「朝鮮語は禁止された」というビックリ投稿2017/01/15

 植民地時代の朝鮮では、朝鮮語は禁止されていなかったという歴史事実を否定しようとするコメント投稿がありました。 この世にこんな人がいるということで、参考になりました。 投稿は探し難いものなので、ここに掲示します。

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

>素直に「朝鮮語は認められていた」「朝鮮語の禁止はなかった」と書けばいいものなのにねえ。 >「朝鮮語の使用禁止」はなかった事は初歩的な知識となっているのに、

↓これ、なーんだ? 植民地朝鮮の同化政策(途中)  http://blog.livedoor.jp/ekesete1/archives/46679624.html           ★植民地統治時代に朝鮮語が禁止された証拠   http://ameblo.jp/nidanosuke/entry-11507049214.html

管理人さんやこのサイトのコメント欄の人たちは韓国を批判しつつも在特会みたいな日本の極右連中のことも批判して「自分は右翼じゃない」アピールしてますけど、せめて上の記事のnidanosukeさんみたいに事実は事実として認めましょうよ。      さもないと結局のところは管理人さんやこのサイトのコメント欄の人たちも自分が右翼の変種だって自白してるも同然ですよ?

そもそもアイヌ語や沖縄の諸語が現在消滅寸前になってるって時点で日本が朝鮮語だけは保護していたと考えるのは不自然。     一体どういう動機があって日本は朝鮮語だけは保護してアイヌ語や沖縄の諸語は禁止したっていうんでしょうね?

八丈語? 世界2500言語、消滅危機 日本は8語対象、方言も独立言語 ユネスコ http://www.asahi.com/shimbun/nie/kiji/kiji/20090302.html UNESCO Atlas of the World's Languages in Danger  http://www.unesco.org/languages-atlas/

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

 拙ブロク論考の表題は、『図録 植民地朝鮮を生きる 韓国・民族問題研究所所蔵資料から』という本からのものです。 その本には軍国主義真っ盛りの時期を扱った「第3章 総動員体制下の朝鮮人の生活」で、朝鮮人を「総動員」するために朝鮮語で書かれた資料が多数掲載されています。

 投稿者は朝鮮語が禁止されているとしているのに、資料では権力側が朝鮮語で総動員政策を啓蒙・推進したことになります。 これを矛盾と考えない人がいるということに、ビックリした次第。

 当時の朝鮮では公用語が日本語でしたから、公の場所では日本語のみになります。 学校や役所、裁判等々、当然すべて日本語です。 朝鮮語は排除されます。

 しかし一歩その場所から離れて日常の生活の場では、朝鮮人は朝鮮語を使っていました。 また権力はそれを禁止しませんでした。 朝鮮内では郵便局からハングル電報を送れたし、ラジオの第二放送からは朝鮮語の歌やパンソリが流れていました。そんな時代でしたから、戦争政策を朝鮮人に理解させようと朝鮮語で作成した啓蒙資料があるのです。

 これについては 拙論では  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/11/6476173  で論じたことがあります。

コメント

_ (未記入) ― 2017/01/16 11:20

これ当然なのかな。

咸鏡北道の吉城国民学校では、児童間での会話、もしくは「国語」のわかる人との会話で「国語」を使わなかった場合、「国語常用表」に×印が付されるとともに、「国語常用違反章」を
首からさげさせられたという。・・・また、「国語常用表」の×印が3回以上になる者は停学処分に付されたという。
(朝日新聞 北鮮版1942年5月23日付3面記事「"国語を使へ"移動座談会(上)」に掲載された吉城国民学校佐井重勲の談話。
https://www.kansai-u.ac.jp/fl/publication/pdf_aids/29/1-5_kumatani.pdf

_ (未記入) ― 2017/01/16 20:41

これは ブロク内にある次の記述を証明するもの。

>当時の朝鮮では公用語が日本語でしたから、公の場所では日本語のみになります。 学校や役所、裁判等々、当然すべて日本語です。 朝鮮語は排除されます。

そして学校という公の場所から一歩出ると、朝鮮語を自由に使える時代だった。

ところで、当時の朝鮮人の就学率をご存知か?朝鮮人は教育の義務がなかったから、1936年度調査で初等教育就学率は25%(男40%、女子10%)。

半分以上の朝鮮人児童は日本語を学ばずに育っていたということ。

_ (未記入) ― 2017/01/16 21:24

朝鮮人の親たちは、子供に日本語を覚えさせようと思えば学校に通わせ、覚えさせたくなければ学校に行かせなかった。
そのどちらを選ぶかは、自由だった。
つまり、「朝鮮語は禁止されなかった」が正解である。

_ 河太郎 ― 2017/01/17 11:21

確かに朝鮮語使用禁止の学校があったのは事実である。
しかし、それは朝鮮人が校長をしている国民学校であり、その数も全体の1割前後であった。
そして残り9割近くの学校は日本人校長でありそこでは週2時間の朝鮮語の授業があったという。

日本の朝鮮統治下の朝鮮語使用禁止というのは朝鮮植民地暴虐論の典型的な手口である。
一部の事例を自らの立論の都合のよい証拠として利用するプロパガンダそのものである。

―引用―
「日本と韓国」 八木信雄著 (昭和53年12月 財団法人日韓文化協会) 134頁

<Y
これは、終戦時まで韓国人の通学する国民学校の校長をしていた韓国出身の吉野鎮雄氏から聞いた話なんだが、道によって多少の相違はあっただろうが、韓国人校長の場合はほとんど朝鮮語の授業を行わず、逆に日本人校長の場合はそのほとんどが週二時間宛教えていたというんだな。

当時の韓国には六年制の国民学校のほかに四年制の国民学校もあり、六年制学校の校長十名か十一名の中一名、四年制学校の校長七、八名の中一名位の割合が韓国人校長だったから、朝鮮語を教えなかった国民学校は教えた学校の一割前後にしかならなかっただろうとも言っていたよ。


韓国人の校長こそ朝鮮語の授業をやりそうなものなのに、どうしてやらなかったんだろう。


僕もそれが不思議なので、吉野氏に聞いたところが、「韓国人の教員で校長に選ばれるのには、よほど日本人の上司の点数がよくないと駄目なわけで、朝鮮語は教えずに日本語の教育に熱を入れることが、また、非常な点数稼ぎになったのだ」という返辞だったよ。>

_ (未記入) ― 2017/01/22 17:43

韓国では併合時代を日本人に摂取されたとか奪われたとか
否定的に言うがそれを鵜呑みにしてはいけない。
史実でないことも史実であったかのように検証もせずに反日を叫ぶお国柄ですからね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/15/8324407/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。