韓国女性の美容整形と化粧2019/01/03

 エジプト出身のタレントであるフィフィが、韓国に行ったら「あなたの顔は整形した方がいいよってアドバイスされた」と言われて、「韓国は悲しい、乏しい社会だ」と綴ったことが話題になっているようです。

タレントのフィフィが、韓国で顔の美容整形を勧められたことを明かし、「悲しい」と思いをつづった。    フィフィは1日、ツイッターを更新。「韓国の人は皆んなではないだろうけど」と前置きした上で、「哀れむぐらい顔面コンプレックスや人種コンプレックスがすごいと思う」と私見を述べた。    「私も韓国であなたの顔は整形した方がいいよってアドバイスされたし、この国は容姿が全てだからと説明された」と自身の経験をつづり、「悲しい、乏しい社会だ」と悲嘆。「少なくとも日本はそんなこと人に言う国ではなくて良かった」とつづった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15818349/

 彼女は幼児の時に来日し、そのまま日本で育っていますから、日本的な感性を有しているようです。 だから他人から美容整形を勧められるとビックリしたものと思われます。しかし韓国では他人に(特に女性に)美容整形を勧めるのはごく自然なことです。 女性の容姿端麗を至上価値とする韓国では、美容整形は当たり前のようにされているのです。

 日本には韓国から韓国語講師がたくさんやってきて、なかには何年も滞在する人も多く、そうした人たちの授業で韓国の美容整形の話を聞いたことがあります。

 娘が高校を卒業するころに、親が美容整形を「プレゼント」するのは普通だそうで、そうしたら母娘の顔付きが違ってしまい親子でなくなるみたいだからと母娘のダブルで美容整形した人もいるという話もありました。

 次の実話には驚きました。 結婚するにはやはり本国の人とせねばならないと、ようやく婚約まで漕ぎつけた韓国人男性の母親に挨拶に行った時のこと。 母親は嫁になる自分に部厚い封筒を渡そうとします。 「お母さん、そんな気を使わなくていいです。 私たちの収入で十分にやっていけますから」と断ると、母親は「いや、今度嫁になる女だと親戚や近所に挨拶しに行かねばならない。 そんな顔では挨拶する時に恥ずかしいから、整形に行って来い、その金だ」と言ったそうです。 ビックリして、結局はこんな親とはやっていけないからと破談にしたということでした。 彼女は日本に何年か住んでいるうちに、日本人の感性を身につけてしまったということでしょうか。

 儒教の教えに「身体髪膚これを父母に受く、あえて毀傷せざるは孝の始めなり」というのがあります。 美容整形はこの儒教の教えに反するのではないですか、韓国は儒教の国でしょう、なんて質問すると、論語に出てくる「女子と小人は養い難し」という孔子様の教えで反論されました。 だったら男性の美容整形は儒教に反すると思うのですが、そこまでは口にしませんでした。 なお韓国では男性の美容整形も結構あるようです。 盧武鉉大統領でしたか、在任中に美容整形で二重瞼にして、話題になりましたねえ。

 化粧でも日本と韓国では感性が違うようです。 韓国の特に若い女性は真っ赤の口紅を塗る人が多いです。 日本の観光地で真っ赤の口紅の女性を見かけると、大抵が韓国語を喋っていました。 また日本に留学してきた韓国人女学生は当初は真っ赤な口紅をしていても、一ヶ月もすると化粧が薄くなり、口紅も落ち着いた色になりますね。

 韓国旅行すると時々高校生の遠足か修学旅行に出会うことがあります。 全てではありませんが女子高生の多くが真っ赤な口紅をしているのを見かけます。 日本では高校生の化粧は禁止されているところがほとんどですが、韓国ではそうではないようです。 制服を来た女子高生が真っ赤な口紅をして歩き回っているのを見ると、やはり韓国だなあと、その違いに感心します。

 美容整形とお化粧、どちらが良い悪いというのではなく、お国柄の違いとして認め合うしかないところです。 フィフィのように「哀れむぐらい顔面コンプレックスや人種コンプレックスがすごい」とまで言うことはないと思うのですがねえ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/01/03/9020582/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。