私がコメントしない訳2014/03/06

1、 以前は議論が大事だろうと思って、本ブログで投稿いただいたコメントに対して、こちらもコメントしてきましたが、このようなことすることが無駄だと悟り、昨年10月よりこちらからコメントをしないこととしました。

2、 コメントの投稿の全てではありませんが、レイシズムや不勉強のもの、およびこのブログを利用しての自己宣伝のようなものが多く、議論が生産的でないからです。

3、 あるコメント投稿者は韓国・朝鮮に対して批判的な文章ばかりを見つけようとする傾向があります。 いわゆる嫌韓・反韓です。 

4、 私は韓国・朝鮮をトータルに理解せねばならないと考えています。 以前はその妨げになっていた左翼・革新系の人たちの主張を批判してきましたが、今は逆の嫌韓・反韓の動きが大きく、これが韓国・朝鮮をトータルに理解するのに大きな妨害者となって現れています。 その弊害は左翼・革新系よりはるかに悪質と言わざるを得ないほどのものです。 嫌韓・厭韓投稿者を「レイシスト」「レイシズム」と呼ぶ所以です。

5、 嫌韓・厭韓コメントを投稿する人は、ほとんどすべてが具体的な体験を持たず、また研究や研鑽をすることもなく、インターネット上で得た知識や嫌韓雑誌・嫌韓本の記事だけに安易に拠っています。 こういった知識を得たならば、それが正しいのかどうか、その根拠は何かについて、図書館へ行くなりして資料や論文を探して読んで検証しなければいけないものを、そんな努力を全くしようとしない人たちばかりです。

6、 例えば特別永住資格を問題にするのなら、126-2-6、4-1-16-2、4-1-16-3が何の数字かを当然知っていなければなりませんが、全く知らないし、知ろうともしません。 あるいは特別永住と協定永住についてインターネットで間違いの解説がされているのですが、それをそのまま信じている人もいます。 これで「特別永住反対!」を叫んでいるのですから、呆れるしかありません。 昔、安保条約の条文を全く読まないで「安保反対」を叫んだ左翼・革新系のレベルと変わりません。

7、 また韓国での取引で10ウォン以下単位の差額支払いを「ケンチャナヨ(結構です)」として断わられたことでもって 「韓国人はいい加減」の根拠として、まるで鬼の首を取ったかのごとく特書大筆する人もいます。 しかし韓国は20年以上前から10ウォン以下の硬貨は通用していません。 だから現金取引で10ウォン以下のやり取りは、例え銀行でも物理的に不可能なのですが、それを知らずに 「だから韓国はいい加減なのだ!」という主張を声高く言うような人にはうんざりします。レイシストだからそうなんだと納得せざるを得ませんでした。

8、 レイシストでも在特会とかに関係する人、あるいはその傾向の人のコメント投稿が多いです。 在特会は街頭で「死ね」「殺せ」「ゴキブリ」などと叫ぶ集団です。子供がこんなことをしたら、周囲の大人たちが ‘そんなバカなことをするな’ と、たしなめねばならないものですが、子供ではなく、いい年をした大人がやっています。

9、 彼らはこれまでどんな教育や躾を受けてきたのでしょうか。 そして彼らはこの醜悪な言動を確信犯的にやっていますので、単に叫ぶだけでなく実践に移す可能性が十分にあります。つまり在特会は犯罪者集団化への道を歩んでいるレイシスト集団と判断できます。 このような集団とは、これに同調・同情する人も含めて、一切関わるべきではありません。  公安当局が介入して、彼らが行動に移すことを事前に阻止することを祈るのみです。

10、 レイシストたちは大言壮語=法螺が多いです。「韓国にものを言わせてやる」なんて言っても、韓国語ができないでどうして「ものを言わせる」ことができるのでしょうか。ただ日本国内で日本人相手に日本語で吼えているだけです。

11、 レイシストですから自分たちのことは棚上げにして他民族への悪罵ばかりが出てきます。自分の本名を明かさずに匿名ばかり使いながら、他に対して「通名禁止!本名を名乗れ!」と迫るのは頭の構造がどうなっているのか疑わざるを得ません。これもやはりレイシストだからと納得しました。

12、 不勉強な人の投稿が多いのにも困ったものです。以前でしたら、それは間違いですよ、と指摘したり議論したりしてきたのですが、これもバカバカしくなりました。

13、 私とコメント投稿者との間は、教師と学生という関係でもなく、またお金を頂くお客様という関係でもなく‥‥そんな人の投稿をこちらが無理に読む義理はないと悟りました。こちらに役に立つものだけを読むようにします。

14、 以上により投稿されたコメントは、悪質なものや役に立たないものは公開しないようにするとともに、これからも私からコメントして議論することを控えることにします。私の意見は本文記事で出すようにします。

コメント

_ 健介 ― 2014/03/06 21:09

ご丁寧な、意見表明ありがとうございます。
一つ大きな間違いがあると思います。
ブログは誰が見るかわからない。あらゆる人が見ます。泥棒から詐欺師から、正直な人から、嘘つきから、知識ある人から、無い人から、それらの人はそれぞれの能力と興味でブログを読むでしょう。
 この力は大きなものがあり、その目を通過しないと、私はいろいろな意味で、ブログの力はなくなると思う。
 物事をよく知る学者ほどテレビには出ない。その不特定多数の目を通過することを話さなければならないからです。その怖さを知っているからです。
 卑近な例をあげれば、私が住む町について誰かが書いたとします。書いた人が町に住む人で無いとすると、その書くことの一部分に間違いがあると、その落差を見て評価ができる。
 所が違う町についてかかれたもので、その中に一部分間違いがあったとしよう。違う町についての私の知識は十分では無いが、それが間違いだということだけ分かると、そのほかにかかれたことはなんとなく、正しいことが書かれていても、信用することはない。これが人間の持つ生理です。
 私は辻元氏のブログは最初は一種の工作員のそれだと見ていましたし今もその疑いはもっています。
 なぜかというと立ち居地が推定できないからです。
ずいぶん前にも、一種の質問をしたとき、それには答えてもらえなかった。同じ質問の妥当性をを知り合いなどに聞くと、何故答えないのだろうという答えがかえってきた。
 今回のナンバーを付与した文章読むと、一種の中華意識が見える。
 特に12,13は矛盾している。
それとレイシストという言葉は簡単に使うものではないと思う。
 
韓国人も馬鹿では無いから、多くの日本の援助で韓国が発展してきたことは社会に出て働き始めれば、いやおう無しに理解する。それらを知っておそらく、植民地支配だ差別だと従軍慰安婦だ、被害者だといっていると私は見ている。その上、さらに日本は馬鹿な奴等だとも見ていると思っている。
 そのほかいろいろ考えると、わが国は南北朝鮮については付き合えないから、鎖国をしたほうがいいという意見です。
しかも具体的にその行動をすることで、それこそ独立国がすることでしょう。

 嫌韓は結果であって、元ではない。
 タダ日本の社会には戦前からアンビバレンツな朝鮮への感情が国内の内在していたことは事実でしょう。

 辻元氏にお尋ねするが終戦後の当時の朝鮮人の行動について何かご存知か?

 父親は<本当に朝鮮人はひどいことをしていた>とつぶやくように言いましたけれども、それも私が大人になってからです。
 嫌韓は結果であって、元ではない。ここを大きくまちがえておられるが、それを辻元氏の立ち居地によって、見えなくなっていると私は思う。
 倫理的であることと事実について話すことは、関係ないことです。
 在特会はその昔はなく、いまあって支持を集めている事実については考える必要がある。
 それと7ですが、逆の判断もできます。子供がしたら、大人がたしなめなければならないこと、大の大人がし始めたには訳があるのではと。
 それならそのわけを考える必要がある。

_ パタソン ― 2014/03/07 12:36

11番について度々言われていると思いますが、実社会で本名で生活している人々が、外国籍者の日本人風の偽名禁止を求めることに何の問題があるんでしょうか? ネット上でハンドルネームを使いながら、相手には本名を要求しているのとは訳が違うと思うのです。 レイシストだからと納得されるのは結構ですけど、随分と安易に、気軽に単語を使われてるなと以前から思っています。

_ 健介 ― 2014/03/07 15:16

 永住資格は資格で、その資格を親が持っていても子はそれを」受け継ぐことはできない。資格とはそのようなもので個人に付与される。所が在日朝鮮人は子供ならそれが自動的に受けられる。
 これは近代社会の原則に反すると思うが上記の理解は間違いか?
おそらくそれは日韓条約があるというが、それなら、それは我国の外交当局が愚かに過ぎない。
 いずれにしても日本は一民族一国家が国是でそれに反する行為は認められないというのがわたしの立場です。
いろいろ調べると在日朝鮮人問題は民族問題でもなんでもない。もともと日本本土には彼等はまったくいなかったから。明治以降でそれも併合政策を採った以降に過ぎない、朝鮮人が日本本土に住みはじめたのは。
 歴史上朝鮮人が民族として日本に住んだことは無い。それを言い出したのは戦後で、しかも特殊な状況で言い出したに過ぎない。当時は在日本朝鮮人居留民といっていた、いつから在日と変えたか調べられるといいでしょう。ご存知でしょうけれども。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/06/7238847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。