北朝鮮が崩壊しないわけ2007/08/04

 1994年に金日成が急逝してから、北朝鮮崩壊論が広く説かれてきました。アメリカでは90年代はこれを前提に対北朝鮮政策を行なってきたと思われます。  しかし現実には崩壊せずに今に至っています。これは何故かということについて、拙論では古代国家であるからと論じました。 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachidai

 ところで一方の北側の立場に立つ人はどう考えているのかに関心があります。かつて朝鮮総連関係者と思われる人の投稿があって、この拙論のうち最後の 「北には文化がない」 という点について反発されましたが、それまでの古代国家論には成程として、崩壊しないという結論に賛成しておられたからです。

 総連関係の本には長いこと接していなかったのですが、最近『北朝鮮「先軍政治」の真実』(朴鳳暄・泰相元著 光人社 2005年3月)を購読しました。要旨は次のようです。

>この国(北朝鮮)が米国とその同盟諸国が仕掛けた孤立圧殺の包囲網の中で窒息もせず、胸を張って前進しているのには‥‥北朝鮮の指導者である金正日国防委員長の存在と、彼の指導者としての手腕と能力、そして指導者と国民の一心団結―ここに謎を解くカギを見いだすことができる。‥‥‥軍事重視に基づい「先軍政治」という新たな政治方式を編み出して国民を導いている点だ‥「先軍」とは、軍事先行、軍事力の強化を拠りどころとする政治をいう。‥‥‥今日の北朝鮮を知ろうとするならば先軍を理解せねばならず、先軍を理解しようとするならば、金正日国防委員長を知らなくてはならない。>  (“まえがき”より)

 ここでは北が崩壊しない理由として、先軍政治と金正日の存在との二つが挙げられ、それを詳しく論じています。「詳しく」といいましても、事実かどうか疑問というか、検証の出来ない「事実」が多いものです。しかし著者の肩書きに「朝鮮民主主義人民共和国歴史学博士」とあるので苦笑させられます。  しかし北がなぜ崩壊しないのかについて、考えさせられるものです。

 金正日が健在である限り北も健在であるという拙論「第8題」の結論には訂正の必要はないでしょう。逆に健在でない時が国家の危機ということになります。個人の肉体的精神的健康状態が国家を左右するというお国柄なのです。  拙論は8年も前の論考ですが、内容は今も通じるというか、有効と考えています。

コメント

_ きゃべじん ― 2007/08/04 15:22

先軍って・・・ふつうに軍国主義といえばいいのにね

_ 野分権六 ― 2007/08/17 11:32

北朝鮮が崩壊しないのは中国がついているからだと思います。もちろん、それだけではありませんが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/04/1701479/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。