中国の大中華思想2017/01/05

 韓国のハンギョレ新聞(1月5日付け)に、訪中した韓国企業に対して、中国の陣海・外交部アジア局副局長の発言が載っています。

韓国外交部関係者は4日「陣副局長が昨年末、サムスン、ロッテなど大手企業の副会長などと面談し『THAAD配備の際には断交(外交関係断絶)に匹敵する処置を覚悟しなければならないだろう』と話した」と伝えた。 昨年7月、朴槿恵(パク・クネ)政権がTHAADの配備方針を発表してから、中国政府側が「断交」にまで言及したことははじめてだという。 外交部の別の関係者によると「陳副局長は、過去にも韓国企業の関係者らに(THAAD配備と関連して)『小国(韓国)が大国(中国)の言うことに耳を貸さない』とまで言ったと聞いている」と話した。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26141.html

 韓国に対して断交をちらつかせ、小国(韓国)は大国(中国)の言うことを聞かねばならないという発言です。

 相手が韓国の政府ではなく、民間企業だから思わず本音が出たのでしょうねえ。 中国の国家中枢部では、韓国についてこの類の話が当然のごとく日常的に出ているのでしょう。

 発言には中国の古来からある中華思想(華夷思想=中国を文明の中心とし、周囲を夷狄として下位に見る)がそのまま出てきています。 韓国はこれに対してどう対応するのか、注目されます。

 ところで日本では、かつて「日中友好」のために中国に譲歩して中国の言うことを聞くという「大人の対応」で、結局は中国から見下される中華思想を受け入れていた時期がありました。

 韓国はどうなるのでしょうか。 韓国は小中華思想の国ですが中国の大中華思想と衝突するほどの元気はなさそうなので、「韓中友好」のためにTHAAD配備を延期するなど譲歩するかも知れません。 中国に物分りのいい国となって、結局は属国化していくような気がします。 憶測を重ねてはいけませんが‥‥。

【拙稿参照】

「東方礼儀の国」は屈辱的な言葉だった http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/11/22/7064872

古田博司 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』(3)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/21/7250136

「韓」という国号について(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/05/14/7633517

中韓は子供と思って我慢-藤井裕久  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/12/27/7157809

実は韓・中を見下している「毎日新聞」社説  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/02/19/7226754

毎日新聞 「“強い国”こそが寛容に」 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/06/15/7344974

北朝鮮と小中華思想 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daigojuunanadai

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/05/8303663/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。