韓国語講師と話して思ったこと2018/10/05

 日本で韓国語講師をやっている人から、韓国人と日本人との違いについて、興味深い話を聞きました。 すべて韓国語で話してくれたので、できるだけ正確に聞き取るようにして、まとめてみました。

韓国人と日本人との違いについてです‥‥。韓国人は保守と進歩にわかれるのですが、お互いに交わりません。 保守は保守同士で集まり、進歩は進歩同士で集まります。 人に会った時、相手が自分と同じ保守・進歩なのかを確かめて、違うとなればすぐに別れて顔すら見ようともしなくなります。 日本人はそうではないでしょう。 違う人に会っても、それで付き合いを止めることはないでしょう。 違う人からでも自分の知らない情報があればそれを知ろうとするし、自分の考えをどのように批判するかを聞いて自分の考えを発展させようとするでしょう。 韓国人にはそういうところがありません。

 来日して10年位だそうですが、その間の体験に基づく日韓の比較論といったところです。 日本人のいい所だけを見てこられたようで、だから10年も日本で生活できたのでしょう。 ただ日本人でも、対立する考えの人とは絶対交わろうとしない頑固な人は存在します。 この点は韓国人と変わらないなあと思いました。 上記の韓国語講師の方はそれが日本人ではあまり目立たず、韓国人では目立つと感じられたのでしょうねえ。

 ところで対立する人と交わろうとしないと言えば、かつて拙ブログでよくコメント投稿してきた人たちがそうでしたねえ。 韓国や在日への嫌悪・拒絶を書き連ねます。 そこまで韓国に関心があるなら、韓国語を勉強して韓国人と実際に交わり、また韓国の様々な言論に接すればいいのにと思うのですがねえ。 語学の勉強は最初からやる気がなく、ネット上で自分の気に入る情報だけを集め、また一般向けの嫌韓雑誌や嫌韓本ばかり一生懸命に読んでいるようです。

 こういった人たちの発言は日本国内で日本人に向って日本語で吠えているだけで、これをまるで正義であるかのように思い込んで快感となっているようです。 これは反日を言いつのる韓国人と大した違いがなく、同一レベルと言っていいでしょう。

 小倉紀蔵さんは「嫌韓とは実は日本の韓国化」と論じたことがありました。 上記の韓国語講師さんの話を聞いて、これは正解だと改めて思った次第です。

嫌韓は「日本の韓国化」である―小倉紀蔵 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/12/23/7522145

私がコメントしない訳      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/06/7238847

水野俊平『笑日韓論』 (続)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/09/20/7439097

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/10/05/8968856/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。