鮮を論じている論考や本は、少なくともここ十数年のものは、私は信用していません。

 朝鮮語のできない有名な専門家としては、佐藤勝巳さんがいますねえ。しかし彼の周囲には、朝鮮語が達者で優秀なスタッフがいました。昔は朝鮮語の出来る人がごく少数の時代でしたから、本人は語学が出来なくても、それなりの優れた論考を書くことができました。

 今は韓流ブームですから、朝鮮語の出来る人はゴマンといます。朝鮮語の達者な中高年女性がどれほど多いことか。こういう状況の中で、韓国・朝鮮を論じる人が朝鮮語が出来ないとあっては、それだけで信用力が落ちます。

_ 辻本 ― 2013/09/09 21:30

〉一事が万事、ですよ。韓国人がいい加減というのは知っておくべき事と思っています。

 日本の場合の端数切りは、契約金額によりますが100円以下か1000円以下ですねえ。今回河太郎さんが提起した韓国の端数切りは10ウォン以下で、日本円にすると1円以下です。
 これで「韓国人はいい加減」だと言い切るのにはビックリですねえ。

_ 河太郎 ― 2013/09/10 08:03

>こういう状況の中で、韓国・朝鮮を論じる人が朝鮮語が出来ないとあっては、それだけで信用力が落ちます

どうも強弁が過ぎますね。
前の投稿の繰り返しになりますが、原語原文が読めない人間の外国論はくだらないというのは翻訳文化の否定であり、とても支持されないでしょう。原語原文の読解はその個人の外国語能力と関係します。優れた翻訳者の翻訳の方が優れている場合もあるでしょう。

キムワンソブは日本語がまったく出来ませんし、日本にも来たことがない状態で『親日派のための弁明』を書きました。彼が読んだのは英語の文献と朝鮮語の文献だけでしょう。
それで日本人にも書けない日本朝鮮統治の分析をしました。

_ 河太郎 ― 2013/09/10 09:12

>これで「韓国人はいい加減」だと言い切るのにはビックリですねえ

通貨に関する韓国のこの件は、いい加減と断言しても構わないと思いますよ。
切り捨てる桁なら初めからその部分は00ですればと思うのが日本人ですが。

前も書いたように韓国国内で納まるならどうでもいいことですが、日本にも影響することであれば、日本人は韓国人のいい加減さを知っておくのは必要です。

つまり韓国人の主張には根拠がないことが多い、つまり結論が納得できれば根拠はいい加減でもいいのです。韓国人の結論ありきの論法とも関係してくるのですけど。

韓国は古地図の于山島が独島と主張しています。そして八道総図を独島博物館の屋外の石のレリーフに刻んでいます。それでは八道総図どおりに于山島は鬱陵島の西に描かれています。
ところが博物館内に掲げられている八道総図を再現したパネルでは、于山島は鬱陵島の東に描かれています。
つまり実際の独島の位置と合わせてあります。これは下條正男さんが著書で其の写真を紹介していましたが、ネットでその鮮明な写真版がアップされていました。

韓国では独島は聖地のような扱いを受けているのに、その博物館の目玉とも言える八道総図がこれですから、日本人から、いい加減さの象徴だ、と揶揄されるのです。

また松木國俊さんは別の事例もあげていました。クリーニングに出したところボタンがひとつ違うのがついていた。そのことを言うと店員は、申し訳ないがボタンがとれたのでもっといいのをつけた、と返事したそうです。

_ 辻本 ― 2013/09/10 20:56

〉通貨に関する韓国のこの件は、いい加減と断言しても構わないと思いますよ。 切り捨てる桁なら初めからその部分は00ですればと思うのが日本人ですが。

 カードで払えば切り捨てられませんよ。現金で払う場合、10ウォン以下の通貨がないのですから、おつりの出しようがありません。従って切り捨てになるだけです。要するに商習慣の違いにしか過ぎないことです。
 「いい加減」というものではありません。

_ 辻本 ― 2013/09/10 22:09

>どうも強弁が過ぎますね。 前の投稿の繰り返しになりますが、原語原文が読めない人間の外国論はくだらないというのは翻訳文化の否定であり、とても支持されないでしょう。原語原文の読解はその個人の外国語能力と関係します。優れた翻訳者の翻訳の方が優れている場合もあるでしょう。

 韓国語を読めずして、韓国・朝鮮に関する論文をどうやって検証できるのですかねえ。論文に書いていることが正しいのかどうかは、根拠となった資料の原典をあたるしかないです。原典が韓国語であるなら、韓国語が読めなければなりません。原典が日本語であるなら、日本語が読めなければなりません。

 これは研究者としては初歩のことです。

_ 河太郎 ― 2013/09/11 07:40

>韓国語を読めずして、韓国・朝鮮に関する論文をどうやって検証できるのですかねえ。論文に書いていることが正しいのかどうかは、根拠となった資料の原典をあたるしかないです。

繰り返しになりますが、辻本さんの論は翻訳と翻訳文化の否定ですよ。勿論、翻訳では不可能な事、翻訳の質もあることは前提です。

韓国に関しては、書物だけではなく、韓国の新聞の日本語版や日本の新聞、そして最近は韓国に関する画像映像がテレビやインターネットで見られます。それらを合わせてみれば
真偽が分かることも多いでしょう。勿論マスコミとネットのバイアスは念頭に置いてですが。

言うまでもなく、原文にもあたった方がいいに決まっています。素人はそこまで出来ないのは当たり前の話です。翻訳だけで外国を論ずる危険性もありますが、翻訳だけで議論するのは無価値と断ずるのも間違いでしょう。

>これは研究者としては初歩のことです。

これも当たり前のことです。私は研究者ではなく単なる素人です。だからと言って私の韓国認識が無価値とも間違いとも思っていません。勿論、証拠を示して誤りだと指摘されたら訂正するのは何の躊躇もありません。素人ですから、研究者のメンツとかは気にする必要もありませんので。

_ Bela Vista ― 2013/09/13 01:03

辻本さんの態度は傲慢です。自分は専門家なのだから素人は黙れと言っているのと同じです。

世界中の言葉がわかる人など何処にもいません。朝鮮語がわからなくても他の外国語がよくわかる人もいます。朝鮮語を学んだことがない人が朝鮮のこと言えないのであれば、フランス語を学んだことがない人はフランスのことを言えないのですか?タイ語を学んだことのない人はタイのことを言えないのですか?そもそも朝鮮語がわかると言っても人によりレベルの差があります。辻本さんよりずっとできる人が同じようなことを言ったら何と答えるのですか?

漢字が読めない朝鮮人は自国の古い本が読めません。彼らは朝鮮の歴史について語ってはいけないのですか?朝鮮語ができない在日は朝鮮のことを言ってはいけないのですか?

_ 辻本 ― 2013/09/15 05:33

 専門家であろうが素人であろうが、根拠となる資料・原典を検証すべきである、ということです。外国を論じるなら、その国の言葉を知らなければ検証は難しいでしょう。朝鮮史を論じるなら、漢字は必須です。漢字の読めない朝鮮人が朝鮮史の論文を書いても、史料原典が読めていないのですから、論文に値しません。

 検証しないで論じるものは、当然のことながら信用力が落ちるということです。 外国を論じる時、その国の言葉を知らない、知ろうともしない人の書いた論考は、果たして大丈夫か?と疑問を抱きます。

 単にその場限りの感想を述べるだけでなく、さらに一歩踏み込んで検証せよ、ということです。外国を論じるなら、その国の言葉を勉強して、その国の実際の文献に当たれ、ということです。

 この努力をしようとしない人には、どうぞご勝手に、としか言いようがありません。

 こんなことを書いて、私自身が果たしてどうなのかと問われると、努力はしているが、道遠く、未熟であると答えざるを得ません。検証は時間と手間が非常にかかります。拙稿でも検証していないものが多いです。これについては、皆様のご指摘、ご批判をお願いするところです。

_ 日本国公民 ― 2013/10/03 03:20

日本と韓国の法意識が違うとなると、両国が様々な分野で協力関係を結ぶのは、難しくなりますね。特に安全保障の分野では、ほぼ絶望的でしょう。今後、韓国が近代的な法意識を持つ方向に行くのか?不可能ではないでしょうが、かなり難しいでしょう。国同士の付き合いでは、国交断絶という選択肢を顕示しつつ、なるべく距離を置いてつき合うのがベターなんでしょう。

_ 夏希 ― 2014/02/07 13:19

昨日の毎日新聞の当該記事を読んで、非常に不快に思った者です。
やはり韓国寄りの記事ではないでしょうか・・・。
日本では「守る」ことを重視し、韓国では「正当性」を重視する。日本では悪法であっても守ることを重視するが、韓国では悪法であれば戦う、つまり日韓基本条約は悪法であるが日本人は「約束だから」守れと言い、韓国人は「悪法だから戦う」と言ってる。そういう趣旨の記事です。
毎日新聞は「日韓基本条約があるから、韓国不利である」と知っているので、論点を変えようとしているように感じました。法の「正当性」を重視するのは、もちろん日本でも当然で、日韓基本条約は内容もおかしなところはなく、強制して締結したものでもない。単に当時の韓国政府が、預かったお金を国力の建て直しを優先して、補償に回さなかっただけです。
日本に落ち度はないのに、韓国が補償問題を持ち出すのは、「正当性に欠けるから戦っているんだ。韓国人の法意識が違うからだ」とは論点がずれていませんか?
ちなみに、今日のシリーズ2回目の内容も酷いものでした。あまり政治に興味はありませんが、抗議したいくらいです。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/09/01/6967936/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。