国籍を考える―ケンブリッジ飛鳥の場合2017/07/21

 ケンブリッジ飛鳥は陸上短距離走選手で、2016年リオ・オリンピックで銀メダルを獲得するなど、日本陸上界のエースとも言える存在です。 国籍を考える場合、彼の例がちょうどいい材料となるので紹介したいと思います。 念のために、彼を批判するものではありません。

 彼のプロフィールは次の通りです。

 氏 名 : ケンブリッジ飛鳥

 生年月日: 1993年5月31日

 出身地 : ジャマイカ

 両 親 : 父はジャマイカ人、母は日本人

 その後 : 2歳の時に日本に移住。2014年2月にトレーニングの為に単身でジャマイカに渡り、18年ぶりに故郷ジャマイカの地を踏んだ

 ここからか何が読み取れるか、です。 まず出身地がジャマイカですから、この国の国籍生地主義により出生と同時にジャマイカ国籍です。

 次に彼は今まで日本国籍であったということなので、両親はジャマイカの日本領事館に行って出生届と国籍留保届けを提出、受理されたはずです。 これによって彼は日本国籍も取得しました。 つまりジャマイカと日本の二重国籍者です。

 次に「ケンブリッジ飛鳥」という名前が本名(戸籍上の名前)のようなので、両親は法律婚であり、日本人の母親は自分の名前をジャマイカ人の父親の名前に改姓したものと判断できます。 妹さんの名前が「ケンブリッジ沙紗」ですので、「ケンブリッジ」がこの一家の家族名=姓ということになります。 一家は1995年から日本で生活してきましたので、父親は日本に帰化しているかも知れませんが、これは分かりませんでした。

 彼は二重国籍者ですから22歳までに国籍選択をせねばなりませんが、これは不明です。  どの記事を見ても、彼がジャマイカ国籍を離脱したとか、あるいは日本国籍の選択を宣言したとかの話がありません。 ということは、彼は二重国籍を維持してきて24歳の現在も二重国籍の可能性があります。

 ただし彼はオリンピックに出場していますから、日本単一国籍となっている可能性もあります。 また例え二重国籍であってもジャマイカから異議申し立てがなされていませんので、日本国籍者としての出場に問題はありません。

 彼は20歳に故郷のジャマイカを訪問していますが、日本のパスポートで行ったのか、ひょっとしてジャマイカ人としての帰国だったのか、不明です。

 公表されている彼の簡単なプロフィールからは、これだけの情報が読み取れます。

 世間では彼が日本国籍者であることに関心があって、もう一方のジャマイカ国籍については関心が行かないようです。 これが正解です。 彼が日本国籍を有していることが重要なのであって、二重国籍かどうかなんて、どうでもいいことなのです。 当事者でない他人が人の二重国籍を気にするものではない、ということです。

外国籍が輝いて見えた時代があった2017/07/19

 蓮舫の記者会見は産経が詳しいですねえ。 その中で彼女が次のような発言をしたことに、かつてはそんな時代があったなあ、と懐かしく思い出しました。

当時私は本名で、蓮舫という名前で、アジアのダブルのルーツを持っているという部分でキャラクターを果たせる形で、タレントであり、あるいはその後はニュースキャスターをして、特に中国や香港、台湾、アジアの問題と日本をつなぐジャーナリストの役割を果たしたいという部分は、これは自分のルーツをもとに際立たせていたこともある。

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180044-n4.html

 彼女が雑誌等で、自分が中国・台湾国籍者だとか、二重国籍だとか発言したのは1990年代のことです。 そしてこの時の日本では、外国籍が輝いて見えた時代でもありました。

 外国籍を有していると公言すれば、特に東アジアの国の国籍を有していると言えば、左翼革新系の集団では注目されて(ちやほやされた)、その発言に周囲の日本人たちがじっと耳を傾けたものでした。

 マスコミからの取材も多くなったものでした。 韓国籍の在日がHPを開いたことが、なぜか新聞に載ったりしたのです。 在日だから取材されたとしか思えなかったものです。

 また在日が主催する小さな行事が新聞に載って宣伝されて驚いたこともあります。 その行事の中身を知っていた私は、こんな稚拙としか言いようのないものが新聞に載って恥ずかしくないのだろうかと、いぶかしく思ったこともあります。

 この時代のことについて、以前論じたことがありますので、再掲します。

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/16/8190975

これを読んで1990年代の日本は、そういう時代だったということを思い出します。 そういう時代とは、在日外国人というだけで有利だった時代という意味です。

1980年後半に在日外国人の指紋押捺義務反対運動が起こり、これは日韓の外交問題にまでなって1991年に永住者の指紋押捺が免除され、さらには2000年には非永住者の指紋も廃止されました。 つまり在日外国人の運動が大きな問題となって社会を動かし、遂には日本政府を譲歩させて目的を達成するという大成果を収めた時代です。

そんな時代でしたから在日外国人というだけで、その発言はマスコミに大きく取り上げられたものでした。 マスコミ(朝日など)は在日外国人から日本を批判する発言を期待し、そういうことを話す在日外国人を選んでいました。 つまり在日外国人が、自分の能力や努力ではなく、在日外国人という地位だけで有利に扱われた時代だったのです。 しかし日本が大好きで早く帰化したいなんて言う在日外国人は無視されました。

1990年代はそういう時代だったと記憶しています。 私の憶測ですが、蓮舫はそんな時代にあって‘自分は外国籍を持っている’ ‘外国人としてのアイデンティティがある’と発言したことは、それによって自分の発言が注目される、あるいは大きく取り上げられ有利だという風潮に乗ったものと言えるように思えます。

蓮舫二重国籍問題のまとめ (再掲)2017/07/15

 この問題のまとめを再掲します。 去年の11月に発表したものです。

     ―――――――――――――――― 

① 日本は台湾を国家として承認していないので、台湾籍は日本にとって国籍ではない。 だから蓮舫は台湾との二重国籍とは言えない。

② 日本の立場からいうと、中国を承認した時点で台湾人は中国国籍となる。 そして中国の国籍法は、他国の国籍を取得した中国人は自動的に国籍を失うとあるので、蓮舫は中国との二重国籍ではない。

③ 従って蓮舫は、17歳で日本国籍を取得した時点で法的には日本単一国籍となったと言える。 だから国籍法第14条違反に問われることはない。

④ しかし台湾は実質的に国家の形をなしており、将来国家承認される可能性がある。 また現在台湾のパスポートは他国のパスポートと同様に通用している実情から、台湾籍は国籍と見ることも可能である。

⑤ すなわち蓮舫は法的には日本単一国籍であるし、そのように扱わなければならないが、見方によっては二重国籍の余地があるという変則的な場合になる。

⑥ 蓮坊は、現在は台湾籍を離脱したので、二重国籍と考える余地もなくなった。 蓮舫の二重国籍問題は、今は終わったとすべきである。

⑦ 問題が表出した当初、蓮舫は自分が日本単一国籍であって二重国籍ではないと主張できたのに、それをしなかった。 そして行政指導に従って国籍選択宣言をした。 蓮舫にはこの行政指導の法的根拠を問いただしてほしいと思う。

⑧ 蓮舫に戸籍の公開を要求する意見があるが、戸籍を公開するかどうかは本人が決めることである。 他人が戸籍公開を要求すること自体が不当である。 蓮舫が戸籍公開を拒否したことに、何の問題もない。 これからも拒否を貫いてほしいと思う。

     ―――――――――――――――― 

 これに付け加えるとすれば、憲法や各法律においては、国会議員や大臣、総理は日本国籍者でなければいけませんが、外国籍を有しているか(つまり二重国籍)かどうかについては定めはなく、不問としています。

 つまり二重国籍者は、日本国籍を有し、かつ法に基づいて民主主義的に選出されていれば、総理大臣にもなることができるということです。

 蓮舫二重国籍は、最初から「疑惑」でも何でもない問題でした。

 ただ自分の国籍についての説明が二転三転するなど不十分であったことだけが問題でした。

【拙稿参照】

蓮舫の二重国籍疑惑           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/09/8176022

蓮舫の過去の「国籍発言」        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/16/8190975

蓮舫は国籍選択宣言をしていないのでは? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/07/8216765

蓮舫はもともと二重国籍でなかったのでは?http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/16/8230218

二重国籍は複雑で難しい         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/20/8232627

二重国籍でないという証明は困難     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/23/8234323

私が二重国籍に関心を持った訳      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/28/8237467

二重国籍には様々な姿がある       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/29/8237969

蓮舫二重国籍問題のまとめ        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/11/03/8241041

二重国籍かどうか微妙な場合       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/11/13/8247093

蓮舫二重国籍問題2017/07/14

民進党の蓮舫が二重国籍問題で自分の戸籍を公開するとしたようです。

 都議選での敗北に見られるように、 蓮舫のもとでも民進党の衰退は進んでいます。 ここで不思議というか疑問というか、民進党内部から蓮舫の二重国籍を問題としたことです。 つまり民進党の衰退の原因として全く関係のない自分の党首の二重国籍問題に求めたところに、この党のどうしようもない体質が現れていると思います。 

 蓮舫の二重国籍問題については、かつて拙論で論じたことがあるので下記を参考にしていただければ幸甚。

 なお拙論の要点は、次の通りです。

・蓮舫の二重国籍問題は既に終わったとすべきである。

・他人が戸籍の公開を要求すること自体が不当である。 他人からの圧力に屈して公開をしてはならない。

【拙稿参照】

蓮舫の二重国籍疑惑           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/09/8176022

蓮舫の過去の「国籍発言」        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/09/16/8190975

蓮舫は国籍選択宣言をしていないのでは? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/07/8216765

蓮舫はもともと二重国籍でなかったのでは?http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/16/8230218

二重国籍は複雑で難しい         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/20/8232627

二重国籍でないという証明は困難     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/23/8234323

私が二重国籍に関心を持った訳      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/28/8237467

二重国籍には様々な姿がある       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/29/8237969

蓮舫二重国籍問題のまとめ        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/11/03/8241041

二重国籍かどうか微妙な場合       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/11/13/8247093

尹東柱のハングル詩作は容認されていた2017/07/11

1944년 12월 9일, 매일신보에 서정주가 쓴 시문인 '마쓰이 오장 송가'.

 これは尹東柱が獄中にあった時に、当時の新聞に掲載されたハングル詩。作者は徐廷柱。

 尹東柱に関する報道には間違いが多いですねえ。 ハングルで詩を書いたことで逮捕されたというような虚偽が横行しています。

 韓国の聯合ニュースが次のような記事を書いています。(7月10日付け)    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000050-yonh-asent

【全州聯合ニュース】韓国で国民的な人気を誇る詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ、1917~45)の生誕100年を記念し、南西部・全州市の市立合唱団が14日に音楽劇「空と風と星と詩、尹東柱」を披露する。       公演は午後7時半から同市内の施設「韓国ソリ(声)文化の殿堂」で行われる。        「空と風と星と詩」は尹東柱の詩集の名前。作曲家イ・ヨンジュが尹東柱の詩に曲を付けて作った音楽劇には市立合唱団のほか、市立劇団、市立交響楽団も参加する。         尹東柱は1942年に日本に渡り、立教大と同志社大で学んだ。ハングルで詩をつくったとして治安維持法違反の疑いで逮捕され、45年2月に福岡刑務所で獄死した。

 この最後の部分の「ハングルで詩をつくったとして治安維持法違反の疑いで逮捕され」が間違いです。 彼は独立運動をしたことで逮捕されたのであって、ハングルで詩を書いたことは何の罪にもなっていません。

 ハングルの詩が罪になっていないことを証する資料として、当時の新聞に堂々と発表されている例を↑に掲示しました。 作者は徐廷柱。 号は未堂。 韓国人なら誰でも知っている有名な詩人です。 発表は1944年12月9日の「毎日申報」(朝鮮総督府の機関紙)です。

 これは尹東柱が逮捕されて獄中にあった時期にあたります。 ハングルの詩作は容認されていたのです。

【拙稿参照】

尹東柱記事の間違い(産経新聞)      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/02/09/7568265

尹東柱記事の間違い(毎日新聞)      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/02/15/7572811

尹東柱記事の間違い(聯合ニュース)       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/29/8339905

尹東柱は中国朝鮮族か韓国人か      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/21/8075000

『言葉のなかの日韓関係』(2)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/04/09/6772455

『言葉のなかの日韓関係』(3)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/04/11/6774088

『言葉のなかの日韓関係』(4)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/04/13/6775685

水野・文『在日朝鮮人』(11)―尹東柱  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/06/26/8118773

昔読んだ懐かしい一文2017/07/07

 本棚に積ん読していた鄭大均『韓国が「反日」をやめる日は来るのか』(2012年12月 新人物往来社)を取り出して読んでいると、1970年代に宋建鎬という方の次のような一文が紹介されていて、これは私も読んだことがあると思い出し、懐かしく思いました。

海外へ出たことのある人なら、20・30人と群れをなして観光旅行をする日本人を見かけたことがあるに違いない。日本人は海外へ出かけるとき集団でいくことが多く、単身でいくのを見るのはむずかしい。彼らには妙なコンプレックスがある。語学力の不足からくるのかもしれないが、個人的に接するときは比べるべくもないくらい善良な彼らがいったん集団になるや、たとえようもないくらい残忍非道な行為を平然とやってのける。このような性向は激しやすいその国民性とあわせて、いっそうあらわになってくる。(142~143頁)

 鄭さんによれば、これは1973年に発表され、1975年に日本語に翻訳されて『アジアからの直言』という本に所収されています。

 当時の日本は海外旅行の自由化がなされて数年ぐらいしか経っていない時期で、海外旅行先で恥をかく日本人がよく報道されていました。 特に揶揄されていたのが、農協が扱っていた団体旅行でした。

 例えば、バスで田舎道を移動中、バスを止めさせてぞろぞろと下りて、道端に並んで畑に向かって一斉放尿。 現地のガイドさんがビックリ仰天したという話。

 土産を買おうとちょっと高級な店に立ち寄った出来事。 このごろは見かけなくなりましたが、中高年男性は財布や貴重品を腹巻に入れる人が多い時代でした。 土産を買う際に女性の店員さんの前で、腹巻から財布を出そうとベルトを外し、ズボンのチャックを下したという話。

 おそらく実話で、我が日本人は何と野蛮な国民なのかと慨嘆していたので、あの韓国人の一文も成程そうだと納得して読んでいました。だから記憶に残っていたわけです。

 しかしよく考えてみれば、海外旅行に慣れていない時代でしたから団体旅行が多いのは当然のことだし、その際に様々なトラブルが生じるのは仕方のない面があります。

 近頃の日本では中国からの旅行客のマナーの悪さが話題になることが多いです。 私も一日百万人以上の乗降客のある駅前の交差点で、子供に堂々と立小便させている母親を見て、目が点になりました。

 しかし日本人も数十年前に海外で大恥をかいていた時代があったのです。 だから、彼らはまだ海外旅行慣れしていないのだなあ、いずれ落ち着いていくのだろうと思います。

 少なくとも国民性や民族性と結びつける議論は、してはならないことです。

釜山の慰安婦像保護条例ー日本の友好都市はどう対応するか2017/07/01

 釜山の日本領事館前にある慰安婦少女像。釜山市が保護条例を定めて撤去できなくしたようです。   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000040-asahi-pol

 日韓の合意に違反し、また外国公館の尊厳を守らねばならない国際条約にも違反するものを、釜山市が公的管理で保護しようというわけです。日本との友好とは全く逆の方向に行くものです。

 非常識としか言い様のない釜山市ですが、調べてみるとこの釜山市と姉妹都市を結んでいるのが下関市と福岡市、友好パートナー協力都市協定を結んでいるのが大阪市と横浜市、友好交流協定を結んでいるのが北海道だそうです。

 これらの自治体は、釜山市とこれまでどのような「友好」関係にあったのか、疑問になります。

 下関市・福岡市・大阪市・横浜市・北海道は、これからも釜山市と友好関係を続ける気なのでしょうか。

こんなメールが来ました(2)2017/06/29

 拙ブログを批判するメールが来ました。  昔はこんな議論が盛んだったなあ、と感懐にふけりました。 相手方の意見を曲解・誤解して厳しい批判を浴びせる手法は当時の左翼・革新系諸君によくあったものです。 私にはそんなノスタルジーを感じさせて興味深かったので、公開の了承を求めましたが、返事がありませんでした。 そこで発信者の名前を出さずに、部分公開します。

あなたのブログは最低としか言いようがありません。もし本当に朝鮮の強制連行が無かったとしても、その子孫の人たちに「国に帰れ。日本が嫌なら外国に行け」なんて支離滅裂極まりないことに気が付かないんですか。歴史も祖先がやったことにも民族も、その人の努力では変えられるものじゃないじゃないですか。それなら黒人を追い出して住み着いている白人や、アイヌの人々を迫害して暴利をむさぼった日本人はどうなんですか。それでも共存しているのは「その人個人は何も悪いことはしていない。歴史は変えられないけどこれからは差別のない社会を作っていこう」という基盤を目指しているからじゃないんですか。もし本当にあなたの言う通り祖先が図々しく日本に来たからと言って、生まれた時からの思い出、友人、憩いの場所がある地で「お前の祖先は日本に寄生するために来たんだから、子孫のお前は高い金払って友人とも別れ、言語も文化も頼れる人もいない外国に移れ。あんた自身は悪いことをしてなくてもルーツがそんなだから差別されるのは当たり前。嫌なら出てけ」とつまはじきにされなきゃいけないんですか。私にまだ幼い在日の知り合いがいて、彼女がこの文章を読んでどんなに深い傷を負うかなんて想像もつきません。おかしいでしょう。そんなの、差別する方が悪いんです。何で被差別者に上から目線で説教しているんですか。

 3年ほど前に同じようなメールが来たことがあります。 この方は公開に反対されましたので、こちらからの返事メールだけの公開となりました。 合わせて読んでいただければ幸いです。

 こんなメールが来ました         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/12/7242809

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(5)2017/06/25

 中村さんはこの本を刊行した目的を次のように書いています。

これら6人は、いずれも植民地期に帝国日本の「臣民」として生を受け、1940年代後半から50年代にかけて青年期を過ごした。それはこの日本が敗戦という「生き直し」の契機を棄て去り、米国の世界戦略に便乗しつつ、戦後補償のネグレクトに始まる「固有の利益」を実現する道を選んだ時期である。政府の暴走ではない。社会全体がその破廉恥に順応したのである。戦争法が制定され、さらなる愚行へと一直線に突き進む現在、あらためて、この時代を《他者》の眼差しを通して振り返りたい。現在の荒廃をその根から問い直すために。(まえがき ⅸ頁)

 自分の左翼的、革新的思想を主張するために、「朝鮮籍」を維持する在日朝鮮人のお年寄りから聞き書きをしてきた、ということですね。 従って極めてイデオロギー的な著作と言えます。 そのイデオロギーは、「あとがき」で次のようにまとめられています。

「戦争放棄」を唱えつつ、一方の国家殺人「死刑」を」支持、「基本的人権の尊重」を言いながら、「元国民」である在日朝鮮人がその享有主体から排除されている現状を看過する。「平和主義」を口にする一方で米国の戦争に付き従う――。これらの欺瞞を多くの日本人はそれとして認識してきたか?倫理と生活を切り離し、日常の安定を謳歌してきた結果が、数年来、吹き荒れるレイシズムであり、「戦後」という欺瞞を最悪の形で解消しようとする第二次安倍政権の誕生ではなかったか。(220頁)

本稿執筆の最中、戦後日本が拠り所とした「世界秩序」の創造主たる米国で、レイシストでセクシストの金満家が大統領に当選した。これはイスラモフォビアが蔓延する欧州の極右や、日本の差別主義者を後押しし、「市民社会」という概念を破壊していくだろう。人類の英知「人権」を取り巻く危機的状況は、新たな段階に入った。「人類の尊厳」や「自由」がいかに尊いか。なぜそこに命を賭けて闘う者がいるのか、その真の意味と重みを今後、私たちは、空虚な「お題目」ではない形で身をもって知るはずだ。およそ70年前、「平和」のありがたさを身をもって知ったように。それが「別の在りよう」を求める連帯と生き直しの出発点になるだろう。(220~221頁)

 お年寄りからのインタビューを、現在の問題に引き付けて自分のイデオロギーに沿って編集した本ということですねえ。在日朝鮮人の歴史研究においては、これを資料として使うには躊躇せざるを得ないところです。

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(1) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/09/8589790

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/13/8593507

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/16/8598422

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(4) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/22/8601961

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(4)2017/06/22

 この本に登場する「朝鮮籍」の方は6人。うち、北朝鮮の国籍を有している方は李実根さんだけで、他は南北両方の祖国の国籍を有していません。 つまり韓国にも北朝鮮にも、どちらの国家にも所属していません。 日本の国籍も有していませんから、日本では外国人登録するしかなく、その国籍欄に「朝鮮」と記載されているわけです。 

 つまり「朝鮮籍」は祖国が証明するものではなく、日本国が証明するものなのです。  そして祖国と切れていることを明言する方の「朝鮮籍」に「思想」があると中村さんは論じます。 

 ところで「朝鮮籍」に拘る方は、そんなことに拘らない家族と違う道を歩むことになります。

 鄭仁さんは、「机上には息子夫婦や孫たちの写真が飾ってある。息子は全員韓国籍に切り替えた。」(111頁)とあるように、家族の中で一人「朝鮮籍」を維持しています。

 朴正恵さんも「家族は私以外みんな韓国籍に切り替えたけど(144頁)」語って、家族の中で唯一「朝鮮籍」を維持していることを明らかにしています。

 私がこの本を読んで思うには、「朝鮮籍」を維持しているという方は、それまでの自分の考え方に固執する年寄りの頑固さではないか、ということです。 その頑固さは、故郷の親戚に会わなくてもいい、先祖の墓参りをしなくてもいい、とまで考えるほどに強固なものです。

 この頑固さに中村さんは「思想」を読み取ろうとしていますが、私には頑固一徹、悪い言葉を使うと高齢者特有のワガママに思えます。

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(1) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/09/8589790

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/13/8593507

中村一成『ルポ思想としての朝鮮籍』(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/06/16/8598422