金時鐘さんの法的身分(続々)2015/08/26

 金時鐘さんの法的身分について、先に疑問を呈しました。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/08/13/7732281

 これについて、小熊英二・姜尚中編『在日一世の記憶』(集英社新書 2008年10月)に次のような聞き書きが記録されているのを見つけました。

せめて一年に一回は(親の)お墓の草刈りをしようと思う気になってね。 朝鮮籍だと墓参も五回が限度というから、2004年に韓国籍を取った。 韓国籍も本名では作れなかった。 領事館に尽力いただいて、一代きりの本籍を取得した。 済州島には恨みもあるけれど、懐かしさもある、だから済州島に本籍をおいた。そのときの心情は声明文にして、まわりの方に送ったよ。(570~571頁)

 ここでも韓国での戸籍が本名の「金時鐘」とは違う名前(「林大造」のこと)で作成されたとしています。 しかもその戸籍が「一代」限りのものであるとしています。

 ここが全く理解できないところです。 「林大造」は金さんが日本に密入国した際に入手した偽の外国人登録の名前のようです。 従って「林大造」は金さんにとっては他人の名前であって、偽名に相当します。 ところがこの名前で韓国の戸籍が出来たということが、なぜ可能だったのか? 

 法治主義の観点からすると、他人の名前・偽名で戸籍が作られることはあり得ません。 しかし韓国の当局(領事館や戸籍担当官署等)がそれを承知の上で戸籍作成したとしているのですから金さんの不法行為ではありません。 当局側が法治主義を曲げた例外的措置ということになるのですから、かなりの特殊事情があったと思われます。 しかしその事情が全く明かされていません。

 「一代限り」の戸籍というのも理解できないところです。 韓国の戸籍法にはこんな規定が見当たらないからです。 何故こんな戸籍ができたのか、その事情も全く明かされていません。

コメント

_ 健介 ― 2015/08/26 15:24

 基本的には在日の出自は偽りだと見て、まず取り掛かることだといろいろ読んで思う。戦前から来たひとで、戦争で戸籍が紛失したものもあるがそれでなくあるものは多分確かでしょう。
 これが第一の常識です。
戦前、朝鮮から本土へ来るのは難しかった。ある日本人官吏が朝鮮へ赴任して、かえるとき、奥さんの顔が朝鮮顔らしく、いつも調べられたので
、たまりかねて。日本髪を結って、帰ろうとしたが、同じようなことをする朝鮮人がおり、やはり調べられたと回想している記録を読んだことがある。
 韓国籍ないし、朝鮮籍を作るとき、その人々はいやがおうなしに、韓国、朝鮮の手先にならざるを得ない。またそのような工作も当該国はする。当たり前です。何しろ無理に作るんだから。朝鮮戦争でかの国も紛失しているでしょうから。
 戦前からの戸籍がある人は多分、いいでしょうね。詳しくは不明だが。
 どのみち不法入国して居座ろうということに過ぎない。戦前からいる人で正規に入国した人以外は、それに過ぎない。
 簡単なことですよ。したがって彼らの主張は主張内容が問題ではなく、居座ろうとしているそのことが認められればいいだけで議論の相手をすること自体無駄でしょう。そんなことは辻本氏も十分承知ではないか?したがって妙な疑問を提出しても私は意味がないと思うがいかがだろうか。
 調べれば調べるほど、在日には不利になることが出てくる。
終戦後、彼らが別の行動をしていればそれだけに過ぎなかった。支那との戦争の大本が通州事件だったように、戦後の朝鮮人に対する日本人の感情、扱い方の、大本は終戦後の朝鮮人の行動が原因に過ぎない。今でもマスコミはこれを取り上げない、これを取り上げたときわが国の戦後が終わる。さもないと深層心理へと進み、フロイトの世界へとすすむ。現在進んでいる。
 定理は簡単明瞭なように、明瞭にすぎない。
仮に全員、朝鮮へ帰れば、わが国の朝鮮問題はそれで解決することを見れば十分でしょう。彼らが取りあけている問題は、それで解決する。在日の問題は奇妙な問題となるがそれは辻本氏は十分ご理解されていることだと推測する。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/08/26/7750143/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。