こんなメールが来ました(2)2017/06/29

 拙ブログを批判するメールが来ました。  昔はこんな議論が盛んだったなあ、と感懐にふけりました。 相手方の意見を曲解・誤解して厳しい批判を浴びせる手法は当時の左翼・革新系諸君によくあったものです。 私にはそんなノスタルジーを感じさせて興味深かったので、公開の了承を求めましたが、返事がありませんでした。 そこで発信者の名前を出さずに、部分公開します。

あなたのブログは最低としか言いようがありません。もし本当に朝鮮の強制連行が無かったとしても、その子孫の人たちに「国に帰れ。日本が嫌なら外国に行け」なんて支離滅裂極まりないことに気が付かないんですか。歴史も祖先がやったことにも民族も、その人の努力では変えられるものじゃないじゃないですか。それなら黒人を追い出して住み着いている白人や、アイヌの人々を迫害して暴利をむさぼった日本人はどうなんですか。それでも共存しているのは「その人個人は何も悪いことはしていない。歴史は変えられないけどこれからは差別のない社会を作っていこう」という基盤を目指しているからじゃないんですか。もし本当にあなたの言う通り祖先が図々しく日本に来たからと言って、生まれた時からの思い出、友人、憩いの場所がある地で「お前の祖先は日本に寄生するために来たんだから、子孫のお前は高い金払って友人とも別れ、言語も文化も頼れる人もいない外国に移れ。あんた自身は悪いことをしてなくてもルーツがそんなだから差別されるのは当たり前。嫌なら出てけ」とつまはじきにされなきゃいけないんですか。私にまだ幼い在日の知り合いがいて、彼女がこの文章を読んでどんなに深い傷を負うかなんて想像もつきません。おかしいでしょう。そんなの、差別する方が悪いんです。何で被差別者に上から目線で説教しているんですか。

 3年ほど前に同じようなメールが来たことがあります。 この方は公開に反対されましたので、こちらからの返事メールだけの公開となりました。 合わせて読んでいただければ幸いです。

 こんなメールが来ました         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/12/7242809

コメント

_ (未記入) ― 2017/06/29 16:33

単に日本国籍を取って帰化すればいいと思うのですが。
誰も取らせないとは言っていない。
…でも、それは絶対にしない。
永遠に被害者である、というスタンスを変えたくないのでしょうね。
中世の自力救済の日本と違って、現代の日本は他者が救ってくれるから。
救ってくれ、と言い続ける存在であることをやめるつもりはない。
ある意味、麻薬です。

_ 辻本 ― 2017/06/29 22:34

>…でも、それは絶対にしない。

 若い在日韓国人はもう三.四.五世になりますが、帰化への抵抗感がないですねえ。 
 帰化を許可されたとみんなで喜び合う若い在日の話を聞くようになりました。

 「帰化を絶対にしない」は、年寄りか、かなりイデオロギー的な人に限られますよ。

 こんな一部の在日だけをもって、在日全体を決めつけないようにしてほしいですね。

_ (未記入) ― 2017/07/02 14:25

う~~~ん、なるほど!
仰る通り、言葉足らずでした。
以後、気をつけます。

>若い在日韓国人はもう三.四.五世になりますが、帰化への抵抗感がないですねえ。 
 帰化を許可されたとみんなで喜び合う若い在日の話を聞くようになりました。

こういう方々の話は、あまり聞く機会がありません。
どこかで折につれ、紹介していただければ
私が陥っていたような、極端な偏見もなくなるかもしれませんね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/29/8606306/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。