日韓学生討論会―変わらぬ日本人と変わっていく韓国人2021/11/06

 韓国の『週刊朝鮮2679号』(2021年10月18日~)最後の154頁にチョン・ジャンヨル編集長による編集後記があります。 そのなかにソウル大学が主催した日韓学生討論会で次のようなやり取りがあったと書いています。 ちょっと興味深かったので訳してみました。

去る9月にソウル大学東アジア文化研究所が主催した「韓・日大学生の虚心坦懐」という討論会について、ソウル大学東洋史学科パク・フン教授が感想コメントをペースブックに載せたものを興味深く見ました。 討論会に出席した韓国の大学生たちと日本の大学生たちとの認識差が印象深かったようです。

討論会で、日本の学生たちは相変わらずの植民地時代の加害者・被害者の論理により、韓国にどのように心からの謝罪をせねばならないのかの話をしましたが、驚くことはこのような発言に対する韓国の学生たちの反応だったといいます。

韓国の学生たちは、加害者・被害者の論理にだけ集中すれば人類史の悲劇だった植民地主義と帝国主義に対する理解が不足することにもなる、日本も植民地主義の被害者でなかったのかと「鷹揚な」主張を繰り広げたというのです。  特に日本の学生たちが、韓国に対する謝罪することなく、ひたすらBTSを追いかける日本の「分別のない」若者たちを批判するや、韓国の学生たちは「そんな大衆文化の消費者たちにまで歴史意識を強要する必要があるのか」と反駁したというのです。

ちょっと見れば、韓国の学生たちの歴史意識が浅いのではないかという批判を加えることが出来るが、わが若者たちの考えがそんな批判を受けるだけの水準を通り越しているというのが私とパク・フンの判断です。

「葉銭(一文銭のことで、韓国人が自分たちを自虐する時に使う)」とか言っていた劣等感と被害者意識、“井の中の蛙”式の民族主義に陥っていた祖父や父の世代に比べて、このごろの若者たちははるかに視野が広く、成熟しているように見えます。 これはやはり、名実ともに先進国の豊かさと自負心なかで、のびのびと育ってきたおかげではないかと思います。

 日本人学生たちが「相変わらず植民地時代の加害者・被害者の論理により、韓国にどのように心からの謝罪をせねばならないのかの話をしました」とあるのは、へー!とビックリ。 この日本の学生たちは、どうも私の知っている範囲の学生とは大きく違っています。 周囲の若い学生たちは顔も見たことのない曾祖父世代が犯したという加害に、なぜ曾孫世代である自分たちが謝罪せねばならないのか、という疑問を強く有していました。 

 また日本人学生が「韓国に対する謝罪することなく、ひたすらBTSを追いかける日本の『分別のない』若者たちを批判」と韓流ファンを卑下したところにも、かなりの違和感を持ちました。 韓国文化を楽しむのに謝罪から始めねばならないと主張するこの日本の学生さん、日本人であるがゆえに韓国に対して世代を越えて永遠に謝罪せねばならないと考えているようです。

 ですから私はこの日本人学生の「謝罪せねばならない」発言に、一般の学生の認識とはかなり違うのではないかという違和感を持ちました。

 チョン編集長は「여전히」としましたが、これは「如前」という漢字語で「前と同じ」「相変わらず」という意味です。 「加害・被害」「謝罪」は日本で昔に韓国・朝鮮に対して有すべき認識とされた風潮があって、今でもそう主張をする日本人はかなり古いタイプに属すると考えられます。 そういう認識を日本の若い学生が語ったことに、編集長は驚いたというか、むしろ新鮮に感じたのかも知れません。

 この日本人学生の発言に対し、韓国人学生が「加害者・被害者の論理にばかり集中すれば人類史の悲劇だった植民地主義と帝国主義に対する理解が不足することにもなる」 「大衆文化の消費者たちにまで歴史意識を強要する必要があるのか」と反論したとあります。 これにはビックリしました。 こんなことは以前の韓国では、日本人を前にして公然と聞くことがあり得なかった発言です。 しかし今や加害・被害にこだわっていてはいけない、と発言する韓国の若者が現れているということです。

 日本人学生の発言は残念ですが、韓国人学生の発言は韓国社会全体に広がっていってほしいですね。

【拙稿参照】

韓国人の対日感情           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/12/8317218

韓国人のアンビバレントな感情   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/10/01/8690297

韓国の反日感情はいつ形成された? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/10/08/8698008

世界で唯一日本を見下す韓国人   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/06/8216253

日本を見下す韓国(2)         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/12/22/8285733

糾弾する朝鮮人と反論できない日本人 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuuhachidai

「嫌韓」は植民地の歴史を引きずる―福島みのり2021/11/11

 毎日新聞の11月5、6日付けに「韓流ブームと『嫌韓』」と題する記事があります。 金志尚記者が常葉大学の福島みのり准教授からの話を引用しながら、「韓流」と「嫌韓」を考察しています。  https://mainichi.jp/articles/20211105/ddm/013/040/014000c  https://mainichi.jp/articles/20211106/ddm/013/040/026000c   有料記事ですから、関心のある方は図書館で閲覧してください。

 読んでみて、植民地支配の歴史に関する福島准教授の意見に違和感をもつ部分がありました。

韓国に留学したいと言うと、お父さんやおじいちゃんに反対された――そんな話を学生からよく聞くというのだ。

年配の男性はやはり、過去の日本による植民地支配に基づき、韓国を見下す意識を内面化している部分があると思います。 一方、韓国は(自国経済が大打撃を受けた1990年代後半の)アジア通貨危機を経て特に00年代以降、文化産業やIT産業の育成を通じて国力を高めていきました。 結果として今のような韓流人気にもつながっています。 国際的な地位が上昇した韓国との間である種の“逆転現象”が起きる中で、気に入らないというか、認めたくないという思いを、特に年配の男性は抱いているのではないかと思います。

 福島准教授は「年配の男性はやはり、過去の日本による植民地支配に基づき、韓国を見下す意識を内面化している」というのに、ちょっとビックリ。 75年以上前の植民地時代朝鮮を記憶している年配の方は相当に高齢ですから、ほんのわずかでしょう。 そして日本が植民地支配したのは朝鮮でだけでなく台湾、南洋諸島、満州等々多数ありますが、そのうちの朝鮮だけを取り上げて「植民地支配に基づき、見下す意識」があるとするのは疑問です。

 なお准教授が言うように、ここ2.30年の間に韓国が発展したことを認めたくない年配の男性が多いのは事実ですね。 ネットのコメント投稿でも「韓国と国交断絶しても日本は困らない」なんていうのが見かけられますが、昔の弱小国時代の韓国を未だ忘れられないようです。 いつまでも弱小国でいてほしいという願望が根強い、としか言いようがありませんね。 しかしだからと言って、子や孫の韓国留学に反対するものだろうか?という疑問が湧きます。

 韓国留学に反対するのは、歴史の勉強不足やかつての日韓関係の記憶からではなく、今の韓国での反日運動があるからでしょう。 旭日旗や「日本海」名称への反対、竹島の帰属問題、ユニクロやビール、自動車等の日本製品の不買運動等々が連日のように報道され、また韓国旅行をしていた若い日本女性に向かって「チョッパリ(日本人に対する蔑称)」と叫びながら暴行した韓国人男性も報道されました。 このように韓国では反日運動が盛んだというニュースがしょっちゅう流れてきていますから、子や孫が留学するのに不安となるのは理解できると思うのですが‥‥。

K―POPをはじめ韓国のポップカルチャーは若者らの圧倒的な支持を集めている。だが、その「反動」が、嫌韓的な空気を生むこともある。

若い人たちは、自分は過去の歴史とは無関係だと思っています。 だからアイドルを通じて突然そういうものに遭遇すると、ショックを受けてしまうのです。 これには、『政治から距離を置くべきだ』という日本社会の風潮と、日本が朝鮮半島を植民地支配していた歴史をきちんと学んでいないことも影響していると思います。

 この最後にある「『政治から距離を置くべきだ』という日本社会の風潮と、日本が朝鮮半島を植民地支配していた歴史をきちんと学んでいないことも影響している」という部分に、疑問を感じます。

 K-POPなどの韓国文化を楽しむのに、「政治から距離を置く」のは当然でしょう。 また「歴史を学ぶ」なんて、やりたい人がやればいいのであって、K-POPを見る人に押し付けるような物の言い方はいかがなものかと思います。

 どこの国でもそうだと思いますが、外国文化を楽しむ人すべてに政治や歴史の勉強を要求するのはいかがなものでしょうか。 政治・歴史に関心のある人も関心のない人も、外国文化は一緒に楽しむものだと思うのですがねえ。 

 ところで日本の嫌韓派の人たちは、韓国文化・韓国語には関心がありませんねえ。 彼らは韓国の政治・歴史に対して大きな関心を持っているのですが、かなり偏っている知識で、しかも相手方を「ウソの歴史だ!」などと批判・誹謗するだけです。 これは日本人が同じ日本人に向かって日本語で吼えて溜飲を下げているに過ぎず、仲間同士集まった酒席の与太話のレベルです。 韓国に関心があるのですから、最低限、韓国語ぐらいは勉強して、さらにはK-POPを楽しんでほしいですね。

【拙稿参照】

「歴史」を学ぶことの疑問  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuurokudai

同和の闇に切り込めなかったのか―関電金品受領事件2021/11/18

 原発が林立する福井県を舞台に、関西電力の役員らが多額の金品を受領し、不正な便宜供与を図ったという疑惑の事件で、先週(11月9日)検察特捜部は不起訴処分を出しました。   https://news.yahoo.co.jp/articles/a4a7217b871b5f4d5e818c7eb155eed85bb8c765

 この事件は同和の闇が垂れ込めるものでしたが、報道はすべて「同和」のことには言及しませんでしたねえ。 「同和」がマスコミではいまだタブー視されているようです。

 この事件の一方の主役が森山栄治という人で、彼が解放運動を足掛かりに関電という巨大企業と高浜町等の行政とを籠絡し、多額の金品を渡しながら莫大な利益を上げたという事件でした。 拙ブログでは2年前に取り上げたことがあります。   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/12/18/9190648

 森山はすでに故人なので責任を問われず、金品を受領した関電が検察の捜査対象となっていたのですが、結局、刑事責任は問えないとして不起訴になったのでした。

 ところで普段正義の味方のように振る舞うマスコミが今回の件で「同和」には全く言及しないところに、「同和の闇」の根深さを感じます。 少なくともこの関電金品受領事件には「同和の闇」があることを、多くの人に知ってほしいと考えます。

 先の熱海土石流災害でも「同和の闇」が見え隠れします。

 日本にはこのような「闇」があります。 わが日本は住みよい素晴らしい国だとは決して言えない現実があることに、国民はもっと知ってほしいですね。 

【拙稿参照】

解放運動の闇専従-森山栄治  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/12/18/9190648

熱海土石流災害に強制捜査―同和の闇に迫れるか http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2021/10/30/9436105

熱海土石流―「同和」の体質と恐怖 https://tsujimoto.asablo.jp/blog/2021/07/26/9401762

同和企業の思い出 ―熱海土石流災害を見て http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2021/07/11/9396847

差別の自作自演事件       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2021/06/06/9385057

全斗煥 元大統領 死去2021/11/23

今日、全斗煥元大統領が死去したというニュースが流れました。

 全斗煥大統領は今の韓国では余りに人気がなく、ほとんど最悪の大統領のように評されています。

 しかし全大統領が就任していた1980年代の韓国は、前の朴正煕大統領の経済政策を受け継いで、経済的には大きな発展を遂げた時代です。

 そしてまたオリンピックを誘致し、準備しました。  ソウルオリンピックは、それまでのモスクワとロスアンゼルスの二回の大会が東西冷戦下により半分しか参加しないというものになったことに対し、世界が参加する大会となりました。(不参加は北朝鮮とかキューバなど、ごくわずか)

 これは大成功といっていいものです。   全大統領はオリンピック開会式にはもう大統領ではなくなって出席しませんでしたが、オリンピックをやり遂げたのは全大統領の功績だと言っていいものです。

 こういったことを考えると、もっと高く評価していいと思うのですが、民主化運動への激しい弾圧等々で、韓国では評判悪いですねえ。

 全斗煥大統領に関して、拙ブログでは下記がありますので、笑読いただければ幸い。

【拙稿参照】

全斗煥政権がオリンピックを誘致し成功に導いた http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/02/08/8784411

全斗煥の功績     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/02/13/8787078