新型コロナ検査の信頼性(5)2020/03/28

 新型コロナの検査法として唯一承認されているPCR法の信頼性について、韓国と日本では違いがあることを知り、韓国の報道ではどう扱っているのかに注視してきました。

 今度はハンギョレ新聞の3月27日付けに次のような記事が出ました。日本語版にあります。  http://japan.hani.co.kr/arti/politics/36143.html    この記事ではPCR法は「分子診断法」「リアルタイム遺伝子増幅法」「RT-PCR」などと呼ばれており、

保健当局は分子診断法のリアルタイム遺伝子増幅法(RT-PCR)キットのみ承認し

とありますので、韓国で唯一の承認された検査法であることが分かります。 これは日本でも同じです。 この検査法の信頼性について、記事では未承認の抗原抗体検査法と比べて、次のように書かれています。

診断検査医学界は、このキットを使った検査の精度が50~70%程で、95%以上のリアルタイム遺伝子増幅検査よりも不正確だと見ている。

 つまり韓国ではPCR法は精度が95%以上と高く、正確性があるとしているのです。 日本では感度がせいぜい70%程度で、信頼性が落ちるとされているのと大きな違いを見せています。

 なぜこの違いが出てくるのか? PCR法でも検査方法に違いがあるのか? そこが分からないところです。 もし韓国のPCR法の信頼性が高いのが事実であるなら、日本は韓国からそれを導入すべきだろうと思うのですが、そんな動きを見せるような報道は見当たりません。 一部の自治体で韓国から導入するとしているのは、ドライブスルー方式の検体採取法ぐらいですねえ。

 私は医学には専門外ですが、こんな細かいところに注目して記事を読んでいくと、あまり役に立たないことでしょうが、興味が湧きますね。 

 ところで、これに関する韓国の記事に出てくる言葉として、医学用語の「感度」「特異度」が使われずに、「精度」「正確度」等々が出てきます。 私の印象ですが、韓国のマスコミは定義のはっきりしていない用語を使って、自国検査の信頼性が高いと論じているように思われます。

新型コロナ検査の信頼性 ―韓国と日本では違うのか? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/03/10/9222614

新型コロナ検査の信頼性(2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/03/16/9224844

新型コロナ検査の信頼性(3)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/03/23/9227298

新型コロナ検査の信頼性(4) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/03/24/9227621

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック