闇に消えた公金―芦原病院・同和行政2006/04/29

 同和行政の闇がまた一つ明るみに出てきました。 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060428i509.htm

 いま明らかになっただけでこれですから、闇に消えた公金は最終的に一体どれくらいになるのか。数十億円は確実でしょう。  他に同和行政全体になると、それこそ天文学的数字になるでしょう。

 思い起こせば1970年代、解放運動では、対行政闘争というのは役所からお金を取ってくること、という認識がはびこっていました。

 民闘連(現在の在日コリアン人権協会)でも、この影響を受けて、差別をなくすために活動しているのだから援助しろ、と役所相手に銭呉れ闘争を繰り返していました。その時の活動家が言うには、役所がどこからどのようにお金を段取りするかはどうでもよい、役所がお金を出したという成果がほしい、ということでした。

 この時私は、役所からお金を貰おうとするなんて乞食と同じじゃないか、それが何故闘争なのか、と言って非常に怒られたことを思い出します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/04/29/346418/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。