韓中共同声明―北の核をめぐるすれ違い2014/07/04

 中国の習近平首席が韓国を訪問して、朴大統領と会談し、そして両首脳は共同声明を発表しました。 中身は大体が予想されたものですが、北朝鮮の核問題に関しては両国のすれ違いを感じさせるものでした。 共同声明において核問題は次のように言明されています。正確を期すために、原文と直訳を掲示します。

6、両者は韓半島での核兵器開発に確固として反対するという立場を再確認し、韓半島非核化の実現と韓半島の平和と安定維持が6者会談参加国の共同利益に符合し、関連する当事国の対話と協商を通して、このような重大な課題を解決せねばならないということで認識を同じくした。           6. 양측은 한반도에서의 핵무기 개발에 확고히 반대한다는 입장을 재확인하고, 한반도 비핵화 실현과 한반도의 평화와 안정 유지가 6자회담 참가국들의 공동의 이익에 부합되며, 관련 당사국들이 대화와 협상을 통하여 이러한 중대한 과제를 해결해야 한다는 데 인식을 같이 하였다.

 核問題について触れたこの部分について、韓国のマスコミは次のように解説しています。

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と中国の習近平国家主席は3日、ソウルの青瓦台(大統領府)で首脳会談を行い、朝鮮半島での核兵器開発に反対する立場を盛り込んだ共同声明を採択した。  声明は「朝鮮半島の非核化実現や平和と安定維持は6カ国協議参加国の利益に合致する」と強調した。   両国首脳の共同声明で事実上、北朝鮮の核について「強く反対」するとの立場が盛り込まれるのは初めて。昨年6月、両氏が採択した韓中未来ビジョン共同声明で示した「深刻な脅威」から警告水準を一段階高めた。

 このように聨合ニュースは、「北朝鮮の核について『強く反対』するとの立場が盛り込まれるのは初めて。 ‥‥警告水準を一段階高めた」 とかなりの評価をしました。 これは韓国側からの理解です。 しかし中国側からの理解はかなり違っています。 同じく聨合ニュースは次のように報道しました。

首脳会談後の記者会見で朴大統領は、「両首脳は北の非核化を必ず実現し、核実験に決然と反対することで志を同じくした」と述べた。習主席は「朝鮮半島の非核化実現と、平和・安定が6カ国協議参加国の共同利益に符合する。参加国は対話と交渉を通じてこの課題を解決しなければならない」と強調した。

 つまり共同声明における 「韓半島における核開発を確固として反対する」「韓半島の非核化」 という部分は、韓国側は北朝鮮の核問題であるとするのに対し、中国側は北朝鮮だけでなく韓国を含めた朝鮮半島全体の問題だとしており、食い違っているのです。

 これは何も今回だけに限ったことではなく、1992年の韓中国交樹立以降、変わらず継続してきたものです。 1994年に韓国の金泳三大統領と中国の江沢民主席が首脳会談を行ない、「朝鮮半島の非核化実現と平和と安定の維持が緊要だと、両国が共同の立場を取ることを確認した」 と発表されました。 この時も韓国側は韓昇州外相が 「現在、韓中が北朝鮮問題に対して共有している認識は‥‥」と説明したように、北朝鮮に限定しています。 従って韓国は中国が北朝鮮に核開発中止を要求し圧力をかけてくれるものと期待することになるのですが、中国はそのような行動をとりませんでした。

 北朝鮮の核開発が明らかになり始め、1993年には核兵器登載可能な準中距離弾道ミサイルの発射実験を行なうなど、北の核問題は深刻化していた時です。 国連では北朝鮮制裁が議論されたのですが、中国の銭其深外交部長は「現在対北制裁へ突っ走っている国際社会の雰囲気は大変性急なものである。 ‥‥わが国ができる役割には限界がある」として、北朝鮮への制裁に反対し、また自ら何のアクションもしないと言明したのでした。

 つまり中国にとって「朝鮮半島の非核化」というのは北朝鮮の核問題とイコールではないということです。そしてこれが韓中国交樹立から今までの20年以上にわたる一貫した態度だということです。 だったら中国はどういう意味で「朝鮮半島の非核化」を言っているのでしょうか。

 それは韓国の核問題、つまり韓国がアメリカの核の傘の下にあることも問題にすべきだと言っているのです。 つまり中国は北の核兵器だけでなく、韓国がアメリカと軍事同盟関係にあること、この二つを「朝鮮半島の非核化問題」としているのです。 中国の狙いは北の核兵器と韓米軍事同盟の同時解消なのです。

 ここで今回の韓中共同声明における「韓半島での核兵器開発に確固として反対する」と、これまでよりも強い表現を使ったことに戻ります。 朝鮮半島で核開発しているのは北朝鮮だけですから、これは北朝鮮への「警告」と思えるし、韓国のマスコミはそのように解説しています。

 しかし中国にとっては、開発が済んで現在所有している核兵器は問題にしない、というように読むことが出来ます。 つまり北朝鮮を核兵器所有国家として認めるが、これ以上の核開発は絶対に認めない、ということです。 中国は、北朝鮮の現在の核兵器と韓米軍事同盟を等価と考えていると見て間違いないでしょう。 

 韓国と中国は言葉のうえでは「朝鮮半島の非核化で認識が一致している」といっても、中身は違うものです。中国側はそれを分かっているのですが、韓国側は中国も北の核に反対してくれていると勝手読みしているのではないかと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/07/04/7379560/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。