北朝鮮の「갓끈 전술(帽子の紐 戦術)」2019/01/08

 韓国の有力紙『朝鮮日報』の1月6日付のインターネット版で、北朝鮮の「갓끈 전술(帽子の紐 戦術)」路線についての記事があり、そう言えば昔、北朝鮮はそんなことを言っていたなあと、かすかな記憶を思い出させてくれました。 http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/01/04/2019010401742.html

 抜粋して翻訳してみます。 なお「갓」というのは、李朝時代に成人男性が被る帽子のことで、二本の紐を顎で結んで留めるものです。 韓国ドラマの時代劇によく出てきますね。

北朝鮮の「帽子の紐 戦術」と破綻直前の韓日関係

「人の頭に被る帽子の紐のうち、一つだけを切っても風に吹かれて飛んでいく。」 金日成が1972年に金日成政治大学の卒業式の演説で強調した、いわゆる「帽子の紐 戦術」だ。 金日成は「南朝鮮政権は、アメリカと日本という二つの紐によって維持されている。」 「南朝鮮政権はアメリカという紐と日本という紐のうち、どちらか一つだけ切ってしまえば崩壊してしまう」と強調した。

韓国に亡命した、北朝鮮の主体思想の創始者である黄長燁 前労働党秘書も「北朝鮮政権は金日成の帽子の紐戦術によって、韓米同盟と韓日友好関係を弱体化させるという統一戦線戦術を駆使している」と指摘していた。

北朝鮮政権は、その間韓国で反日感情を煽り、日本との関係強化を強調する韓国の人士たちを親日派と責め立てるなど、宣伝・扇動工作を繰り広げてきた。 実際に北朝鮮の機関紙である労働新聞を始めとして、北朝鮮の官営言論機関は機会ある度に日本の過去の植民地支配を批判するなど、徹底して反日路線を主張してきた。特に北朝鮮の官営言論機関は軍事・外交の分野で、韓日関係の強化に対して辛辣に批判してきた。 ‥‥

北朝鮮政権は歴史を捏造してまで反日路線を推進してきたのは、金日成が掲げる、いわゆる「帽子の紐 戦術」のためである。 北朝鮮政権の一貫した目標は、韓米日の三角同盟を阻止することである。 特に北朝鮮政権は韓米同盟が堅固なだけに、韓日関係を裂くことがはるかに効果的だと見ている。 植民地時代に朝鮮半島全体が苦痛を受けてきただけに、北朝鮮政権はこれに絡めて「わが民族同士」を掲げながら、韓国での反日情緒を煽っていると見ることができる。

 なるほど、갓(帽子)の紐の一本を切れば、もう一本は繋がっていても役に立たずに帽子は飛んでいってしまいます。 これを日米韓の関係に比喩するとは、表現が上手いですね。 

 北朝鮮は日韓の離間を狙って韓国に反日を煽っています。 もし日韓関係が崩れれば米韓関係も崩れ、結局は韓国の存在自体も吹っ飛ぶのです。 ですから韓国における反日運動の背景には、赤化統一を目指す北朝鮮があると見た方がいいでしょう。

 そしてその北朝鮮が日本に対して狙っているのは、日本国内で韓国との関係断絶の声を上げさせることでしょう。 今インターネットのコメントなどで、何かにつけて韓国との「国交断絶」を執拗に書き込む人がいます。 こういった人は単に嫌韓感情からかも知れませんが、実際には北朝鮮の手先の役割を果たしています。

 北朝鮮は日韓関係にくさびを打ち込もうとして今に至っているのです。 韓国との「国交断絶」を主張する人は「右翼」「ネットウヨ」と呼ばれているようですが、おそらくは知らず知らずのうちに北朝鮮の意向に沿った活動家となっているのが実情でしょう。 そういう疑いの目で見なければならないということですね。

 北朝鮮は韓国と日本のナショナリズムを煽り立てて両国の対立・離間を図っているのですから、「国交断絶」主張は北朝鮮の思う壺です。 北朝鮮にとっては「갓끈 전술(帽子の紐 戦術)」が今、目の前で成功・成就しつつあるという評価になるでしょう。

 私には、「国交断絶」を言い立てる右翼やネットウヨの諸君が北朝鮮の手のひらの上で踊っている、というイメージですね。

【拙稿参照】

自主的、民主的、平和的統一       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/04/22/6421457

南朝鮮解放路線はまだ第一段階      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/03/30/6762019

北朝鮮を甘く見るな!(1)        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/07/23/7395972

北朝鮮を甘く見るな!(2)        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/07/28/7400055

北朝鮮を甘く見るな!(3)        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/08/02/7404064

北朝鮮を後押しする中国          http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/02/08/8011036

「朝鮮半島の非核化」は「北朝鮮の非核化」とは違うのでは? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/03/08/8799658

金正恩の発言は既定の北朝鮮の路線  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/03/12/8801876

北朝鮮の内部情報は?       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/04/28/8834853

コメント

_ katakana ― 2019/01/15 14:08

なるほど、北朝鮮の手先ですか。 少し反省ですね。
今後、韓国とは関係はどうあるべきなのでしょうか。
又、日本の対応としてはどうするのが良いのでしょうか。
ご教授をお願いします。

_ 辻本 ― 2019/01/16 08:42

>ご教授をお願いします。

見ず知らずの人からお願いされてもねえ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/01/08/9022748/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。