李青若『在日韓国人三世の胸のうち』(1)―強制連行2022/11/30

 本棚を整理していたら、『在日韓国人三世の胸のうち』(李青若著 草思社 1997年1月)が出てきて、そう言えば昔こんな本を読んだなあと懐かしく思い、二十数年ぶりに読み直しました。

 当時の在日韓国・朝鮮人は、強制連行で来日した朝鮮人およびその子孫で、日本のさまざまな厳しい差別に呻吟している人たちというイメージが強い時代でした。 特に学校の先生には在日問題に熱心な人が多く、授業で強制連行の歴史や民族差別などを生徒に教えることも少なくありませんでした。

 そんな時代にあって、ある在日韓国人が自分の家族史や同じ在日との付き合いを通して、強制連行や民族差別などのイメージに対して大きな違和感を抱いたことを正直に語ったのが李さんの『在日韓国人三世の胸のうち』という本でした。 私は「そうだそうだ、その通りだ!」と膝を打ちながら読んだものでした。

 しかし世間では在日に対するイメージが上述のように日本帝国主義の被害者だとするものばかりで、李さんの本はそれとかけ離れていたせいか大きな話題にはならなかったという記憶があります。 そんな本を久しぶりに読み直したというわけです。

 著者の李さんは1965年生まれで、父親は一世、母親は二世。 この本を出したのが1997年ですから、本の内容は彼女が1980~90年代に体験して得た知識が中心になります。 まずは当時の日本で定着していた「強制連行説」です。

私が在日韓国人だというと、多くの人は私のことを、無理矢理日本に連れてこられた韓国人の孫だと思うようでした。 私が、祖父たちは仕事をしにやって来て、そのまま日本に留まったんですというと、相手の人はとても驚くのです。

こんなにも在日のことが報道され、その存在が知られているのに、在日はどのような歴史的背景を持っているのか、どのような事情で日本に渡ってきたのか、どうして日本で暮らし続けているのかといった、基本的なことが分かっていない人が多いのは不思議な気がしました。(以上10頁)

 1990年代までは「強制連行説」が幅を利かせていましたから、在日が目の前に現れたら「あなたも強制連行された朝鮮人の子孫で、日本社会から厳しい差別を受けて本名を名乗りたくも名乗ることができず、指紋押捺を強制されて犯罪者扱いされるなど、塗炭の苦しみを味わっている、可哀そうな人なのだ」というステレオタイプで見る人が多く、そのイメージをそのまま当の在日に語りかけていたのです。

 そんな時代でしたから、李青若さんは自分が在日韓国人だと名乗ると相手から「無理矢理日本に連れてこられた人」と反応されたというのは、当時としては珍しくありませんでした。

 李さんは、家族が来日した経緯について聞き書きしています。 まずは李さん母方の祖父である在厳ハㇽベ(ハㇽベは「おじいさん」という意味の方言)の話です。

在厳ハㇽベは1930年頃、たった一人で韓国の田舎から日本へ出稼ぎにやって来た。 もともとは小作農で畑を耕していたのだが、日本で働いた方が稼ぎがいいと考えたのだろう。‥‥祖父はつてを頼って仕事を見つけると、ヒョイと日本に渡ってきた (36頁)

在厳ハㇽベはというと、しばらくは工場で働いていた。 何の工場か分からないが、旋盤を使っていたと聞いたことがあるから、機械か部品を作る工場の労働者だったのだろう。‥‥何度か職を変えたそうだが、やがて屑鉄屋をするようになった。(37頁)

いろいろ苦労はあっただろうが、それでも働けば働いた分だけ見返りはあったそうだ。 そのうち最低限の生活基盤もでき、家族を本国から呼び寄せた。 妻と子供二人が渡日し、それから祖父母は五人の子供をもうけた。(37頁)

 李さんの母方家族は、このようにして日本での生活が始まりました。 男性が日本で生活基盤を築きそこに家族を呼び寄せる、これは当時の在日朝鮮人の普通によくあるパターンですね。 李さんの母親はこのハㇽベのもとで生まれた二世です。

 次に李さんの父親です。 祖父の成泰ハㇽベが先に日本で働いていて、その元に家族が呼び寄せられて来日します。 

1955年(昭和30)、父は17歳の時に成泰ハㇽベを頼って日本に渡ってきた。 息子にきちんとした教育を受けさせたいからこちらに寄越すようにという手紙が、順伊ハㇽメ(「おばあさん」の方言)宛に届いたのだ。(52~53頁)

 以上のように父方の祖父もまず最初に渡日して働いて生活基盤を築き、そこに故郷から家族を呼び寄せています。 父親は17歳まで韓国で過ごしていますから一世で、しかも戦後の来日です。

 私も1980年代に20人以上の在日一世から聞き書きしましたが、同じような話でした。 男性の場合、日本語ができなくても一生懸命に働いてお金を貯め、生活できるようになってから朝鮮の故郷に里帰りしてお見合い結婚し、新妻を日本に連れて帰ってきたというような話であり、女性はそんな男性の下に嫁に来たというような話です。 自らの意志に反して無理矢理連れてこられたという「強制連行」という話は全くありませんでした。(下記【拙稿参照】)

 李さんも  

以前、在日は強制連行によって日本に来た朝鮮人とその子孫だと書いてある本を読んで驚いた。 少なくとも私の周囲には、仕事をしに渡ってきたか、朝鮮戦争を逃れてきた人しかいない。(36頁)

と書いています。 

 私は20年ほど前に、HPで「『強制連行』考」を発表しました。 昔に書いたものですから、間違いがあります。 汗顔の至りです。

【拙稿参照】

「強制連行」考     http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiyonjuuhachidai

「朝鮮人は朝鮮に帰れ」考  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuunanadai

伊地知紀子『消されたマッコリ』(4)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/21/7956212

コメント

_ 海苔訓六 ― 2022/11/30 08:57

記事末で紹介されている『強制連行』考をざっと読みましたが、勉強不足で『どこが間違っているのか?』分かりませんでした。
ただ感心したのは
評論を発表したら世間から『お前はカワイソーな被害者に対してなんてことを書くんだ!』とか批判されて、怯まずに補足で『間違ったことは書いていない。批判している人たちの方が在日朝鮮人の来歴や実態について勉強不足で誤解している』と反論していたことでした。
今だったら『当たり前』のことでも当時の世相で主張するのは勇気が要っただろうと。
比較する例えがおかしいかもしれませんが天動説が幅を利かせていた時代に『地球が回っている』と主張したガリレオとか
冷戦真っ只中で社会党や共産党が力をもっており、北朝鮮も拉致を認めていなかった時代に『北朝鮮は日本に侵入して日本人を拉致している!』と主張して右翼のキチガイ学者扱いされた国際政治学者の桃井真先生(桃井かおりさんのお父様)と似ていると感じました。

_ 辻本 ― 2022/11/30 14:17

>『強制連行』考をざっと読みましたが、勉強不足で『どこが間違っているのか?』分かりませんでした

 これは以下の部分です。

>私は戦後来日した韓国人牧師から、その時は子どもだったが自分の目の前で畑に出ている人を無理やりトラックにのせて連れて行った、という話をしてくれた。 「強制連行」という具体的事実があったことは確かである 。しかし朝鮮という植民地における日本帝国主義に人民支配は、朝鮮戸籍や各警察の動向把握でほぼ完璧と言ってよいものだ。 むやみやたらに、しかも氏素性の分からぬ人間を徴発することは到底できない。 在日朝鮮人問題のパンフで「畑にいる人や道行く人を手当たり次第に連れて行ったのです」というような文章をよく見かけるが、それは全くの眉唾と考えてよい。 リストアップされた男性が「徴用逃れ」で逃亡し、官憲が彼を追いかけた、というのが真相のように思う。

 この韓国人牧師さんの話について、拙論 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/11/16/9317033
において、次のように訂正しました。

>牧師さんからこの話を聞いたとき、当初はやはり強制連行は本当だと思ったのですが、どうも変なのです。 牧師さんの年齢からすると太平洋戦争中ならごく幼い時期ですから、そんなに鮮明に記憶しているものなのか、という疑問です。 それに当時の歴史では、朝鮮は植民地化されていたとはいえ治安は比較的よかったとあります。 もし民間人を軍隊が強制連行することはあり得るとしたら一体どういう状況だったのか、という疑問が湧きました。 

>韓国の歴史を調べると、朝鮮戦争中に朝鮮人民軍が攻め込んだ際、その占領地では地主・資本家・反動などと目された者を連れ出し、人民裁判にかけたとあります。 改めて牧師さんのことを調べると、この方の住所は朝鮮戦争では朝鮮人民軍の占領地に当たる地域で、年齢からすると小学生であり、そしてその方はこの戦争後に来日したことが分かってきました。

>とすると彼が見たという「強制連行の記憶」は日本の戦時中ではなく、その数年後の朝鮮戦争中の出来事ではないか、だから強制連行したのは朝鮮人民軍ではないか、という推定ができます。 目の前で強制連行されたのはおそらく事実でしょうが、それが日本の強制連行の歴史の資料と断定するには躊躇せねばならず、北朝鮮による強制連行の可能性があるとすべきところです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック