風疹検査に反対した障害者解放運動2017/02/04

 風疹は妊娠中の女性が罹ると、障害を持つ子供が生まれる可能性がある病気です。だから女性は風疹の予防接種をすべきものです。 これについては、TBSで報道されていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170203-00000083-jnn-soci

「風疹」という病気、妊娠中の女性がかかると、赤ちゃんに影響が出る可能性がある怖い病気です。娘が両耳に障害を負って生まれた母親の思いを取材しました。           生まれつき耳が聞こえない女の子。母親には1つの後悔があります。           「自分が(予防接種を)受けてたらこうはなっていなかった。自分が後悔したからこそ知ってほしい」(母・長澤由樹さん)          母親のお手伝いをする長澤柚希ちゃん(3)。生まれつき、耳が聞こえません。原因は、母親が妊娠中にかかった風疹でした。風疹は発熱や発疹が出るウイルス性の感染症で、ほとんどの人にとっては治る病気です。ただ、妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出るおそれがあるのです。          「検査台に乗るのが怖くて。もう不安が一番ですよね。80%の確率でおなかの中で死んでしまう。生まれてきても90%は障害者ですと」(長澤由樹さん)               風疹は、日本では2012年から翌年にかけて流行し、およそ1万7000人が感染しました。この時期に生まれた45人の赤ちゃんが心臓などに障害が出て、少なくとも7人が生後5か月を前に亡くなりました。2013年に生まれた柚希ちゃんは、両耳に障害を負いました。         「注射1本で防げるので、自分もすごく後悔したし、自分がつらい思いをさせる側にもなるから、うつしたってだけで、全員が予防接種を受けてほしい」(長澤由樹さん) 

 しかし数十年前の障害者解放運動では、この風疹予防接種は障害者を否定する考え方なのだから、予防接種をしてはいけないと主張していました。

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/07/31/5260494

ある知り合いの女性が、結婚して妊娠した時、風疹の検査をしようとしました。 これを聞きつけた、障害者解放運動団体関係の人が    「その検査は子供が障害者かどうかを検査して、時には堕胎する(子供を殺す)こともある、だから障害者を差別するものだ、そんな検査をしてはいけない、障害者を産んだっていいじゃないですか」  と反対しました。

 今もそういう主張を維持しているのか知りませんが、障害者解放運動には違和感があります。

【拙稿参照】

障害者解放運動への疑問         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/07/31/5260494

被差別正義               http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/06/5270853

同情は差別か              http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/13/5284066

「朝鮮人は朝鮮に帰れ」は革新系も言っていた2017/02/10

 20年以上も前の話ですが、地方公務員の労連(共産党系とされている)の役員さん、委員長とか言っていたのを記憶していますが、何か気に入らない人に向かって「朝鮮に帰れ」と叫んだことを思い出します。    私の目の前ではっきりとした口調で言っていました。 間違いありません。

 その時、「朝鮮人は朝鮮に帰れ」は左側の人も言うのだなあと思いました。

 その役員さんは、組合の関係で北朝鮮を訪問したことがあり、北朝鮮の理解しがたい状況を言っておられましたが、その体験からなのでしょうか、気に入らない人を朝鮮人とみなして「帰れ」と叫んでいたのでした。

 或いは昔、友好関係にあった朝鮮総連が、自分たちは祖国にいずれ帰ると主張していたことを覚えておられたのかも知れません。

 「朝鮮に帰れ」は、右側だけの専売特許ではありません。

【拙稿参照】

「朝鮮人は朝鮮に帰れ」考 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuunanadai

こんなメールが来ました   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/12/7242809

韓国の小説の翻訳に挑戦(15)―イ・チャンウク2017/02/19

 韓国語勉強のための小説翻訳。 意味は分かっていても、日本語に訳すとなると、やはり難しいものです。 なかなか自然な日本語になりません。 これは日本語の勉強が足りないということでしょうねえ。

半分以上の春夫 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/hannbunnijyounoharuo.pdf

【これまでの小説の翻訳】

クォン・スンチャンと善良な人たち http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/kwonsunnchann.pdf

チョン・ソヒョン「昨日のこと」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/sakujitsunokoto.pdf

チョ・ヘジン「‘もの’との決別」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/monotonoketsubetsu.pdf

ソン・ボミ「散策」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/sannsaku.pdf

キム・エラン「立冬」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/rittou.pdf

ファン・ジョンウン「上流は猛禽類」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/jyouryuuhamoukinnrui.pdf

クォン・ヨソン「伯母」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/imo.pdf

申京淑「ある女」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/aruonna.pdf

申京淑 「伝説」  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dennsetsu.pdf

申京叔「今私たちの横に誰がいるのでしょうか」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/imawatashitachinoyokoni.pdf

孔枝泳 「真剣な男」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/shinnkennnaotoko.pdf

孔枝泳「存在は涙を流す」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/sonnzaihanamidawonagasu.pdf

殷熙耕 「私が暮していた家」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/watashigakurashiteitaie.pdf

殷熙耕「他の雪片と非常によく似たたった一つの雪片」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/tanosubete.pdf