創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (3)2017/04/01

 この資料は水野直樹ほか編著『図録 植民地朝鮮に生きる―韓国・民族問題研究所所蔵資料から』(岩波書店 2012年9月)の120頁に掲載されているものです。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/30/8425667 で紹介した写真資料と同じページにあります。

 大日本婦人会は昭和17年(1942)2月に発足したものですから、この資料が「1942年以降」であることは間違いないです。 資料内の「入会の勧め」に「大東亜戦争の完勝を期して」の文言がありますので、矛盾しません。

 入会を申し込んだ女性の名前は「鄭福純」で、世帯主すなわちご主人の名前は「鄭点龍」です。夫婦同姓ですので、2年以上前の1940年の創氏改名は法定創氏と判明します。

 「鄭福純」の下にご主人の「鄭点竜」の角形印鑑が捺されています。

 大日本婦人会は、先の愛国婦人会の構成員が上流階層の女性であったのに対し、一般女性が対象で、出征兵士の見送りや軍への慰問袋の調達、千人針など、日本軍への支援活動を行ないました。 

 女性が家庭から出て社会活動をする嚆矢として、注目する人もいます。

【拙論参照】

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/28/8423913

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/30/8425667

創氏改名の誤解―「世界史の窓」  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/26/8421515

朝鮮名での設定創氏が可能な場合 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/02/12/1178596

宮田節子の創氏改名論    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/10/7487557

民族名で応召した朝鮮人    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/14/7491817

民族名での人探し三行広告    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/09/24/7807103

創氏改名とは何か (00年4月1日) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuunidai

創氏改名の残滓 (01年6月1日) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daisanjuudai

創氏改名の手続き (04年10月1日) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainanajuudai

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/01/8436928/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。