日本統治下朝鮮における朝鮮語放送2017/11/06

朝日新聞外地版52 南鮮版 昭和18年2月11日付け

 これは1943年(昭和18)2月10日付けの『朝日新聞 南鮮版』に掲載された、ラジオの番組表です。 当時はテレビがない時代でしたから、ラジオは貴重な情報源です。 またラジオは高価でしたから、公共施設か或いは裕福な家庭にしかありませんでした。

 朝鮮は植民地支配されていましたので、公用語は宗主国の日本の言葉です。 ラジオ放送では日本語が主となりますが、なかに朝鮮語の番組が混じります。

朝の9時40分 「戦時家庭の時間(朝鮮語) 洪善杓」。  昼の2時半 「朗読(朝鮮語) 『密林の奇襲』 呉島進」。   夜の9時 「合唱(朝鮮語)『国語常用の歌』ほか、京城放送混成合唱団、総力回覧板(朝鮮語)青山鶴夫」。

 1日に3回の朝鮮語放送でした。

 当時は公用語の日本語が奨励されましたが、日常語の朝鮮語が禁止されたことはありません。 だからラジオ放送にも朝鮮語の番組があるわけです。 しかもこの資料は1943年(昭和18)ですから、軍国主義時代の真っ最中です。

 しかし‘日本は言葉を奪った’という言説が後を絶ちません。 間違った歴史がいつまでも続くのには、困ったものです。

【拙稿参照】

『現代韓国を学ぶ』(6)       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/11/6476173

『図録 植民地朝鮮に生きる』   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

朝鮮語を勉強していた大正天皇      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/09/24/6111974

「朝鮮語は禁止された」というビックリ投稿  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/15/8324407

学校で朝鮮語を禁止した理由  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327730

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/06/8721782/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。