韓国が天皇訪韓を望む!?-朝日インタビュー2017/09/23

 韓国の李首相が朝日新聞のインタビューで、天皇の訪韓を望むと発言しました。 インタビュー記事のうちで、天皇に関する部分は以下の通りです。

韓国の李洛淵(イナギョン)首相は22日、朝日新聞のインタビューに応じ、天皇陛下の退位前の訪韓を求める考えを示した。日韓双方には、朝鮮半島とのゆかりに言及してきた天皇の訪韓が、日韓関係改善の大きな契機になると期待する声がある。   李氏は「退位される前に韓国へいらして、この間の両国がほどけなかったしがらみを解いてくだされば、両国関係の発展に大きな助けになる。それだけの雰囲気が早く醸成されることを望む」と語った。文在寅(ムンジェイン)政権として、訪韓実現の雰囲気を盛り上げていきたい考えも示した。 ‥‥‥

――退位前に天皇陛下の訪韓が実現すれば、日韓関係改善の大きな契機になるという指摘があります。

そうなることを望む。退位される前に韓国へいらして、この間の両国がほどけなかったしがらみを解いてくだされば、両国関係発展に大きな助けになると思う。それだけの雰囲気が早く醸成されることを望む。

――文在寅政権も努力されるのですか。

そうだ。雰囲気を共に醸成しつつ、私の希望では、退位前に一度訪韓が実現されれば良いと思う。

http://www.asahi.com/articles/ASK9Q5S0GK9QUHBI031.html

 韓国政府の要職に天皇についてインタビューするなら、2012年に行なわれた李明博大統領(当時)の天皇謝罪要求発言に言及するのが当然と思うのですが、全く出てきません。 わずか5年前に現職大統領が国民の前で、広く報道されることを前提になされた発言ですから、公式発言です。 これを無視して「天皇の訪韓が日韓関係発展の大きな助けになる」と言われても、果たしていかがなものなのでしょうか。

 李大統領の天皇に関する発言は次の通りです。

天皇は訪韓をしたがっているが、独立運動をして亡くなった方を訪ねて、真心を込めて謝罪するなら来てもいい

「痛惜の念」という言葉なんかで誤魔化すなら、来る必要はない

 朝日記者がこれを敢えて触れなかったのか、あるいは触れていても記事化する際に敢えて削除したのか、分かりませんねえ。

【拙稿参照】

李大統領の発言    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/18/6546033

『朝鮮日報』李河遠記者の天皇戦犯論   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/24/6553068

『朝鮮日報』記事に出てくる若宮啓文のコラムとは http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/18/6636750

コメント

_ ちっち ― 2017/09/25 00:03

こんにちは。
私は将来韓国に移住するつもりで、いろいろ調べております。
韓国に特有の恨文化というものを理解しようと思っております。
ですので、記事を書いていただけませんか?

_ 河太郎 ― 2017/09/25 11:03

 >韓国政府の要職に天皇についてインタビューするなら、2012年に行なわれた李明博大統領(当時)の天皇謝罪要求発言に言及するのが当然と思うのですが、全く出てきません。

これはさすがのツッコミですね。

天皇訪韓に言及、議論するならこの李明博大統領発言は必ず問題にすべきものです。もちろん、天皇への謝罪要求すなわちそれは日本国および国民への謝罪要求なので最大級の外交非礼発言なのですが、国民の受けとりかたは、それよりももっと感情を刺激する、拒否感を激しく呼び起こす感情論レベルの火をつけました。

日本側では、野田総理が撤回訂正せよと表明、衆院も参院も抗議決議を採択し、新聞も朝日以外はきちんとした当然の論調でした。

ところが肝心の朝日新聞の社説(平成24年8月15日)は李大統領の発言を紹介しただけで、なんと「大統領の行動や発言の真意は不明だ」と書いたのみでした。朝日以外のマスコミには明白に見えていることが、朝日新聞には頭が真っ白になって何をいえばいいのか思いもつかずこうなったのでしょう。朝日の面目躍如ですね。

>これを無視して「天皇の訪韓が日韓関係発展の大きな助けになる」と言われても、果たしていかがなものなのでしょうか

全くそうですね。
「天皇の訪韓が日韓関係発展の大きな助けになる」とは誰が言っているのでしょうかね。朝日だけでしょう。

天皇外国訪問の大失敗例として天皇訪中があります。天皇訪中は天安門事件に起因する世界経済制裁を切り崩す
中国政府の策略で、中国は大成功を収めました。時の自民党政府幹部とりわけ加藤紘一幹事長の大罪は教訓として忘れてはなりませんね。

中国の底意を見抜けず、トンマな贖罪意識とやらに搦めとられ、侵略モンスター中国を生み出すことに我が日本は大貢献したのです。この愚策の教訓は今生かされているのでしょうかね。

天皇訪韓の愚策たる所以はだれの目にも明らかでしょう。

>わずか5年前に現職大統領が国民の前で、広く報道されることを前提になされた発言ですから、公式発言です。

実際は、さらに「跪いて」とも言ったというではありませんか。つまり「土下座」しろと。
これはトンデモナイことですね。
ソウル新聞がその用語を掲載したが、後にそれを削除していると指摘されています。

辻本さん引用の『朝鮮日報』李河遠記者の天皇戦犯論 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/24/6553068にも「今上天皇は手遅れになる前に、ブラント首相のように膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。」
の一節がありますね。

日本をナチスと同一視したくてしょうがない韓国、ナチスと同列に貶めたい韓国の悪意と夜郎自大を忘れてはならないでしょう。

_ (未記入) ― 2017/09/29 17:27

陛下に謝罪要求したり、

被害者でもないのに韓国はなぜ、被害者ずらするのですか?

誰か教えてください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/09/23/8681910/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。