創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (5)2017/04/05

 これは水野直樹ほか編著『図録 植民地朝鮮に生きる―韓国・民族問題研究所所蔵資料から』(岩波書店 2012年9月)の110頁に掲載されている預金証書です。

 年代は詳しくは分かりませんが、中央に赤いスタンプで「銃後報国」「記念□金」(□は預か?)とありますので、太平洋戦争中のものと思われます。 従って創氏改名から数年経っています。

 この預金証書の名義が「黄聖集」です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/05/8444253/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。