李洛淵首相のツイッター発言―天皇は指導者2019/05/01

 明仁天皇が退位し、新たに徳仁天皇が即位され、元号が「令和」に変わりました。 韓国の李洛淵首相がツイッターで次のように発言したと毎日新聞が報道しました。

日本、5月1日より『令和』時代。韓日関係を重視なさってきた明仁天皇に感謝申し上げる。即位される徳仁天皇は、昨年3月ブラジリアの(世界)水フォーラムでお会いし、かなり深い対話をしてくださった。韓日両国の新しい友好協力関係を構築するよう一緒に努力しましょう。

https://mainichi.jp/articles/20190501/ddm/007/040/046000c

 これを読んで、あれ!? 最後の部分がちょっと違うのでは?と疑問を感じました。

 実際の李首相のツイッターでは次の通りです。

일본, 5월1일부터 '레이와' 시대. 한일관계를 중시하셨던 아키히토 천황님께 감사드립니다. 즉위하실 나루히토 천황님께서는 작년 3월 브라질리아 물포럼에서 뵙고 꽤 깊은 말씀을 나누게 해주셔서 감사드립니다. 한일양국이 새로운 우호협력관계를 구축하도록 지도자들이 함께 노력합시다.

https://twitter.com/nylee21

 直訳すると、次のようになります。

日本、5月1日から「令和」の時代。韓日関係を重視されました明仁天皇様に感謝申し上げます。 即位される徳仁天皇様におかれましては、昨年3月のブラジリア水フォーラムでお会いして、かなり深いお言葉を交わしていただき、感謝申し上げます。 韓日両国が新しい友好協力関係を構築するように、指導者たちが一緒に努力しましょう。

 最後の部分で、毎日新聞は「指導者たちが」を省いているのが分かります。 つまり李首相は天皇を日本の「指導者」と考えてツイッターを書いたのですが、毎日はそれを抜いたために、李首相の天皇観が伝わらないこととなったわけです。

 李首相のブラジリア水フォーラムでの、皇太子(今度の新天皇)との「かなり深いお言葉を交わした」内容というのは、以前に拙ブログで取り上げたことがありますので、ご参考ください。     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/03/20/8807181

 韓国では日本の天皇を「指導者」としてとらえて、日本の政治に影響を与える存在というイメージが強いということです。 だから韓国では日本に対して、平和主義の天皇と軍国主義の安倍首相という対立的な構図を描き、憎き安倍を叩く天皇を期待するような発言が出てきます。 

 これまでの李明博大統領の天皇謝罪要求発言(2012)や文喜相国会議長の天皇戦犯発言などを考えてみても、韓国では日本における天皇の存在がどういうものなのか、理解されていません。 

 韓国人の天皇観について、何も分かっちゃいないと突き放すのではなく、何故どのようにしてそんな天皇観を有するようになったのかを冷静に見る必要があると考えます。

 韓国人の天皇観は日本の革新・左翼諸君の反天皇論の影響を受けていると、私は考えています。

【拙論参照】

韓国首相が皇太子に自国支持を求める http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/03/20/8807181

文喜相議長の天皇戦犯・謝罪要求発言  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/02/14/9035898

李大統領の発言    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/18/6546033

『朝鮮日報』李河遠記者の天皇戦犯論   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/24/6553068

『朝鮮日報』記事に出てくる若宮啓文のコラムとは http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/18/6636750

灘本・師岡論争―部落差別と天皇制  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daigojuukyuudai

名目的権力と実質的権力  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiichidainoni

天皇制と首領制の比較  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiyonjuugodai

カルロス・ゴーンさんの重国籍2019/05/07

 ルノー・日産・三菱の社長兼CEOでしたが、今は被告の身であるカルロス・ゴーンさん。 ブラジルとレバノンとフランスの三ヶ国の重国籍を有しています。 そして今の奥さんキャロルさんはレバノンとアメリカの二重国籍だそうです。 ゴーンさんには前妻のリタさんとの間に四人の子供(3女1男)がいて、今の奥さんには連れ子二人がいるようです。 前妻や子供たちの国籍が気になるのですが、それは分からなかったです。

 国籍が何とまあ複雑なゴーンさん一家です。 国籍を考えるに何か参考になることがあるだろうと思ったのですが、家族の国籍がもっとはっきりしないと参考も何も出来ませんねえ。

 ところでゴーンさんが世界各国で有している資産は、日本円で2000億円だそうです。 ここでムクッと疑問が出てきます。 もしゴーンさんが亡くなったら(こういう事を考えてはいけないのですが)、その資産はどうなるのか?です。

 相続は当人が有する国籍国の民法に従います。 被相続人のゴーンさんは三ヶ国の重国籍者であり、相続人の一人である今の奥さんが二ヶ国の重国籍者、前妻の子供らも重国籍者である可能性が高いです。 としたら、ゴーンさんの相続には少なくとも四ヶ国(ブラジル・レバノン・フランス・アメリカ)以上の国が関係することになります。 また失礼な想像ですが、世界のあちこちの国から自分はゴーンさんの隠し子ですと名乗り上げる人が出てくるんじゃないかと勝手ながら憶測しています。

 話は変わりますが、日本は二重国籍を認めろと主張する人がいます。 相続は先程申しましたように属人主義ですから、国籍国の民法に従います。 従って二重国籍者の相続は二ヶ国の民法が絡むことになります。 相続者の範囲や相続割合、相続税など、各国で違いますから、二重国籍者の相続は非常に複雑です。 弁護士か税理士に頼むのがいいのでしょうが、日本では外国の相続制度について精通している人は少ないですから、大変です。

 二重国籍を主張する人は、こういうデメリットも頭に入れているのだろうかと、いつも疑問に感じます。

 なお日本国籍を有する二重国籍者で日本を常居地としている人は、その相続は原則的に日本の民法に従います。 逆に二重国籍者で外国に住んでいる方は、どの国の民法に従うのか、専門家に聞くしかないでしょう。

【拙稿参照】

大坂なおみの国籍選択 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/02/20/9038370

私の国籍研究史(1)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/30/8630904

私の国籍研究史(2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/03/8638755

私の国籍研究史(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/07/8641528

私の国籍研究史(4) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/11/8644295

私の国籍研究史(5)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/15/8646853

私の国籍研究史(6)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/19/8650171

私の国籍研究史(7)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/23/8654056

私の国籍研究史(8)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/08/27/8658841

国籍を考える―新井将敬 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/27/8628332

国籍を考える―アルベルト・フジモリ http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/25/8626981

国籍を考える―小野田 紀美の場合 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/23/8625722

国籍を考える―ケンブリッジ飛鳥の場合  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/21/8624643

外国籍が輝いて見えた時代があった  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/19/8623371

蓮舫二重国籍問題のまとめ (再掲)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/15/8620565

蓮舫二重国籍問題    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/14/8620041

蓮舫の二重国籍疑惑   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/09/8176022

蓮舫の過去の「国籍発言」 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/16/8190975

蓮舫は国籍選択宣言をしていないのでは? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/07/8216765

蓮舫はもともと二重国籍でなかったのでは?http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/16/8230218

二重国籍は複雑で難しい         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/20/8232627

私が二重国籍に関心を持った訳      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/28/8237467

二重国籍には様々な姿がある       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/29/8237969

蓮舫二重国籍問題のまとめ        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/11/03/8241041

二重国籍かどうか微妙な場合       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/11/13/8247093

名前を呼び合わない韓国人女性たち2019/05/14

 韓国のベストセラー小説で、日本でも昨年翻訳出版された『82年生まれ、キム・ジヨン』が、ちょっと話題になっていました。 かなり売れているみたいです。 私も原本と翻訳本を入手して、比較しながら読んでみました。 翻訳については言いたいことがかなりあるのですが、まあそれは置いておきます。

 翻訳本(筑摩書房)には、最後のところに伊東順子さんの解説があります。 そこでは現在の韓国のジェンダー状況を整理して解説してくれています。 そこに韓国人女性の名前について、韓国社会でのあり方と小説とを比較して、次のように解説しています。

家族の中だけに限らず、ママ友やご近所同士でも、女たちは互いの名字も名前も知らないことが多い。 この小説では、それぞれの女性にきちんとした名前を与えることで、彼女たちの家族から切り離し、独立した一個の人間として、リスペクトする態度を示している。(185頁)

 日本ではちょっと考えられないでしょうが、韓国では女性の名前について「家族、ママ友やご近所同士でも、女たちは互いの名字も名前も知らない」という状況です。 だったらその女性をどうやって呼んでいるかというと、子供の名前を使って呼び合うのです。

 例えばチャンスという子供がいれば、「チャンス オンマ(チャンスの母ちゃん)」という具合に呼びます。 家族内や近所なんかでは母親の実名を呼び合うことは、普通ありません。 だから家族でも「チャンス オンマの名前は何だったっけ?」と聞くようなことが起きるのです。

 韓国の女性社会では互助組織的な「契」という、日本での頼母子講に相当する集まりが盛んで、今も残っているようです。 民俗学や文化人類学の対象にもなるのですが、この「契」の名簿には当事者である女性の名前ではなく、子供や夫の名前が使われる例が多いと報告されています。 つまり普段から顔を互いに見合わせており、しかもかなりのお金を融通し合う「契」ですら、女性たちは名前を知らないということになります。

 韓国社会では女性の名前がこういう状況ですから、この小説で登場人物の女性の名前が記されるのは伊東さんの解説通りにそれだけで意味あることなのです。 これは日本人ではちょっと理解が難しいだろうと思いますが、これを念頭においてこの小説をお読みになることをお勧めします。

 ところで韓国では女性の名前を呼ばない慣習があることは、以前から知られています。 これは古く李朝時代に、女性に名前がなかったことの名残りだと考えられます。 つまり元々女性に名前がなかったものが、近代になって戸籍が整備された際に女性にも名前が付けられるようになりました。 しかし実際の生活ではその名前ではなく子供や親、夫の関係や出身地で呼び合う慣習は根強く残り、名前で呼ぶのをためらう感覚が維持されたまま現在に至っているというのが私の考えです。

 むかし朝鮮人女性に名前がなかったという歴史事実について、これまで下記のように論じました。 ご興味のある方はご笑覧ください。

【拙稿参照】 名前を忌避する韓国の女性  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/03/10/8043916

李朝時代に女性は名前がなかったのか http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/02/29/8033782

李朝時代に女性は名前がなかったのか(2)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/03/23/8055612

李朝時代に女性は名前がなかったのか(3)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/01/8061795

李朝時代に女性は名前がなかったのか(4)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/05/04/8083000

かつて朝鮮人女性には名前がなかった http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/12/13/9011386

李朝時代の婢には名前がある  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/03/19/8053165

許蘭雪軒・申師任堂の「本名」とは? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/03/31/8060665

日本語と韓国語の微妙な違い2019/05/19

 5月16日付けの朝日新聞に、日本語と韓国語の微妙な違いについて解説する記事がありました。 日本人が韓国のニュースなどを読む時、逆に韓国人が日本のニュースなどを読む時、この違いを知らなければ誤解を産みやすいことは従来から指摘されてきました。 このことを改めて指摘してくれるタイムリーな記事だと思います。  https://digital.asahi.com/articles/DA3S14016858.html?_requesturl=articles%2FDA3S14016858.html&rm=150

 この記事のなかで、「人間」という言葉を取り上げて説明している部分を引用、紹介します。 「人間」は日本語では「にんげん」、韓国語では「인간(インガン)」と読みます。

「日本の責任ある指導者が、自制のない言葉で非難を続けていることは非常に遺憾だ」。韓国外交省が2月22日夜、その2日前にあった河野太郎外相の国会発言について、猛烈な抗議を表明した。

外交省が問題視したのは、河野氏が、韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長による天皇謝罪発言に対して述べた「韓日議員連盟の会長まで務めた人間がこのようなことを言うのは、極めて深刻だ」という発言だった。

「本来、外交省が乗り出して抗議するほどの発言ではない」(日本の外務省関係者)ものの、韓国側は「人間」という言葉に強く反応していた。韓国語では、こうした文脈で使う「インガン(人間)」が、日本語の「輩(やから)」といった侮辱的な意味になるためだ。

韓国の主要紙「朝鮮日報」は実際の意味合いに近い「サラム(人)」と意訳していたが、多くの韓国メディアは「インガン(人間)」と報道。韓国世論が発言に猛反発していた。

 「人間」という言葉は、日本語と韓国語とではこれほどの違いがあるということです。 これは小学館『朝鮮語辞典』(1993)では、「인간(人間)」の項目で2番目に「人を軽蔑的に言う語」と説明されており、この朝日の記事を裏付けています。 

 そして朝日記事は、このような言葉の意味の違いが日韓両国の摩擦を大きくしていると言います。

日韓の外交関係が緊張するなか、ともに漢字文化圏に属することが摩擦の種を増やしている。同じ単語でも日本語と韓国語で意味が異なり、翻訳の仕方次第で国民感情を刺激することがあるためだ。相手への親近感にもつながる文化的な近さが、思わぬ落とし穴になっている。

 さらに日韓の両国民は、この違いを意識しなければならないと説きます。

日韓の文化的な近さは、相手国に対する親しみを感じる入り口になる一方、国民感情を刺激する火種になる危険性も含む。稲川准教授は「両国の人々が日本語と韓国語の微妙な違いを意識するだけでも、無用な葛藤を減らすことができるのでは」と話している。

 よく考えてみれば、こんな微妙な違いは両国の言葉をよく知ってこそ分かるものです。 逆に言葉を知らないとこの違いを意識できず、両国の摩擦・対立を深めているとも言えるでしょう。 

 相手国の言葉や文化を十分に熟知して、自国との違いを理解したうえで相手側に批判・苦言を呈するのが正道でしょう。 しかし韓国に関心がありながら韓国語を学ぼうとしない人たちが、あちこちでコメント投稿して韓国を論じています。 ちゃんと韓国語を勉強して投稿しましょうね。 こう言っても当人たちは自分が正義だと思い込んでいるので、「馬の耳に念仏」「カエルの面に小便」なだけでしょうが。

【拙稿参照】

韓国語のできない嫌韓派 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/03/28/9052386

韓国語が出来ずに韓国を論じる人たち http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/03/16/9047781

嫌韓派と韓流派         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/01/17/7540292

水野俊平『笑日韓論』 (続)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/09/20/7439097

漢字を廃止した韓国で「知的荒廃」?-呉善花(12) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/09/7240684