嫌韓は「日本の韓国化」である―小倉紀蔵2014/12/23

 小倉紀蔵・小針進編『日韓関係の争点』(藤原書店 2014年11月)を購読。 筆者は、編者以外では小倉和夫(元駐韓大使)、小此木政夫(慶応大名誉教授)、金子秀敏(毎日新聞元論説委員)、黒田勝弘(産経新聞元ソウル支局長)、若宮啓文(朝日新聞元主筆)と錚々たるメンバーです。 内容はレベルの高いもので、成程と納得したり、よく勉強しているなあと感心したりする部分が多かったです。 ちょっと違うんじゃないかと思える部分も当然あるにはありましたが、全体的によく出来た本だと思います。

 このなかで、これは鋭い分析だと思ったところを紹介します。 小倉紀蔵さんは冒頭で、日韓に関する言説は「嫌韓」と「左」の枠組みにきれいに分かれているとして、次のように論じています。

たとえば「韓国は伝統的に中国の属国であった。だから韓国人は独立心に乏しく模倣と権謀術数のみに長けている」という「枠組み」にのっとって韓国を叙述しようとするなら、それなりの「韓国論」をいとも簡単に書くことができるだろう。この「枠組み」に都合のよい事実のみを拾い上げてきて羅列し、都合のよくない事実は排除すればいいのである。材料は日本語による二次資料だけを使えばよいので、おそらく高校生でもいっぱしの「嫌韓本」を書くことができる (1頁)

 「材料は日本語による二次資料だけを使えばよい」というのは、嫌韓派は韓国語ができないことを遠回しに皮肉るものですね。

これは嫌韓とは反対の陣営である左派の世界認識と、さして異なるものではない。むしろ左派とは相似形をないし対称的な関係にある。戦後の長いあいだ、左派は強力なヘゲモニーを日本社会で握りながら、心地よい「左派の枠組み」のなかで朝鮮半島を認識してきたのである。 嫌韓派はこれに叛旗を翻した。この抵抗運動は高く評価できるであろう。しかし結果として嫌韓派がつくりあげたものは、左派とまったく同型の閉鎖的な「枠組み」でった。(2頁)

さらにいうなら、このような「枠組み」づくりを国家レベルで営々とやってきたのが韓国および北朝鮮である。韓国・北朝鮮の日本認識は、ほぼ完全に「枠組み」のなかに閉ざされている。その「枠組み」のなかで道徳志向的感情の共同体を強力に形成し、永遠に続くかと思われるような同語反復の回路のなかで快く自足している。‥そこには「イデオロギー」はあるが「思考」は存在しない。‥「枠組み」とは「思考停止装置」なのである。(2頁)

日本における嫌韓派の運動に対する正確な解釈は、「日本の韓国化」である。‥‥日本の「右」は日本社会を「韓国化」しようとしている。そして「日本の韓国化」とは、「日本の思考停止化」と同義なのである。(3頁)

 小倉さんは日本の嫌韓派について、左派と同型の「閉鎖的枠組み」を有し、韓国と同様の「思考停止の枠組み」にはまって「韓国化」していると分析しています。 これはなかなか鋭いというか、うまく表現したものだと感心しました。

 嫌であれば無視すればいいだけです。 しかし嫌いで相手の悪口ばかり言っていると、相手方の醜い姿を想定して自分の心に常に留めることになります。 だから今度は自分の姿が相手方に似て醜くなるということですね。

コメント

_ (未記入) ― 2014/12/23 06:24

ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%8C%E9%9F%93#.E5.AB.8C.E9.9F.93.E7.94.A8.E8.AA.9E)より
韓国面に堕(落)ちる
自分自身が嫌っているはずの韓国と同じような言動をしてしまうこと。『スター・ウォーズ・シリーズ』の「暗黒面に堕ちる」から派生。

_ ryochu ― 2014/12/23 13:49

太極旗を踏みつける嫌韓派のデモ映像を見たことがあります。嫌韓派の言ったりやったりしていることと韓国の反日はだんだんそっくりになってきているんじゃないでしょうか?
「対立物の相互浸透」(^^;)ととでもいうのか、馬鹿を本気で相手にしているうちにテメェも馬鹿になっている、っていうような感じがします。
相手にするのも、ほどほどってことだと思うんですよね。

_ mahlergstav ― 2014/12/25 11:13

日本の韓国化!馬鹿馬鹿しいかぎりです。ヘイトデモなんて、いつでもどこでも、誰にでもあることです。最近は、ネット等で拡散されるので、目立つにすぎない。

嫌韓は、1965年の日韓基本条約以前の方が酷かった。当時は、李ラインや密航者問題で、政府を挙げて嫌韓運動をやっていた。NHKの7時のニュースでは、摘発された密航者数、韓国による漁船拿捕数を、毎日報道していた。今の天気予報のようです。

今は、政府は局外中立です。

これまでの経緯を見ると、韓国が過激な政府ぐるみの反日運動をやり、これに日本が業を煮やすというパターンです。今は、韓国が政府ぐるみで「正しい歴史認識」といった妄言を吐くから、ヘイトデモが起こらない方が不思議です。韓国化なんて関係ない話です。

日本の韓国化があるとすれば、セウォル号事故と同じような事故が頻繁におこり、ナッツ姫のような横暴な振る舞いが国際的に知れ渡るときです。

朝日新聞の吉田調書捏造など、そういう雰囲気を醸し出そうという動きもあるようですが、東電福島第一事故などは、韓国なら美談になるでしょう。全く次元の違う話です。

それから、韓国の義死制度。こんな非人道的な制度はない。義にかなった死、義にかなわない死、こんなものは有り得ない。

人の生き死には、状況いかんに関わらず、平等です。日本でも義死が取り上げられうようになったら、本当に韓国化です。

_ (未記入) ― 2014/12/25 17:58

>ヘイトデモなんて、いつでもどこでも、誰にでもあることです

 天下の大通りで、特定民族に対して「殺せ!」「死ね!」と叫ぶデモは、これまでなかったこと。おそらく日本史上初めてのことでは。
 この人も「殺せ!」「死ね!」と叫び回っているのだろう。 在特会のデモは写真に撮られて世界中に配信されてるから、この人の姿もあるかもしれない。

>今は、韓国が政府ぐるみで「正しい歴史認識」といった妄言を吐くから、ヘイトデモが起こらない方が不思議です。

 この人、韓国の低レベルに自分を合わせてるんだろう。
 ブログ記事に「今度は自分の姿が相手方に似て醜くなるということですね。 」とあるが、これはその典型例だ。

_ (未記入) ― 2014/12/26 07:58

>韓国の低レベルに自分を合わせてるんだろう

 自分が低レベルだから韓国に合っている、といった方が正確でしょう。

_ (未記入) ― 2014/12/27 09:08

>天下の大通りで、特定民族に対して「殺せ!」「死ね!」と叫ぶデモは、これまでなかったこと。おそらく日本史上初めてのことでは。

それは、あなたが知らないだけ。小規模なものを含めれば、日常茶飯事。全く無い方が異常。

>自分が低レベルだから韓国に合っている、といった方が正確でしょう。

これも韓国を相当貶める発言ですね。

_ ぱるな ― 2014/12/27 11:20

自分も「嫌韓派」だとは思いますが、何も論点がないときに自分から「嫌いだ嫌いだ」ということはありません。
向こうが恫喝をしてくる話題に触れた時に、腹が立って反論するだけです。それも、ヤフコメとかで書くだけなので先方には全く伝わってません。
そんなわたしも左派の相似形で閉鎖的なんでしょうか。

好意的に接してくる人には優しくなり、攻撃的な人には攻撃的になる。前に流行った金子みすずさんの「鏡でしょうか?いいえ誰でも」ってことだと思います

_ (未記入) ― 2014/12/27 14:55

>小規模なものを含めれば、日常茶飯事。全く無い方が異常。

 「殺せ!」「死ね!」と叫ぶデモが日常茶飯事とは。
 教育環境のよくないところに住んでいるんだね。
 それとも、やはり自分で「殺せ!」「死ね!」と大声で叫んでいるのだろうね。

_ 河辺健一 ― 2014/12/28 01:57

うーん、これ本当にうまいこと言ってるんでしょうか?
あくまでも辻本さんが引用した部分を見る限りですが、小倉氏の言わんとすることはわからないでもないにせよ、それを「日本の韓国化」と中途半端なアイロニーで表現するメリットがあるんですか?
単に日本の嫌韓も韓国の反日も(日本の左派の従来の韓国観も)思考停止状態だ、ということだと思うんですが…。
そもそも日韓に関する言説は、嫌韓と左にきれいに分かれてるんですか?
少なくとも僕は、そのハザマで語りたいと思ってます。
何より辻本さんもそう見えるんですが…。

_ (未記入) ― 2014/12/28 08:41

 小倉は嫌韓派を指して「日本の韓国化」と言っている。これはまた「日本の思考停止化」と同義だとする。 彼の文を読む限り、何も日本全体を指していない。

 しかし日本では嫌韓現象が広がっていることが世論調査でも確認されている。 小倉はこれから日本全体が「韓国化」=「思考停止化」していこうとすることを警告するつもりで「日本の韓国化」という言葉を使ったように思える。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/12/23/7522145/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。