風疹検査に反対した障害者解放運動2017/02/04

 風疹は妊娠中の女性が罹ると、障害を持つ子供が生まれる可能性がある病気です。だから女性は風疹の予防接種をすべきものです。 これについては、TBSで報道されていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170203-00000083-jnn-soci

「風疹」という病気、妊娠中の女性がかかると、赤ちゃんに影響が出る可能性がある怖い病気です。娘が両耳に障害を負って生まれた母親の思いを取材しました。           生まれつき耳が聞こえない女の子。母親には1つの後悔があります。           「自分が(予防接種を)受けてたらこうはなっていなかった。自分が後悔したからこそ知ってほしい」(母・長澤由樹さん)          母親のお手伝いをする長澤柚希ちゃん(3)。生まれつき、耳が聞こえません。原因は、母親が妊娠中にかかった風疹でした。風疹は発熱や発疹が出るウイルス性の感染症で、ほとんどの人にとっては治る病気です。ただ、妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が出るおそれがあるのです。          「検査台に乗るのが怖くて。もう不安が一番ですよね。80%の確率でおなかの中で死んでしまう。生まれてきても90%は障害者ですと」(長澤由樹さん)               風疹は、日本では2012年から翌年にかけて流行し、およそ1万7000人が感染しました。この時期に生まれた45人の赤ちゃんが心臓などに障害が出て、少なくとも7人が生後5か月を前に亡くなりました。2013年に生まれた柚希ちゃんは、両耳に障害を負いました。         「注射1本で防げるので、自分もすごく後悔したし、自分がつらい思いをさせる側にもなるから、うつしたってだけで、全員が予防接種を受けてほしい」(長澤由樹さん) 

 しかし数十年前の障害者解放運動では、この風疹予防接種は障害者を否定する考え方なのだから、予防接種をしてはいけないと主張していました。

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/07/31/5260494

ある知り合いの女性が、結婚して妊娠した時、風疹の検査をしようとしました。 これを聞きつけた、障害者解放運動団体関係の人が    「その検査は子供が障害者かどうかを検査して、時には堕胎する(子供を殺す)こともある、だから障害者を差別するものだ、そんな検査をしてはいけない、障害者を産んだっていいじゃないですか」  と反対しました。

 今もそういう主張を維持しているのか知りませんが、障害者解放運動には違和感があります。

【拙稿参照】

障害者解放運動への疑問         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/07/31/5260494

被差別正義               http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/06/5270853

同情は差別か              http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/13/5284066

コメント

_ 河太郎 ― 2017/02/07 11:50

>しかし数十年前の障害者解放運動では、この風疹予防接種は障害者を否定する考え方なのだから、予防接種をしてはいけないと主張していました。

そのような反対運動があったとは初めて知りました。
フツーの人が聞けば「え、何それ?」と卒倒しかねないことですね。
しかしイデオロギーの洗脳下にある人たちにはフツーの思考回路なのでしょうね。

障害発生の予防に反対することがトンデモナイことだと気がつかないというのはイデオロギー思考の病弊そのものです。刷り込まれた“平等が第一”の観念に思考が絡め取られて常識的な思考ができないのでしょう。自分自身で考えることが出来ない結果でしょう。障害児の誕生に加担することの反人間性、反人道性など思いもよらないのですね。

イデオロギーの怖さの極致はオウム真理教のサリンテロや連合赤軍のリンチ殺人事件などで現代日本人にはまざまざと分かっているのにですね。

>今もそういう主張を維持しているのか知りませんが、

私も数年前に似たような事例がイギリス(?)で起こったことをマスコミで知り驚いたことがあります。

先天性の脊椎疾患を胎児診断で知ることができ妊娠中絶をする事に対して、その障害児を持つ母親たちが人権差別だと反対の声を挙げた、胎児検査を許可するな、というものでした。自分達の子供たちの存在が否定されることになる、というのがその理由でした。

確かにその論理は成立しないこともないなあ、しかし、そこまで結び付けるの、と感じたものでした。
障害児の誕生を望まない心情は障害児の存在を否定する感情である、は強引しすぎ、飛躍しすぎですね。
トンデモナイ、ですね。

障害者支援の最善のものは障害者を減らす事です。障害者の増加は支援の人的資源と財政的資源の不足を招き、結局、障害者支援が後退することになるという合理的思考など完全に欠如していますね。

そもそも予防接種反対なら医療反対、災害予防反対なども言わなければオカシイことになるのに、その論理的破綻に気付いていないのですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/02/04/8349862/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。