由来の不明な韓国の半跏思惟像2016/07/07

 今、東京国立博物館で奈良中宮寺の半跏思惟像と韓国の国宝78号の半跏思惟像が並んで展示され、話題になっています。 この日曜日で見納めですが。

  韓国にはこの国宝78号以外に83号の思惟像があり、こちらの方は京都広隆寺の思惟像とよく似ていることで有名です。

 ところでこの有名な韓国の思惟像について、一体どこのお寺に祀られていたものか、といった基本的な情報が全くないことに気付かれたでしょうか。 これは日韓併合後に、骨董屋から入手されたもので、その骨董屋がどこでどのように手に入れたのか、よく分からないためです。

 韓国では李朝時代に仏教が弾圧され、僧は賤民階級に落とされます。 従ってその時まで大切に祀れていた仏像は、大部分が行方不明になります。 かなりの仏像が日本に流出したり、あるいは破壊から守ろうとしたのか地中に埋められたりしました。

 従って日本ではあり得ない話ですが、韓国では完形の仏像が「出土品」として紹介されるものがあります。 今回の展示にはありませんが、もう一つの国宝83号は「出土品」とされています。

 今回の78号半跏思惟像も、韓国のどこの地方の、どこのお寺にあったものなのかすら不明です。 少なくとも李朝時代の数百年間は、他の仏像と同様に全く祀られず、大切にされていなかったと言っていいものです。

 今回の展示を見に行かれる方は、韓国の仏像受難史に思いを馳せてくれたらいいなあと思います。

 韓国の半跏思惟像については、これまで拙論で三回ほど取り上げたことがあります。 合わせてご閲覧下さい。

金銅弥勒菩薩半跏思惟像   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/10/09/553649

金銅弥勒菩薩半跏思惟像(2)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/12/11/7514362

金銅弥勒菩薩半跏思惟像(3)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/10/29/7874375

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/07/07/8127143/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。