解放運動の「強姦神話」2007/07/28

 小さな月刊誌『こぺる』(2007年2月号)に、解放運動に関わっておられる福岡さんの論考のなかに、次の一節があります。

「私の友人は、解放同盟の幹部から性暴力を受け告発した。でもその県連では彼への処分は軽微で、逆に彼女は非難を受け、孤立させられ、誹謗中傷が飛び交い、辞めざるを得なくなった。差別の苦しみを語るなら、他者の痛みにも共感できるはずと思うのは甘いのだ。“強姦神話”は大手を振って歩いていた。」    (福岡とも「“部落解放同盟は解散すべきとき”なのか」6頁)

 詳しい状況は書かれていませんが、当時の雰囲気を知る私には、おそらく事実だろうと思われるものです。  解放運動でも在日の運動でも、この傾向がありました。この話、運動に関係しなかった人には、なかなか理解してもらえないのではないか、と思います。  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/07/28/1685192/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。