創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (4)2017/04/03

 この写真資料は、水野直樹ほか編著『図録 植民地朝鮮に生きる―韓国・民族問題研究所所蔵資料から』(岩波書店 2012年9月)の124頁に掲載されている、武運長久を祈願する日の丸です。 時期は「1944年」とされていますが、おそらく間違いないでしょう。 創氏改名後4年が経ち、しかも軍国主義の象徴の典型となる資料です。

 寄せ書きには多数の名前が記されています。 「高山栄錫」「準錫」「黄原」「金野」等、朝鮮人らしい名前があるなかで、姓名ともに民族名が一つあります。

 右端の「一片丹心」の左側に「祈健康 木下□  江李源達」とあります。 □は何という漢字か、今のところ分かりません。 「江」は方向を示す助詞「へ」になります。 従ってこれは「『祈健康』という言葉を木下□へ李源達が送る」という意味です。 分かりやすいように「李源達」に赤線を引いておきました。

 創氏改名後も民族名が違和感を持たれることなく、ごく自然に受け入れられていた、と言わざるを得ません。

【拙論参照】

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/28/8423913

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/30/8425667

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/01/8436928

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/03/8441238/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。