済州島4・3事件の赤色テロ(5)―右翼家族へのテロ2018/07/05

 前回は警察官家族の例を取り上げましたが、それ以外に右翼人士と指目した人の家族を殺害した例も数多くあります。 例えば4月3日の武装蜂起初日では警官死亡4名以外に「民間人8名死亡」となっていますが、この民間人というのは次の通りです。

当日(4月3日)、武装した人民遊撃隊は右翼人士を甚だ残忍に殺害し、当事者がいない場合にはその老母や妻、幼い子供まで身代わりに殺害した(玄吉彦『島の反乱 1948年4月3日』(同時代社 2016年4月 33頁)

 立命館大学の文京洙さんは、この時に殺された子供の年齢を次のように記述しています。

涯月面旧厳里‥‥この日の攻撃で右翼幹部の二人の娘(当時14歳と10歳)をふくむ五人が殺され‥‥ (文京洙『済州島4・3事件』平凡社 2008年4月 101頁)

 そしてその後の経過でも右翼の家族が殺害されます。    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/06/18/8896622 の日誌から拾いますと、

1948年

・4月18日 済州邑寧坪里、梨湖里、翰林面楮旨里、朝天面善屹里、新村等を襲撃し、右翼青年団員とその家族を殺害。

・4月26日 道南里で大同青年団員の母親を殺害、家屋放火。

・5月10日 中文面上猊里を襲撃、大同青年団長夫婦と国民会上猊里責任者を拉致・殺害。

・5月11日~19日 済州邑頭豆里選挙管理委員長、大同青年団長とその家族を拉致・殺害。

 また金時鐘さんは『朝鮮と日本に生きる』(岩波新書 2015年2月)で、

(1948年5月)18日、この地区の砂水洞(現済州空港の西はずれにあった地区)で右翼の家族ら6人を武装隊が拉致して殺害した(221頁)

と記しています。 これは上記の日誌に漏れているものです。

 4月3日の事件発生当日だけでなく、その後も右翼の家族へのテロは続いていることが分かります。 従って家族へのテロは、当初より意図・計画されていたものと判断できます。 抗争がエスカレートして偶然に発生したとか、下部の暴走とかでは、決してありません。

 4・3事件を、国家権力の過酷な弾圧に抗して島民が蜂起したというような解説が見られます。 そうなると島民が警官や右翼の家族テロを実行したことになります。 これは実情とかけ離れていると言わざるを得ないでしょう。 やはり南朝鮮労働党という共産主義者が実行したと見るべきものです。

 ところで過去の日本でもテロ事件はたびたび起こっていますが、家族を狙ったテロがあったのかどうか。 土田警視総監公舎事件では夫人が殺され、坂本弁護士一家事件では夫人と1歳の長男が殺され、嶋中事件では女中さんが殺されて夫人が大怪我をし、甘粕事件では6歳の甥が殺されました。 今のところ、この四件が思い浮かびます。 過激派諸君の内ゲバや幕末維新期の志士によるテロまで調べていけば、もう少し出てくるかも知れませんが、やはり少ないと思います。 この点でも済州島4・3事件は際立っているという印象を持ちます。

済州島4・3事件の赤色テロ(1) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/06/10/8890890

済州島4・3事件の赤色テロ(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/06/18/8896622

済州島4・3事件の赤色テロ(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/06/23/8900976

済州島4・3事件の赤色テロ(4)-警官家族へのテロ http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/06/30/8906338

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/07/05/8909472/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。