漢字を廃止した韓国で「知的荒廃」?-呉善花(4)2014/01/19

韓国語の語彙は、日本語以上に漢字語の影響が強く、一般の文書で使われている語彙の約70%が漢字語で、公文書となると90%以上が漢字語だといわれる。(呉善花『漢字廃止で韓国は何が起きたか』PHP 2008年10月 25頁)

 70%、90%という数字が出てきますが、果たしてこの数字は裏付けがあるのかどうかです。朝鮮語研究者の前田真彦さんは、韓国のニュースと韓国ドラマ「冬のソナタ」に出てくる語彙を調査し比較しています。

ニュースで使用される名詞のうち、3分の2程度が漢字語です。それに対して「冬のソナタ」は逆に3分の2程度が固有語です。‥‥ニュースの動詞の50%近くが漢字語で、「冬のソナタ」の動詞はほとんどが固有語だということがわかる(『韓国語 上級への道』白帝社 2009年3月 13頁)

 漢字語はほとんどが名詞に使われます。動詞・形容詞にも漢字語がありますが、これは名詞を動詞化・形容詞化したもの(例えば운동하다=運動する)ですから、元は名詞です。他には副詞に若干の漢字語があります。前田さんによると名詞のうち67%が漢字語ですから、呉さんの「70%」は間違いありません。しかしドラマで使われる言葉はほとんど日常語ですから、ここでは逆に漢字語でない固有語が67%、つまり漢字語は33%しか使われていません。

 これは日本語でも割合は違うと思いますが、傾向は同じです。日本語も韓国語も新聞や論文等で使われる言葉には漢字語が多く、日常会話では漢字言葉は少ないものです。従って通俗的な文章には、漢字語は少なくなります。

 日本でも韓国でも、検証や論理立てるような文章には漢字語が多くなります。その表現の仕方が一方では漢字をそのまま残し、他方ではハングルに置き換えたということです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/01/19/7197589/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。