韓国語の雑学―내로남불(ネロナムブル)2021/01/04

 『朝鮮日報』日本語版12月27日付のコラムに「外国語にない『ネロナムブル』」と題する記事がありました。 (インターネットでは公開期限が過ぎて、今は見ることができません)

 「내로남불(ネロナムブル)」はここ4年ほど前から韓国のマスコミでしょっちゅう出てくるようになった言葉です。 主に政権や政党批判で使われますね。 これの意味は、記事では次のように説明しています。

「ネロナムブル(私がすればロマンス、他人がすれば不倫=身内に甘く、身内以外に厳しいこと)」という言葉の語源ははっきりしない。

 つまり同じことをするのにしても、自分がやれば美しく正しい、しかし他人がやれば醜く不道徳だ、というものです。 記事によると、これにピッタリとした外国語がないそうです。

そう考えると、「ネロナムブル」にぴったり当てはまる外国語の表現があるか気になった。米国在住の著述家チョ・ファユ氏は「英語では『double standard(二重規範)』という言葉が似ているが、『ネロナムブル』のようなニュアンスはない」と説明した。

 そういえば日本語で何と言うのかと考えてみると、やはり「二重基準」「二枚舌」「自己矛盾」ぐらいでしょうが、意味が少し違います。 「自分のことを棚に上げる」という言い方もありますが、これも意味が少し違いますね。

 諺にありそうな気もしましたが、ちょっと思い当たりません。 そんなことを考えているうちに、40年程前に学生間でよく使われた言葉を思い出しました。

笑って誤魔化す自分の失敗、怒って罵る他人の失敗

 韻を踏んでいて覚えやすく流行語になるだろうと思ったのですが、意外と流行らなかったですねえ。 ここの「自分の失敗」と「他人の失敗」は違う行動で、「ネロナムブル」のように「同じことをするにしても」の意がありませんから、ちょっと違いますね。 またこれは冗談っぽい感じで周囲を笑わせるのにいいでしょうが、「ネロナムブル」は政治の世界で使われていますので真剣味が含まれており、冗談では済まないところがあります。

 記事では次のような四字熟語が出てきます、

大学教授団体による新聞「教授新聞」が今年の四字熟語に「我是他非」を選んだ。 「私は正しく、他の人は間違っている」という意味だ。もともとは「ネロナムブル」を選んだのだが、これに合う四字熟語がなかったため、仕方なく「我是他非」にしたという。 我是他非は「ネロナムブル」の本当の意味を表現できていない。

 「我是他非」は創作四字熟語のようですね。 辞書には出てきません。 そしてまた「同じことをするにしても」の意が含んでいないようですから、やはり意味が少し違うようです。

 ところで「ネロナムブル」はハングルで「내로남불」の四文字になります。 とすると、漢字ではなくハングルの四字熟語ということになりましょうか。 韓国ではこのような「ハングル四字熟語」がこれから広がるかも知れませんねえ。

【拙稿参照】

「내로남불」とは何か    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/05/29/8578519

내로남불ー産経の黒田さんが紹介 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/03/8584497

【関連拙稿】

韓国語の雑学―将棋倒し http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/04/15/9235466

韓国語の雑学―下剋上  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/04/22/9237987

韓国語の雑学―「クジラを捕る」は包茎手術の意 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/12/10/9325273

奇妙な朝日の社説―慰安婦判決2021/01/11

 韓国の元慰安婦が日本政府を相手に起こした賠償請求裁判の判決が1月8日に出ました。 予想通りの原告側全面勝利です。 これについて、日本の各マスコミは厳しい批判をしていましたが、朝日新聞だけはちょっと違った見解を出していました。 それは日本側のこれまでの姿勢にも問題があったと批判しているところです。 その部分を引用してみます。

朝日 社説 2021年1月9日

https://www.asahi.com/articles/DA3S14757182.html?iref=pc_rensai_long_16_article

歴史の加害側である日本でも、当時の安倍首相が謙虚な態度を見せないことなどが韓国側を硬化させる一因となった。

今回の訴訟は合意の翌年に起こされた。合意の意義を原告らに丁寧に説明していれば訴訟が避けられたかもしれない。

徴用工問題をめぐる18年の判決と、それに続く日本の事実上の報復措置により、互いの隣国感情は悪化している。今回の判決はさらに加速させる恐れがあり、憂慮にたえない。

最悪の事態を避けるためにも韓国政府はまず、慰安婦合意を冷静に評価し直し、今回の訴訟の原告でもある元慰安婦らとの対話を進めるべきだ。日本側も韓国側を無用に刺激しない配慮をする必要がある。

日本側も韓国側を無用に刺激しない配慮をする必要がある。

 つまり朝日は、日本は「安倍首相が謙虚な態度を見せないことなどが韓国側を硬化させる一因となった」 「合意の意義を原告らに丁寧に説明していれば訴訟が避けられたかもしれない」と我が日本をも批判し、 韓国側に「配慮」しろと主張しているのです。  相手も悪いが、こちらも悪いという論理ですねえ。

 慰安婦裁判はどう考えても、国際法や政府間合意に反した韓国側が悪いとしか言いようがありません。 「請求権に関する問題が‥‥完全かつ最終的に解決された」 「慰安婦問題が『最終的かつ不可逆的に』解決」と明記して結んだ約束を、韓国側が後になって「まだ解決していない」と破ったのですから。

 日本側にも悪いところがあるとする朝日の主張は、奇妙としか言いようがありませんねえ。

 参考までに毎日新聞の社説のうち、日本について触れている部分を引用します。

毎日 社説 2021年1月9日

https://mainichi.jp/articles/20210109/ddm/005/070/069000c

判決が、慰安婦問題での日本の取り組みを無視していることも見過ごせない。

日本は、国家としての責任を認めて謝罪してきた。1990年代に始まったアジア女性基金の事業では、歴代首相からの「おわびの手紙」が元慰安婦に手渡されてもいる。

2015年には最終的な解決を図るための日韓合意が結ばれた。元慰安婦の救済を優先させるために両国が歩み寄った成果だった。国家間の明確な合意を、内政事情で一方的にないがしろにすることは許されない。

 毎日はこのように、これまでの日本側の取り組みを評価しています。 朝日のようにわが日本も悪いとする考えは、出していません。

 他の新聞の社説をインターネット版で読んでみましたが、日本側を批判するものはないようです。 やはり朝日の社説が特異というか奇妙さが際立ちますね。

【拙稿参照―慰安婦合意以降】

 慰安婦合意の検証   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/12/31/8758841

 韓国政府の慰安婦合意に対する方針 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/01/10/8766575

 慰安婦問題の日韓合意は混乱を呼ぶか http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/01/02/7968787

【慰安婦合意以前の拙稿】

 やはり韓国政府には当事者能力がない―慰安婦問題 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/11/13/7906094

 慰安婦問題―韓国政府には当事者能力がない http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/03/09/7586932

 朝日の反「アジア女性基金」キャンペーン  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/12/28/7525901

在日総合誌『抗路』に出てくる「北鮮」2021/01/16

『抗路7』106頁

 コロナのためにちょっと外出が難しくなったというか、億劫になっていました。 先日久しぶりに遠出して本屋に立ち寄り、在日総合誌の『抗路7』(2020年7月)を購入。 在日の雑誌でまとまったもので書店に売っているものは、昔は『青丘』や『ほるもん文化』なんかがありましたが、今はこれだけですねえ。 

 これを読んでいて一番驚いたのは、凛七星の短歌があるのですが、そのなかに「北鮮」が出ていたことです。 「凛」はペンネームでないなら、本当に珍しい稀姓ですね。 106頁にあるこの短歌は、次の通りです。

韓国でも北鮮でもなく吾は朝鮮人で過去の残骸

 念のためにそのページをスキャンして掲載しました↑。 「北鮮」部分には赤の横線を引きました。 

 かつて、「北鮮」「南鮮」「鮮人」など朝鮮の略称として「鮮」を使うことは民族差別だとして厳しく指弾されました。 民族差別と闘う団体らは、この差別語を使った新聞社や出版社、放送局等々に対して、厳しい糾弾闘争が行なったものでした。 こんな歴史を知る私としては、在日の雑誌に「北鮮」が出てきたことに驚いたのです。

 時代が変わって「北鮮」はもはや差別語でなくなったのか、あるいは韓国・朝鮮人なら「北鮮」を使って構わないと考えるようになったのか、それとも雑誌『抗路』の編集者が能天気だったのか。 そのあたりの事情は分かりません。

 今回は短歌で出てきた「北鮮」です。 ところで40年ほど前に「北鮮」を使ったとして糾弾された短歌がありますので、紹介します。 

朝日歌壇1982年10月31日

崔青学という名で届く北鮮に 帰化せし姉のふみ懐かしむ  (東久留米 小島範浩)

朝日歌壇1982年11月28日

国敗れ北鮮に奉仕の稲刈りに 出されし白飯のうまかりしかな  (長崎 高岡李子)

 「在日韓国・朝鮮人生徒の教育を考える会」という団体が、これを掲載した朝日新聞に「『北鮮』なる用語は‥‥日本帝国主義の朝鮮に対する植民地支配の下で意図的につくりあげられた差別語」「このようなことばを平然として使用して恥じない現実の背後には、植民地支配とひきつづく民族差別に対する無自覚と無責任が蟠踞」だとして厳しく抗議しました。

 朝日は「北鮮」という言葉を使ったことが間違いだったとして、この短歌を削除しました。 こんな事件があったのが40年ほど前。 そして今は在日の雑誌に「北鮮」を使った短歌が掲載されているのです。

【拙稿参照】

第24題「差別語」考      http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuuyondai

在中韓国人は「新鮮族」     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/06/07/3565930

朝日の<おことわり>の間違い  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/29/1827082