二重国籍は複雑で難しい2016/10/20

 民進党の蓮舫代表の二重国籍問題については、拙論で「大きく問題にするほどのことではない」と論じました。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/09/8176022

 しかし一部では二重国籍を有すること自体が悪いことのように執拗に主張しており、また維新の会が国会議員等の二重国籍禁止法案(別名を蓮舫法案というらしい)を出したそうで、問題が大きくなっているのにビックリします。

 国際交流がこれだけ進んできますと、結婚や認知、養子などの国籍が関係する身分行為がそれだけ多くなるし、また子供が生まれる場所が日本でないことも多くなります。 とすると、日本人でありながら外国籍を有する場合(=二重国籍)がかなりの割合で高くなっています。

 国籍の定めは各国の主権に属するものですから、世界約200ヶ国とすれば200種類の国籍法があります。 しかも国籍法はどの国も不変ではなく、時代によって変化しています。 だからどのような場合に二重国籍になるかは様々なケースが考えられ、各国の国籍法を調べると、へー!こんな時に二重国籍になるのかと感心というかビックリする場合もあります。法律上で考えられるケースで例を二つあげてみます。

① 日本人と韓国人の夫婦がアイルランド航空に乗ってアメリカ上空を飛行中に産気づき、子供を産んだとします。 この子供の国籍はどうなるか。        まず両親が日本人と韓国人ですから、国籍父母両系主義によって日韓の二つの国籍を持ちます。 次にアメリカの領空内で生まれたということはアメリカの主権領土内で出生したことになりますから、国籍生地主義によりアメリカ国籍なります。 さらにアイルランドも生地主義ですが、この国は自国の飛行機や船も領土の延長と考える国で、従ってアイルランド航空機内で出生した子供はアイルランド国籍になります。        以上により、この子供は日本・韓国・アメリカ・アイルランドの四重国籍者です。 これは実際例ではありませんが、法律を読むとこんな場合が想定できます。二重国籍でも手間や扱いが複雑なのに、四重国籍は本当に大変でしょうねえ。

② 次に北朝鮮の国籍法を読んでみます。この国は蓮舫さんの台湾と同様に国家として承認されていませんので、法律上は台湾と同様に扱うべきものです。 台湾籍を「国籍」と見なすなら、北朝鮮籍も「国籍」と見なさねばなりません。         北朝鮮は韓国人を含む全朝鮮人を我が公民としています。 従って在日朝鮮人(韓国籍も含めて)はすべて北朝鮮の国籍を有していることになります。 そして北朝鮮は国籍の除籍(離脱と同じ)は最高人民会議常任員会が決定するとなっています。         今まで日本に帰化した韓国人約35万人でこの手続きをした人はおそらく皆無でしょうから、この人たちについて北朝鮮は、我が国の法律に照らして彼らは我が国の国籍を有していると主張することが可能です。 つまり帰化した韓国人は韓国籍から離脱していても北朝鮮国籍が残っており、日本と北朝鮮の二重国籍者になるわけです。

 上述は私が勝手に特定の国を拾い上げて、法律上二重国籍が想定できる例を作ってみました。 200の国があれば200の違った国籍法がありますから、二重国籍になるケースは膨大な数になります。 国際交流が進めば進むほど二重国籍者は増え、一体この人は二重国籍なのかそれとも単一国籍なのか、あるいは他にも国籍を有する多重国籍ではないか、などと首をひねる場合も多くなります。

 各国の国籍法を読んで、どういう場合に二重国籍になるかを想像するのは頭の体操としていいのかも知れませんねえ。 自分は単一国籍者だと思い込んでいる人でもよく調べてると二重国籍だった、という例がいっぱいあるでしょう。

 蓮舫さんの場合でしたら台湾が国家承認されておらず台湾籍は国籍ではありませんので、法律上は二重国籍ではありません。しかし見方によっては二重国籍にもなります。 要するに蓮舫さんの国籍は変てこりんな状態でした。

 それぐらい国籍法は複雑で難しいということです。 二重国籍禁止法案なんて本当にできるのか、疑問です。

コメント

_ 河太郎 ― 2016/10/20 17:03

>しかし一部では二重国籍を有すること自体が悪いことのように執拗に主張しており、

日本の国籍法第14条では、二重国籍の者は22歳までに国籍選択をしなければならない、との趣旨の義務規定を定めているので、国籍論議として、二重国籍を否定する事は「悪いことのように執拗に主張」することにはならないでしよう。

>また維新の会が国会議員等の二重国籍禁止法案(別名を蓮舫法案というらしい)を出したそうで、問題が大きくなっているのにビックリします。

日本の国会議員の中に、一体どこの国の人間かと疑うような、外国の手先のような議員がいるので、当然の法案でしょう。日本の国会議員ほど国家意識の薄い国会議員も他の国にはいないでしょう。

> 要するに蓮舫さんの国籍は変てこりんな状態でした。

 蓮舫二重国籍問題は、氏の国家観の幼稚さ、ゴマカシ体質、傲慢さによるものですね。
 早い段階で、民主党代表選候補者が二重国籍である事の深刻さに気付いて謝罪し国籍選択をしていればここまでミジメにならなくて済んだでしょう。彼女は平気で次々とウソを重ね過ぎました。

>二重国籍禁止法案なんて本当にできるのか、疑問です。

日本維新の会が出しているのはあくまで国会議員に限った二重国籍禁止法案ですから問題ないでしよう。

民進党の馬渕議員は、二重国籍の国会議員は十数人いる、連合会長は、二重国籍の国会議員はほかにもいる、と明言しました。おそらく自身と関係する民進党の話でしょう。
自民党の小野田議員は自ら公表しきちんと手続きしたことを画像つきで証明しましたが。

一応法律的には国民に二重国籍を禁止しているので、さらに国会議員に禁止するのは、屋上屋に架す、ことなのでオカシイとの議論もあるが、外交官や自衛官には二重国籍禁止なので、国会議員に二重国籍禁止を決めてもおかしくはないでしょう。

_ 辻本 ― 2016/10/20 21:57

>日本の国籍法第14条では、二重国籍の者は22歳までに国籍選択をしなければならない、との趣旨の義務規定を定めているので

 同国籍法第15条では、22歳になっても国籍選択しない者には法務大臣が選択するように催告することになっています。 そして催告されても選択しなかった者は日本国籍を失います。
 つまり国籍選択義務の最終期限は22歳ではなく、この催告がされた時です。 逆に言うと、催告がなされるまでは二重国籍は認められるということになります。

>蓮舫二重国籍問題は、

 繰り返しますが、台湾籍は国籍ではありませんから、蓮舫さんは法理上は17歳に日本国籍を取得してから日本の単一国籍であって、二重国籍ではありません。

>外交官や自衛官には二重国籍禁止なので

 外交官はその通りですが、自衛官は二重国籍でも可能です。

 ところで二重国籍か否か、誰がどうやって判定するのでしょうかねえ。 日本国籍か否かの判定は日本政府の権限でできますが、外国籍を有しているか否かの判定は日本政府ができるものではありません。

_ 辻本 ― 2016/10/20 23:03

>国会議員に限った二重国籍禁止法案ですから問題ないでしよう

 法案の中身を知りませんが、国会議員に二重国籍を禁止したとしましょう。 すると立候補の受付の際に、あなたは二重国籍ですから受付けられません、となるでしょうかねえ。

 しかし日本政府は外国籍を有しているかどうか判定する権限がありませんから、受付が混乱するでしょう。各選管の担当者は、二重国籍か否か、この立候補届を受付けていいのかどうか、困るでしょうねえ。

 立候補届には戸籍が必要で、これを見れば日本国籍かどうかは判明します。しかし外国籍を有しているかどうかは、記載される場合や推定できる場合もありますが、全くその痕跡のない場合もあります。

 例えば、日本人夫婦がアイルランド航空に乗って産気づき、日本の空港到着直前に生まれたとしましょう。 この子はアイルランド国籍も有する二重国籍者になりますが、戸籍には日本人両親のもとで日本国内で出生となるだけで、二重国籍の痕跡はありません。 アイルランド人の親族もいないでしょうから、この子は自分が二重国籍であることを知らないまま成長する可能性が高いでしょう。

 こんな人が立候補する場合も想定すると、世界各国の国籍法の知識のない選管は対応が不可能となります。

_ 河太郎 ― 2016/10/21 00:05

>つまり国籍選択義務の最終期限は22歳ではなく、この催告がされた時です。 逆に言うと、催告がなされるまでは二重国籍は認められるということになります。

私の言いたいのは、日本の法律では二重国籍を禁止の政策を採っているので、それを主張することが「悪いことのように執拗に」と決めつけるのはオカシイということです。国の法律を擁護することが「悪いことのように執拗に」とはならないでしょう。悪法ならまだしも。


>繰り返しますが、台湾籍は国籍ではありませんから、蓮舫さんは法理上は17歳に日本国籍を取得してから日本の単一国籍であって、二重国籍ではありません。

この理屈が蓮舫氏の助けになるとも思いませんがね。蓮舫氏自身が二重国籍だと最終的に認めたのですから。

>外交官はその通りですが、自衛官は二重国籍でも可能です。

これは私の勘違いでした。

>ところで二重国籍か否か、誰がどうやって判定するのでしょうかねえ。 日本国籍か否かの判定は日本政府の権限でできますが、外国籍を有しているか否かの判定は日本政府ができるものではありません。

その通りです。しかし二重国籍禁止の規定をおく意義はあります。この規定をおけば二重国籍に対する関心が確実に高まりますから、二重国籍が露見すれば即解任や処罰の対象となります。二重国籍を隠して入職すればそれだけで悪意と判断されます。その危険を冒すのはスパイしかいないでしょう。国会議員や公務員はその言動や行動から直ぐに疑われるのでその効果は段違いでしょう。

>こんな人が立候補する場合も想定すると、世界各国の国籍法の知識のない選管は対応が不可能となります。

事前には不可能でも、事後的に露見すれば即議員失格ですからそれで充分です。

_ 辻本 ― 2016/10/21 05:46

>日本の法律では二重国籍を禁止の政策を採っているので

 法律上はそうですが、二重国籍者に対して国籍法15条の催告をした例はありません。  つまり日本では政策として15条を発動せず、二重国籍を容認しています。 だから数十万人と推定される二重国籍者が存在します。

>この理屈が蓮舫氏の助けになるとも思いませんがね。蓮舫氏自身が二重国籍だと最終的に認めたのですから

 蓮舫氏を助けるつもりは毛頭ありません。 ただ国籍法に関心を持つ者として、今回の問題に注目しているだけです。
 ところで日本政府は台湾籍を国籍として認めていない(=二重国籍者として認めていない)から、蓮舫の台湾籍離脱の届けの受理を拒否しました。
 行政指導によって国籍選択届を出したということですが、行政指導とは法的義務のない作為を求めることで、これに反しても罰則はありません。蓮舫の個人見解が二重国籍だとしても、国は正式の二重国籍としては認めておらず、法的根拠のない行政指導をしたことになります。 

>二重国籍が露見すれば即解任や処罰の対象となります

 二重国籍か否か曖昧な例が多いですから、どうなんでしょうかねえ。 本人も家族も単一国籍と思い込んでいる例は結構ありますからねえ。 本人が二重国籍者として行動(例えば外国のパスポートを受給するなど)すれば判明しますが、そうでなかったら、なかなか分かるものではありません。

 ブラジルなどは国籍離脱を認めていませんから、ブラジル国内でたまたま出生した日本人は、死ぬまで二重国籍を解消できません。 こういう日本人の存在は許さないということになるのですかねえ。

_ 河太郎 ― 2016/10/21 09:25

>つまり日本では政策として15条を発動せず、二重国籍を容認しています。 だから数十万人と推定される二重国籍者が存在します。

その点はその通りです。条文と運用を使い分けています。私は二重国籍禁止を支持しますが、外国籍離脱が難しい国もあることを考慮して運用を柔軟にするのも知恵と思います。一般人にはこの運用もありですが、国会議員や外交官、自衛官は二重国籍禁止すべしが私の立場です。

 >蓮舫氏を助けるつもりは毛頭ありません。
 
分かりました。

>ただ国籍法に関心を持つ者として、今回の問題に注目しているだけです。

辻本氏の9/9“このことから、今回の「二重国籍疑惑」は、大きく問題にするほどのことではないと思います。”から、辻本氏の立場は蓮舫氏擁護との印象を持った次第です。

>ところで日本政府は台湾籍を国籍として認めていない(=二重国籍者として認めていない)から、蓮舫の台湾籍離脱の届けの受理を拒否しました。

国籍法の実務には無知の身としては政府のこの対応は予想できませんでしたね。対台湾と対中国の微妙な外交の反映でしょう。

>国は正式の二重国籍としては認めておらず、法的根拠のない行政指導をしたことになります。 

蓮舫氏の言い訳、「国籍選択を行政指導された」に彼女の本心が透けて見えます。この期に及んでも自ら進んで日本国籍を取るのではないとの魂胆がミエミエです。台湾籍の者が二重国籍を解消するには国籍選択しかないことを役所の担当者が恐らく事務的に伝えたに過ぎない筈なのに、法務省の圧力を匂わせたのには驚きでしたが、それが蓮舫氏なのだと実感しました。そもそも役所は彼女の二重国籍が続き批判がますます高まっても何ら痛くも痒くもありません。つまり彼女が不利益を受けるだけなのですから。この行政指導発言にはおそらく蓮舫擁護派も苦虫を噛み潰したことでしょう。

>ブラジルなどは国籍離脱を認めていませんから、ブラジル国内でたまたま出生した日本人は、死ぬまで二重国籍を解消できません。 こういう日本人の存在は許さないということになるのですかねえ。

法務省は運用で見逃す人道的措置をとっているのでそれでいいでしょう。国会議員、外交官になれないのは仕方ないでしょうね。

_ 辻本 ― 2016/10/21 17:11

>自衛官は二重国籍禁止すべしが私の立場です

 私は、韓国の兵役制では二重国籍者も容赦なく徴兵していることを知っていますので、自衛官の二重国籍禁止の主張には違和感があります。
 韓国の場合、徴兵逃れで二重国籍を取ろうとする動きを封じています。

>蓮舫氏の言い訳、「国籍選択を行政指導された」に彼女の本心が透けて見えます

 蓮舫が法的根拠ではなく、行政指導によって国籍選択宣言したのはおそらく事実でしょう。 台湾は今は国家として承認されていませんが、将来承認される可能性があります。 その時に発生が予想されるトラブルに備えての行政指導かなあ、と思っています。

>国会議員、外交官になれないのは仕方ないでしょうね。

 本人の意に反して二重国籍を維持せざるを得ない人は、国家議員になれないということですね。

_ 辻本 ― 2016/10/21 20:37

>台湾籍の者が二重国籍を解消するには
>彼女の二重国籍が続き

 何度も言っていますが、今の日本の立場では台湾籍は国籍ではありませんから、台湾との二重国籍はあり得ません。

_ 河太郎 ― 2016/10/21 21:33

>私は、韓国の兵役制では二重国籍者も容赦なく徴兵していることを知っていますので、

韓国は徴兵制、自衛隊は志願制では一寸違うでしょうね。
今の我が国はスパイ防止法すら制定できないほど反日勢力の政党が跋扈していますので、普通の国のように国防意識を醸成する意味でも自衛隊の二重国籍禁止は必要でしょう。
アメリカは軍隊に入ることが市民権獲得に有利になる程ですから国の事情により軍人と国籍は様々ですね。

>蓮舫が法的根拠ではなく、行政指導によって国籍選択宣言したのはおそらく事実でしょう。 

日本での台湾籍放棄は国籍選択の宣言することでのみ可能だと伝えるのがどうして行政指導になるのか不思議です。
役所は、蓮舫氏が国籍選択をしない場合は彼女の国籍選択義務違反の状態が続くだけであり、自らの不作為により不利益を自ら招くに過ぎないのであり、役所は何の痛痒も感じることはありません。
法律違反の状態にあるのでそれを解消する条文の存在を親切にも教えてあげたのに、それをさも役所の圧力があったかのような印象操作をするのは全くケシカラン限りと思いますね。

蓮舫氏には自ら進んで日本国籍取得を完了しようという意思が全く感じられません。

>本人の意に反して二重国籍を維持せざるを得ない人は、国家議員になれないということですね。

全くその通りです。

_ 河太郎 ― 2016/10/21 21:42

 >何度も言っていますが、今の日本の立場では台湾籍は国籍ではありませんから、台湾との二重国籍はあり得ません。

形式的なコトバ遊びですね。中華民国籍=台湾籍の意味です。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/20/8232627/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。