ラムザイヤーの部落論(3)―解同の不祥事はいっぱい2022/01/05

さらに悪いことに多額のお金は、「ヤクザ」と通称される犯罪組織を引き付けた。 犯罪組織に属する部落民は、部落民による市民団体を標榜する部落解放同盟(BLL)で主要な役職に就いた。 そこで、彼らは政策を主導し、行政当局を脅迫し、同和事業に反対する者の口を封じ、そして同和事業を彼らの私的財産に流用した。

 ここに書かれていることは、1970年~2000年代初めまでの30数年間の解放運動の実際の姿です。 つまり「同和問題の解決は国民みんなの課題」とか訴えていた解放運動の裏側では、このような実態がありました。 

 「犯罪組織に属する部落民は、部落民による市民団体を標榜する部落解放同盟(BLL)で主要な役職に就いた」とあるのは、今では信じられない人がいるかも知れません。 何しろ解放同盟は「人権団体」を自称し、また国や自治体からも認められてきたのですから。

 解同幹部に暴力団関係者が多く就任していました。 一番有名な人物は、解放同盟大阪府連飛鳥支部長の小西邦彦ですね。 暗殺された四代目山口組組長の愛人宅マンションの名義人として知られています。 このマンションが暗殺の舞台だったのです。 また飛鳥支部の建物は、山口組と中野会の抗争時に銃弾が撃ち込まれました。 小西は「飛鳥会事件」で逮捕され、控訴審中に死亡しました。 事件名を検索すれば出てくると思います。

 ところで1990年代に、解同幹部のうちの誰がヤクザなのか、その名簿が回っていたことを記憶しています。 かなりの数でしたね。

 ヤクザの悪事は当然のことながら、かなりなものです。 ところが、そのヤクザにもなれなかったようなチンピラというか、どうしようもない人物も解同幹部にいました。 典型例が解放同盟奈良県連古市支部長の中川昌史です。 「ポルシェ中川事件」で検索すれば出てくると思います。 ヤクザにもなれなかった悪人がどのような悪事を働いたか、上記の小西と比べると、よく分かりますよ。

 ラムザイヤー論文では解同の不祥事として、上記の「飛鳥会事件」や「ポルシェ中川事件」以外に、浅田満の「ハンナン事件」、入札不正で摘発された「大阪府同和建設協会談合事件」、134億円の公金が闇に消えた「芦原病院」事件、丸尾勇の「八尾市入札妨害恐喝事件」、覚せい剤等で逮捕者が続出した「京都市環境局不祥事事件」を挙げています。 論文では事件の概要を簡単に触れているだけですが、関心のある方はそれぞれの事件名を検索すれば、もっと詳しく分かると思います。

 なおハンナン事件で逮捕された浅田満は、保釈金20億円でした。 これは今なお破られていない史上最高額の保釈金です。 これも検索してみれば分かると思います。 浅田はこのことでも超有名人ですね。 ちなみに日産のカルロス・ゴーンの保釈金は15億円でしたから、浅田の20億がどれほどのものであるか、想像できるでしょう。 

 入札妨害恐喝事件で逮捕された丸尾勇は大阪の八尾市を中心とする工事に介入して、土建会社から多額の上納金を納めさせていました。 私の知り合いは大手ゼネコンの営業をやっていて、この八尾で21億円の工事を請け負いました。 そしてこの丸尾に6千5百万円を地域協力金として支払ったのです。 この時ばかりは問題になって新聞に報道されました。 知り合いに聞くと、八尾ではそれがルールのようになっていて、それに従って丸尾にお金を払っただけ、もし払わなかったら酷い目にあう、だからこちらは何も悪いことをしたとは思っていない、と言っていましたねえ。 

 解同の不祥事はそれ以外に、マスコミ報道されたもので私の記憶しているところでは、26億円が闇に消えた高知の「モード・アバンセ事件」、土地転売で17億円を不正に儲けた「北九州土地転がし事件」があります。 これも検索すれば出てくると思います。

 以上の解同不祥事はマスコミに報道されたことのある代表例で、その他にも報道されなかったような事件は、各地で多数起きていました。 調べればいっぱい出てきますから、関心ある方はお調べください。

【拙稿参照】

ラムザイヤー教授の部落論(1)―同和対策事業 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2021/12/26/9450880

ラムザイヤー教授の部落論(2)―同和事業の裏では http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2021/12/31/9452108

飛鳥会事件―「心から謝罪」は本当か? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/02/24/1206080

これが「真摯に反省」?       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/05/27/382079

闇に消えた公金―芦原病院・同和行政   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/04/29/346418

【ラムザイヤー教授論文】

https://jigensha.info/2021/10/16/ramseyer2018-1/

https://jigensha.info/2021/10/23/ramseyer2018-2/

https://jigensha.info/2021/10/30/ramseyer2018-3/

https://jigensha.info/2021/11/06/ramseyer2018-4/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック