日韓交流は相互理解に役立ってきたか?2017/12/13

朝日新聞1984年9月7日付

 これは朝日新聞1984年9月7日付の夕刊に載った「今日の問題」のコラムです。 33年も前のもので、日韓の「人の交流」「自由かつひんぱんな往来」の重要性を説いています。主要部分を抜書きしますと、

日本人の海外旅行客は昨年‥うち韓国を訪れた人は53万人弱。‥‥‥ 一方、韓国人の海外旅行者は‥その約4割の19万6千人が日本に来ている。

韓国のある大学教授が昨年11月(調査によると)、訪日後、対日印象が好転した、と答えた人が6割を超えたという。

日韓が本当に成熟したパートナーを目指すなら、国民レベルでの自由かつひんぱんな往来が一層重要になってくることは間違いない。この分野で両国がなすべきことはまだまだあるはずだ。

 33年前は訪韓日本人数53万人、訪日韓国人数19万6千人という数字です。 ちなみに今年の訪韓日本人数は200余万人、訪日韓国人数は600万人を超えると見込まれていますから、この30年余りの間に日韓の人的交流は大いに進んだと言えます。

 33年前の朝日の記事にあったような「国民レベルでの自由かつひんぱんな往来」は今や実現した段階に至ったと言っていいでしょう。 ここで考えねばならないのは、それにもかかわらず日韓の認識差、特に歴史認識差による対立・摩擦が鎮まらないことです。 一般的に外国との人的交流が活発化すれば、互いに相手の印象が好転して対立・摩擦が減少すると考えられてきましたが、日韓関係ではこの数十年の歩みの中でその図式が当てはまらなかった、と言えます。

 これからも対立・摩擦が続くのかどうか分かりません。 ただ一つ言えるのは、交流が活発になりさえすれば仲良くなれる、という単純な図式は必ずしも成立しないということです。

35年前における日韓の認識差(4)2017/12/08

 韓国のジャーナリストたちが書いたこの日本訪問記は、ソウル在住の日本人にどう受け止められたか。 朝日の小林記者は次のように報告しています。

ある金融関係者は「甘えが目立ちすぎる」と指摘した。 技術移転にしろ貿易逆調是正問題にしろ、日本側の説明は筋が通っている。 それを批判する側の、反論の根拠がはっきりしていない。 例えば、「米国に同じような要求」をつきつけ得るのかどうか。 日本だから、理不尽な言いがかりをつけている、という印象である。

ある商社員は「技術協力にしろ、現場の人たちは、日本企業が欧米系と比較し、いかに親切に仕事をしているか十分知っている。 今度の記者団は、そのへんの現実を知らずに日本批判をしている」といい、「戦後の日本は乏しい外貨を割いて、不完全な技術を買い、血のにじむような努力で開発をしてきた。韓国も同じ努力をしなければ真の発展はない」と主張した。

なかには「対日批判がなければ韓国の新聞は売れないからね」といった皮肉な見解もあった。

 真っ当というか常識的な反応と思うのですが、韓国人には受け入れられないでしょう。 それは、韓国人は日本との関係について特殊性を持っていると考えているからです。 小林記者は次のように論じます。

日韓間の認識の差は、相手の経済力の評価の違い、歴史的な過去などのさまざまな要素がからんでいる。 しかし、結論的に言えば、最大の“差”は‥‥日本が基本的には韓国を「地理的に近い隣国」としか考えていないのに対し、韓国側が「日本は韓国を特別な国として扱うのが当然だ」と認識している点にある。 だから日本の主張する競争原理や経済原則は韓国国民には説得力を持ち難い。 その認識の根底には、世代によって異なるが、日帝36年支配があり、防共とりで論がある。 もっとさかのぼれば、豊臣秀吉の朝鮮出兵があり、現在残っている問題では在日韓国人の法的地位の問題もある。 この特別な感情がときによっては排日感情へ爆発する。

 要するに日韓の認識差は、日本にとって韓国は数ある国家のうちの一つで、たまたま隣に位置している国であるという認識ですから、韓国に対しては他の外国と同様に対等な立場で協力せねばならないとなります。 一方韓国にとって日本は、古くは学問や文化を教えてあげたのに我が国を侵略し植民地化した忘恩背徳の国だ、そして現在は共産主義と対決している我が韓国は日本を守っているのだ(防共とりで論)、その特殊性を考えれば裕福な日本が貧乏で困っている韓国を助けるのが当たり前だ、となります。 他の外国と同じにするな、ということです。

 冒頭の小林記者の記事の題名が「韓国と日本―『貧しい武士』と『金持ちの商人』」となっているのは、ここから来ています。 極端な例えをすると、高潔で貧乏な上流階級の武士に、身分が低くても働いてお金儲けをした商人が土下座しつつすり寄って貢ぎ物を差し上げる姿を想像すればいいでしょう。 記者はそこまでは書いていませんが、韓国は日本との関係についてこうなってほしいと夢見ているのです。 

 この記事に出てくる日韓の認識差は35年も前の1980年代のことです。 国が違えば認識差が出てくるのは当然なのですが、日韓関係では韓国側が日本側の認識を改めさせて自分の方に引き寄せようとする力が強いです。 そして日本側は韓国側のこの認識を理解できないで当惑するのみですから、認識差が対立・摩擦となります。 この傾向は今でも根強く続いています。

 ところで今年は韓国から日本への旅行客が年間600万人を超えるだろうと言われています。 韓国国民の8人に一人の割合ですから、8年経てば韓国国民全員が日本旅行を体験する計算になります。 この流れが定着すれば、韓国が日本との認識差を容認する方向に行くかも知れません。 あるいは逆に相手を知る程に認識差が許せないとなるかも知れません。 今後どうなるか分かりませんが、日韓の認識差を互いに認め合って、対立・摩擦が減少していってほしいですね。

 なお『朝日ジャーナル』は天下に名立たる左翼・革新雑誌でしたが、小林記者のこの記事は日韓の認識差を比較的客観的に見ようとしています。 この記事を読み返してみて、35年後の今ならばこのように解説できるのではないかというのが、今回の拙論です。 

35年前における日韓の認識差(1)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/20/8731033

35年前における日韓の認識差(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/26/8734592

35年前における日韓の認識差(3)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/12/02/8738535

35年前における日韓の認識差(3)2017/12/02

韓国側- 両国の互恵発展のために技術移転や資本協力について日本政府がもう少し高次元の立場で介入すべきではないか。

日本側- よくご存知のように、日本は自由経済体制である。 したがって、民間に対して政府がああしろ、こうしろと言うことができないし、またそれが互いに役立つとは思えない。 技術移転問題も政府ベースで解決するよりも民間同士の商品ベースで解決するのがよかろう。 しかし、最近では韓国が大変発展し、日本を脅かすので注意せねばならないという雰囲気が強まっている。 「ブーメラン効果」を憂慮する人が多い。

 韓国側は日本政府の介入を要求しています。 これは韓国と日本のお国柄の違いでしょう。 韓国は大統領の一声で万事が解決する国です。 政治と経済とは対等ではなく、経済も政治に従属するという発想があると考えたらいいです。 従って日本側から「政府は民間に介入できない」と言われても納得がいかず、「なぜ首相が決断しないのか」という反応になります。

 「ブーメラン効果」というのは、韓国がそれだけの技術力を有してきたということが前提ですから、韓国を高く評価していることになります。 しかし韓国側は自国の技術の低さをアピールします。 小林記者は韓国他紙の次のような発言を報告しています。 「日本の技術水準は世界の最先端であり、われわれが追いつくことは思いもよらないことである」(『韓国日報』 朴仁淳経済部長)。 「日本が恐れる『ブーメラン効果』は虚構に過ぎない」(『中央日報』 崔禹錫編集局次長)。

   韓国側は自国の技術の低さを語ることによって日本との技術格差をアピールし、「ブーメラン効果」なんてとんでもない、だからこそ先進国の日本は韓国に技術を移転してほしいという要求につながります。 そこには日本は韓国を助けて当然だという認識があり、さらに上述したようにあわよくばタダで技術を手に入れたいという気持ちが現われています。 こうなると、日本に学んで自ら技術を開発していこうという発想がなかなか出てこないものです。

 これが当時の韓国でした。 現在の韓国からはちょっと想像がつきにくいかも知れません。

35年前における日韓の認識差(1)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/20/8731033

35年前における日韓の認識差(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/26/8734592

35年前における日韓の認識差(2)2017/11/26

 韓国の有力紙『中央日報』の記事の続きです。

韓国側- 日本は市場を必要以上に閉ざしている。‥‥経済大国の日本が、そんなみみっちいことをするのか?

日本側- よく日本市場は閉鎖的だということ聞くが、それは他の国が積極的に浸透しようとする努力を十分に重ねていないからだ。 もう少し、積極的に進出してくれることを期待する。‥‥

 日本市場の閉鎖性の問題ですが、ここで韓国側が日本を「みみっちい」と揶揄したところに注目されます。 おそらく原語は「쩨쩨하다」「인색하다」「구두쇠」で、いずれも「みみっちい」とか「けちくさい」の意味です。

 日本ではやや軽蔑的に使われますが、韓国では軽蔑どころかかなりの侮辱語になります。 だからこんなことを言われないように気前よく大盤振る舞いしましょうというのが韓国らしいやり方です。 つまりこれは日本に対して大盤振る舞いを要求した発言と考えていいものです。

韓国側- 韓国が競争力を高めようとすれば、先端技術などを導入しなければならないが、これについて日本は協力すべきではないか。

日本側- 技術というのは「ギブ・アンド・テーク」であり、一方的なものではない。 日本は対価を払って欧米から技術を学び、1年間に米国へ技術ロイヤリティを6億ドル以上も払っている。 ‥‥韓国へ技術を与えたくてもそう簡単にはいかない‥‥

 これを分かりやすく言うと、韓国は日本から技術をあわよくばタダで手に入れたいと言っているのに対し、日本側はそんなことは出来ないと答えたものです。この答えは当然のことです。

35年前における日韓の認識差(1)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/20/8731033

35年前における日韓の認識差(1)2017/11/20

 1980年代の日韓関係がどんなものだったのか、ちょっと関心があって、当時の雑誌などを読み返しています。 『朝日ジャーナル 1983年4月15日号』に朝日新聞ソウル支局の小林慶二記者が書いた「訪日ジャーナリスト報告に『相互認識の落差を見る』 韓国と日本―『貧しい武士』と『金持ちの商人』」と題する記事は、当時の日韓の認識差について割と簡潔に記されており、参考になりました。 主要部分を紹介します。

(1983年)2月末から3月初めにかけて、韓国の新聞、放送各社の経済部長らが約1週間、日本を訪問した。‥‥その「訪問記」は3月中旬、各紙に掲載され、多くの反響を呼んだ。「日本の警戒心は過剰」「(韓国の)期待と(日本の)反応に大きな差」などの見出しがつけられ、日本に対する批判、苦情が盛られたこれらの記事に対するソウル在住の日本人の反応は反発、当惑が半ばしたものだった。

 韓国側の「日本に対する批判、苦情」とは、対日貿易赤字と技術移転問題についての日本側の反応のことです。 35年前の日韓の間ではこれが問題となっていました。 小林記者はこの問題について、韓国側の質問に日本側が回答する形式で書かれた『中央日報』の記事を引用しています。

韓国側- 韓日間の貿易不均衡があまりにも深刻になっている。日本はこの是正のため誠意を示さねばならないのではないか。

日本側- ‥‥貿易不均衡は産業構造と関連した問題であるから短期間で解決されるものではない。根本的には韓国が産業競争力を高めるべきであり、長期的な観点から解決しなければならない。

 韓国は1960年代後半からいわゆる輸出主導型経済開発政策を進めてきました。 これは日本や米国から技術や資本を導入して韓国内で製造し、この製品を世界に輸出して経済を成長させるというものです。 これが大成功を収めて、韓国の経済は大きく発展しました。

 当時の韓国の産業構造をもう少し分かり易く言うと、日本から部品を輸入して韓国で組み立てて製品を作り、この製品を世界各国に売って儲けるというものです。 従って韓国が儲ければ儲けるほど日本からの輸入が増えることになりますから、日韓の貿易だけを取り上げると韓国側の一方的な赤字です。 つまり韓国の産業構造自体が日本に対しては赤字、世界に対しては黒字なわけです。

 しかし韓国側は、日本との貿易が赤字と聞いただけで搾取されているという発想になるようです。 そこで「韓日間の貿易不均衡は深刻」であるから日本に対しその是正に「誠意を示せ」と要求するのです。 

 それに対し日本側は、それは韓国の産業構造の問題であって日本がどうこう出来るものではない、赤字を減らしたければ韓国自身が努力して産業競争力をつけなさい、という常識的で当たり前の回答になります。

朝鮮語は容認されていた―愛国班 (2)2017/11/14

 これは水野直樹ほか編著『図録 植民地朝鮮に生きる』(岩波書店 2012年9月)の83頁に掲載されている、愛国班のチラシです。 全文ハングルで、漢字が全くありません。

 この本では日本語訳が添付してくれているので、内容はお分かりになるでしょう。 「⑧特に来年に徴兵制度に‥‥」とあるところから、このチラシが昭和18年(1943)であることが判明します。

 当時のハングルで、今韓国で使われているハングルとは少し違います。 分かち書きしていないし、個々の単語の綴りも違いがあります。今の韓国語を勉強している人には、ちょっと戸惑うかも知れませんねえ。

 植民地時代は朝鮮語が禁止されていたという俗説は、否定されねばなりません。

 公用語が日本語ですから、公用語を使う場所では日本語になり、朝鮮語を使わないということに過ぎません。 公用語を使う場所とは、書き言葉では公文書や契約など、話し言葉では学校や裁判、公的会議などです。 従ってそれ以外の日常会話で朝鮮語を使うことは、自由でした。

【拙稿参照】

 朝鮮語は容認されていた―愛国班  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724405

 日本統治下朝鮮における朝鮮語放送  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/06/8721782

 『現代韓国を学ぶ』(6)       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/11/6476173

 『図録 植民地朝鮮に生きる』   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

 朝鮮語を勉強していた大正天皇  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/09/24/6111974

 「朝鮮語は禁止された」というビックリ投稿  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/15/8324407

 学校で朝鮮語を禁止した理由  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327730

朝鮮語は容認されていた―愛国班2017/11/10

昭和18年8月1日付け「愛国班」第32号 編集発行人・森田芳夫

 この資料は、水野直樹ほか編著『図録 植民地朝鮮に生きる』(岩波書店 2012年9月)の81頁に掲載されている、「愛国班」の機関紙です。 昭和18年(1943)8月日1日付けですから、軍国主義の真っ最中です。

 愛国班とは昭和15年に結成された「国民総力朝鮮連盟」の末端組織で、日本内地で言えば「隣組」に相当するものです。 この愛国班では機関紙を発行していました。

 本文がすべてハングルばかりで、漢字がないことに注目されます。 これは当時の朝鮮人には教育の義務がなく、学校に行くか行かないかは自由でした。 ですから就学率は朝鮮人男子の場合5割程度、女子の場合1割程度でした。 学校では日本語教育が徹底されて、漢字も教えられますが、そうでなければ日本語が不自由になります。 朝鮮人の過半数は、特に女性の場合は大部分は日本語が不自由でした。

 愛国班は上述したように日本の隣組と同様の組織ですから、構成員の多くが日本語を読めません。 日常語である朝鮮語でなければ、書いたものが理解できなかったのです。

 朝鮮総督府(日本帝国主義)は朝鮮語を禁止するのではなく、朝鮮語で戦争政策を周知徹底しようとしたということです。

 「日本は言葉を奪った」という朝鮮史の解説が見られますが、誤りです。

日本統治下朝鮮における朝鮮語放送  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/06/8721782

日本統治下朝鮮における朝鮮語放送2017/11/06

朝日新聞外地版52 南鮮版 昭和18年2月11日付け

 これは1943年(昭和18)2月10日付けの『朝日新聞 南鮮版』に掲載された、ラジオの番組表です。 当時はテレビがない時代でしたから、ラジオは貴重な情報源です。 またラジオは高価でしたから、公共施設か或いは裕福な家庭にしかありませんでした。

 朝鮮は植民地支配されていましたので、公用語は宗主国の日本の言葉です。 ラジオ放送では日本語が主となりますが、なかに朝鮮語の番組が混じります。

朝の9時40分 「戦時家庭の時間(朝鮮語) 洪善杓」。  昼の2時半 「朗読(朝鮮語) 『密林の奇襲』 呉島進」。   夜の9時 「合唱(朝鮮語)『国語常用の歌』ほか、京城放送混成合唱団、総力回覧板(朝鮮語)青山鶴夫」。

 1日に3回の朝鮮語放送でした。

 当時は公用語の日本語が奨励されましたが、日常語の朝鮮語が禁止されたことはありません。 だからラジオ放送にも朝鮮語の番組があるわけです。 しかもこの資料は1943年(昭和18)ですから、軍国主義時代の真っ最中です。

 しかし‘日本は言葉を奪った’という言説が後を絶ちません。 間違った歴史がいつまでも続くのには、困ったものです。

【拙稿参照】

『現代韓国を学ぶ』(6)       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/11/6476173

『図録 植民地朝鮮に生きる』   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

朝鮮語を勉強していた大正天皇      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/09/24/6111974

「朝鮮語は禁止された」というビックリ投稿  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/15/8324407

学校で朝鮮語を禁止した理由  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327730

朝鮮人志願兵初の戦死者2017/11/02

朝日新聞外地版60南鮮版 1944年(昭和19)1月1んち付け

 この資料は1944年1月1日付けの朝日新聞南鮮版にある記事です。 忠清北道の知事が年初に当たって抱負を述べたものです。 クリックすれば拡大します。

 忠清北道出身の「李仁錫」が日本軍志願兵の初の戦死者となったことを誇りにして、道民の戦意が高いことを誇っています。 

 その部分を現代漢字、かな遣いに書き直すと、次の通りです。

李上等兵に続く    忠北道道知事 平松昌根氏     本道は志願兵初の戦死者李仁錫上等兵を出した誇りも高く、道民の敵米英に対する敵愾心の熾烈、皇民化の進捗は目覚ましきものあり。 学徒兵願の如きその応募率最も優秀で、検査の成績も5,6名の不合格者を出したに過ぎず、海軍志願兵の届出も盛んである。 こうした李仁錫上等兵の志を継ぐ道民の赤誠はあらゆる部面で現われ、‥‥

 朝鮮で志願兵制度が始まったのは1938年です。 この最初の戦死者となると、この年か翌39年でしょうから、創氏改名以前の話と思われます。 知事が「李仁錫」の戦死を数年経ってその名前で称揚しているのですから、旧日本軍において朝鮮人の民族名は何ら支障になっていなかったと言えるでしょう。

 1945年に内務省は軍隊における朝鮮人兵士について、「今日皇軍トシテ些ノ差別ナク渾然一体トナリテ軍務ニ精励シツツアリ」と評価しているように、民族名の朝鮮人兵士も差別なく取り扱われていたのでした。 その根拠としてこの資料を挙げることができるのではないかと思います。

 宮田節子は、日本は軍隊に「金」とか「李」とかの名前の朝鮮人がいるを嫌い、創氏改名で日本名に変えさせる政策をとったとしています。 この説は成り立たないと言うしかありません。

宮田節子の創氏改名論          http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/10/7487557

朝鮮人戦死者の表彰記事ー1944年  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/10/29/8716160

民族名で応召した朝鮮人         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/14/7491817

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (4)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/03/8441238

朝鮮人戦死者の表彰記事ー1944年2017/10/29

朝日新聞 外地版 60 南鮮版 昭和19年(1944)1月5日付け

 この資料は、『朝日新聞 外地版 60 南鮮版』の昭和19年(1944)1月5日付けにあるもので、第二次世界大戦における朝鮮人戦死者を表彰する記事です。 クリックすると拡大します。

 支那事変の戦死者の場合は創氏改名以前の可能性がありますが、大東亜戦争の方は1941年以降ですから創氏改名の施行以降のことです。 大東亜戦争の朝鮮人戦死者22人のうち6人が、日本名ではなく民族名です。 分かりやすいように赤線を引きました。 なおこれは昭和19年1月に表彰された記事ですので、朝鮮人戦死者の全てではありません。 お間違いのなきよう、お願いします。

 当時の漢字と表現の記事ですので、ちょっと読みにくいと思われます。 標題と前文だけを書き直しました。

余栄一入 輝く  朝鮮関係出身勇士

支那事変ならびに大東亜戦争死没者に対し、今般畏くもそれぞれ第53回、第13回の優渥なる行賞を賜う恩命を拝したが、赫々たる武励に余栄一入輝く朝鮮関係出身の勇士ら、つぎの通り

   「余栄」「一入」「優渥」は、今では使わない言葉ですね。

 ところで宮田節子は、創氏改名は朝鮮に徴兵制の準備の一環として日本軍から朝鮮名を排除しようとするものであったと論じています。 しかし実際に日本軍に入隊した朝鮮人には、創氏改名以降にも拘わらず朝鮮名を維持した者が多かったことが、この資料からも判明します。 しかも朝鮮名で戦死した朝鮮人をそのまま表彰しているのですから、日本軍と朝鮮名は何ら矛盾しない存在でした。

 宮田が「天皇の軍隊の中に、「金某、李某」が混入するのがたえがたいという思いが、にじみ出ている」(『創氏改名』明石書店 1992年1月 40頁)と論じたのは、誤りと言わざるを得ないでしょう。

【拙論参照】

宮田節子の創氏改名論          http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/10/7487557

民族名で応召した朝鮮人         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/14/7491817

民族名での人探し三行広告        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/09/24/7807103

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/28/8423913

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/30/8425667

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/01/8436928

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (4)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/03/8441238

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (5)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/05/8444253

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (6) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/07/8447420

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (7) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/09/8451992

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (8) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/11/8457633

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (9)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/14/8478676