これまでの在日とその将来について(仮説)2006/05/01

 在日が共通の被差別体験を持つのは、おそらく1970年代まででしょう。佐藤勝巳さんは、1970年の民族差別糾弾闘争(日立闘争)では参加する在日がおしなべて被差別体験を持ち、彼らの怒りを抑えるのに苦労したが、1979年の民族差別糾弾闘争では参加する在日の若者に被差別の体験がなく、怒りが見られなかった、ということを報告しています。(『在日韓国・朝鮮人に問う』亜紀書房 1991年 84頁)

 これはその通りで、1980年代になると、在日の若者に差別の話を聞かせても、一体どこの国の話かと言わんばかりにキョトンとしているという話を聞くようになりました。

 日本人側も70年代までは、朝鮮人にはエラい目に合わされたとか、犯罪に遭って犯人はどんなヤツかと聞いたら朝鮮人だった、というような話はよくあったものでした(拙論第76題参照)が、80年代からはあまり聞かなくなりました。

 そして今は韓流ブームとやらで、韓国に対する日本人のイメージは良くなっています。  日本人と在日の間の「差別」という関係は解消に向かっていることは実感できます。少なくとも以前に比べて格段に良好になっていることは誰も異存はないでしょう。

 それではこれからもこの良き関係が続いていくのでしょうか。残念ながら私は楽観できないと思っています。理由は次の通りです。

1、1990年代後半ころより、来日韓国人の犯罪が急増しています。従って被害者である日本人は、犯人は誰かと思えば韓国人だった、という体験をする場合が多くなってきました。つまり在日に関わる前述のような過去が、来日によって今再現されているのです。こういった人が在日と出会うと、お前はアイツと同じ韓国人だ、という意識になるでしょう。来日の犯罪の増加がこのまま続きますと、在日を含む韓国人全体のイメージダウンとなり、「差別」という人間関係が復活する可能性があります。

2、北朝鮮による拉致事件の発覚がありました。これによって北朝鮮だけでなく、在日含めた朝鮮民族のイメージがダウンしました。このまま事件が解決せず、さらに11件16人以外にも拉致被害者がいることがはっきりすれば、彼らのイメージがもっとダウンしていく可能性があります。

3、前に書きましたように、帰化できるのは素行善良な外国人だけです。従って帰化したくてもできない在日は素行不良と見られることになります。一方、考えがあって帰化を拒否する人がおられますが、同じ在日です。帰化していないで在日のままの人は、イメージダウンとなる可能性があります。

 在日の将来は決して楽観してはならない、だからこそ在日・韓国・北朝鮮の状況を観察していく必要がある、というのが私のスタンスです。

コメント

_ 日本人です 匿名でお願いします ― 2007/06/05 14:16

 在日朝鮮韓国人の多く働くパチンコ産業では、
未だに日本人・朝鮮人・韓国人・中国人で区別し
遊戯させています。
日本人・中国人からは、大金をむしりとり
在日朝鮮韓国人には当たりを多くやる。
 パチンコ屋の中では、こんなことが日常茶飯事です。
こちらのような、まじめに在日朝鮮韓国人について
考えられている方たちにとってパチンコ産業は
どのように映っているのでしょうか。
 産業の拡大化・北朝鮮への送金問題などもあり、
日本人としてはパチンコすること自体がアホなこと
過去の歴史などから、考えればタブーな存在として
近寄らないにかぎるのでしょうか。
 また、朝鮮学校出身のスポーツ選手などでも
反日教育を受けていたことが、伺えるような強い日本への恨み・反発心などがみてとれることもしばしば。
 逆に親日的な言動をする北朝鮮代表での出番を
減らされたり、日本人からみても複雑な気持ちになります。
 正直、今の日本の教育では過去の日本の歴史においての朝鮮・韓国の両国との関係について正しく認識をもてるような教育がなされていないのも事実です。
 しかし、朝鮮・韓国政府の意見などを鵜呑みにして
それを正しい認識とするのは間違っているような気がします。
 在日朝鮮・韓国人についても、強制連行などによって
日本に渡ってきた人の数よりも、みずから戦後に渡って
きた人の数の方が多いと聞きます。
 敗戦国だった日本の中で朝鮮人が数々の横暴を
行ったことも。
 私の意見としては、まず北朝鮮・韓国への金銭の送金などの関係を断った上で、自らの民族の文化を尊び
大切にしながら、日本との関係を改善してゆくことは
できないものでしょうか。
 パチンコ屋などは、特にあまり恵まれた環境にない人
が集まりやすいところです。ヤクザにしても日本人・在日朝鮮人両方いますし。
 この年になって、小・中学校時代の友人が在日朝鮮人だと知り、なんだか複雑な気分です。
 平和的に在日朝鮮韓国人の問題に考えておられる
サイトを見つけることができ、ほっとしています。
 正直パチンコで負けてばかりいなかったら、こんなこと
思わなかったぐらいです。平和ボケしすぎて考えたこともなかった。逆に日本人や中国人をあそこまで馬鹿にした営業をしていることよりも、その裏側の思い・恨みの
大きさに怖くなります。
 在日朝鮮韓国人側からも歩よる姿勢をいろいろな面で
みせて行かないと問題は解決しないかと思います。
 大阪のパチンコ関連のサイトなどでは、日本人と在日
朝鮮韓国人のケンカ(罵り合い)が多く見受けられます。
なんとかならないものでしょうか。
 とりあえず、パチンコやめます。警察にも違法営業の
連絡をしましたが無理でした。
 在日朝鮮韓国人に特別な感情はありませんが
パチンコ産業の横暴に対しては、これから広く日本人
に広めて私のような被害者を1でも減らせるよう努力して
ゆこうと思います。

_ ひで ― 2008/01/15 02:29

色々書きたい事はあります。やはり彼らの日本人への劣等感から生まれる憎悪に満ちた復讐心には大きな恐怖を感じます。第二次世界大戦前後から始まった略奪と不法侵入。戦後の混乱をいい事に我ら日本の祖先が築いて本来なら子孫が受け継ぐはずの土地、お金等、暴力という手段で獲得した彼等(世界的に類をみない暴力性と残虐性を持った民族)。その略奪した元手でパチンコ業界、金融業界、風俗業界、それを取り仕切る○○○業界までを牛耳り汚い金を手にしてもなお、勤勉勤労な日本人から毟り取るしつこさも恐怖です。北に住み北で暮らす南に産まれ南に暮らす人はそうではありません。全て日本に不法侵入し、北でもなければ南でもない、ましてや日本人でもない民族の仕業です。だから人の物を盗む、壊す、騙す、脅す、殺す、体を売る、又女を使って、不正をして等々生きてく術なんです。金利25%で貸して追い込みかけつ更に高い金利で貸付て挙げ句全てを奪い取る。時には命までも。一貫してその流れ(サラ金ー闇金ー取り立て○○○)も同族。日本人じゃできないよ。どんな国でもマフィアは存在するけど、これだけ堂々と祖国じゃない国で悪さできるって在日しかいないですよ。

_ 辻本 ― 2008/01/15 03:30

 ほとんど伝聞情報ですね。しかも下品過ぎます。
 このような投稿者がいること自体が、一つの資料になります。

_ 通りすがり ― 2008/03/01 12:20

警察の白書、平成17年度だったと思いますが、在日朝鮮・韓国人による犯罪は他の在日外国人と比較すればそれほど多くないという結果が出ていたと思います。
ただ、同報告に凶悪犯罪の温床が「在日外国人による犯罪の幇助・犯人の隠蔽」にあるという指摘もあり、総数から考えると直接的な犯罪者は多くなくとも、凶悪犯罪に関係する・させられる在日朝鮮・韓国人が問題なようです。

_ 辻本 ― 2008/03/01 16:31

>警察の白書、平成17年度だったと思いますが、在日朝鮮・韓国人による犯罪は他の在日外国人と比較すればそれほど多くないという結果が出ていたと思います。

 「思います」ではなく、その白書の何ページに記載があるというように、書いてください。

_ 貫太郎の朝鮮人との思い出他 ― 2008/03/15 06:00

3丁目の夕日世代です。中学時代まで近所に古鉄屋の在日の方(Kさん)が居られ、社会人になって韓国メーカとのビジネス等に携わってきました。
1.近所の在日の方は夫婦に男の1人のご家族でKさん(韓国出身)とご本人が言っておりました。飲んだクレのKさんで、息子は私より年齢が2つ上で、お遊び仲間でした。Kさんがとても恐い人で、怒ると奥さんの頭をソロバン(昔は木製5つ玉ソロバンで重厚なものでした)でガンガン殴り、この記憶が消えません。奥さんの指輪が曲がって指から血が出るまで殴っていました。Kさん夫婦は小屋のような家に住んでおり、トイレがないので、農家の我が家の外にある物を使っていましたが、Kさん酔って暴れるとトイレの戸やアラスを壊し困った人でした。日常は極めて普通のニコニコおじさんです。酔ってトラブル起こす事しばしばで警察官が良く、来て注意していること覚えています。差別は無かったように思いますが、近くに同和の村があって、時々大騒動。大抵は酒の上の喧嘩で母に言わせると、ゴロツキ共の喧嘩!Kさん血が上ると鉄棒持ってきたり、金槌を手に持つ。本気で喧嘩相手に手を出す。周りが分かっているものだから、抱きついても停める。息子が中学生時には、ヤクザ風のラッパズボン、さらしの腹巻に雪駄を履いた友人が家にたむろして、Kさんが「おまえら、一人前になってたいしたもんやないか!」無法者に寛大な人でした。私の母は、Kさんお米を貸したが何度云っても返して呉れないと良くぼやいていました。パチンコ店をスタートするが失敗(信用ないから客が最初だけ)その後、闘病生活で死亡。母子で生まれ故郷の韓国でなくて何故か北朝鮮行かれたと母から聞きました。推定ですが奥さんが北出身かもしれません。
2.社会人になって韓国A社と技術支援ビジネス、A社の研究所メンバー来て、ある製品を作る技術を教えてロイヤリテイ貰うんですが、彼らが会社に来て常駐していると、関係ない所まで見学しアレコレ資料よこせ!対象外で拒否してもしつこくて、会社から離れた場所に事務所移動して貰いました。日本語が下手で英語でやりとり、後日A社は通訳と称して在日をアルバイトに雇い技術資料貰いたいため、当社の研究報告書を管理する女性から技術コピー不正入手もちかけたが、通報され在日はクビ。この会社は今では世界に通用する電機メーカです。
3.30歳前後で韓国ユーザに出かける機会あり、親しくなって行く度に社長のBさん(当時50歳前後)にご馳走してもらう。日本に長年住んでいた人で、奥さんは日本人。この人の口癖は「最近の韓日関係は、、」「最近の日本人はおかしい、昔の日本人はそれは良かった」
 説教を垂れる叔父さんですが、子供が居なかったので、出張行くと連絡すると「おい家へ泊まれ!」行くと奥さんの話相手。もう故人となり会社もありません。
4.数年前まで中国に滞在。会社役員会議でFさん(北出身で日本の大学留学経験者)と知り合う機会あり。役員会議を会社がある北京で行い、夕食で白酒(透明な酒で50度前後)でチビリチビリやりながら雑談。やはり中国以外の話題で日朝関係話他。酔うと日本語会話から中国語+日本語+英語(Fさん、若かりし頃は香港の商社マン)とチャンポン。Fさんは中国共産党は朝鮮民族とか少数民族を表向きは持ち上げているが差別が甚だしいと云う。かっての満州時代(日本の統治時代)に入植し戦後、中国籍に変えた人も多い。今の北朝鮮は
中国資源外交で中国人が多くなり、Fさんはその内に中国にのっとられると嘆いている。
 日系会社の幹部クラスと日本の市長に当たるクラスのメンバー間で1年間に数回程度、パーテイ―在り。大手の会社のみと思うが、政治の臭い話でなくて楽しい世間話。共産党含むお役人が日本に旅行に来たいため、日本から中国に設備を持ち込むときで安全上問題ないかとか日本で検閲したいてな話が良くありました。お金はもちろん日系会社持ちです。
 どこの国でもお役人の根性は同じ。日本に来ると会社案内+観光案内です。中には奥さんのも予約しろのずうずう奴がいる。最近、元高(元の価値が上がる)/終身雇用制への変化等で投資大幅にへってBRICSへ移行が目に見えている。Fさんによると、「韓国メーカは最近は夜逃げスタイルでいなくなったり、偽装倒産も多い、中国ブームもオリンピックまで」が持論で「現在の共産党は江沢民よりフーチンタオが余程うまくやるでしょうが、限界来ますよ。韓国人を中国では嫌いな人が多いんですよ。彼らは中国人を腹の中で見下しているんですよ。若い韓国人の態度は何様の積りですか、私は時々怒るんですよ」。蘇州に居た時に、現地の中国人は韓国人は人使いが荒いと云う。直前に残業をやれとか、休みに出勤すろとか命令したり、中には暴力沙汰もある。日本人が誠実に中国人と接すると、韓国人以上につきやすい。しかし下手に出るとつけ上がる。また中国人は仕返しをする。細かい事でも根に持ってチクチクやる。プライド高いが雑に物を作る。こればかりは日本人は性格であろうか日本で作るといいものが出来る。
  こだわりが良いのかもしれない。在日の方々も
私が見た世代と今の世代は考え方も大きく違っているでしょうが、少しづつ日本に同化する人とそうでない人と別れるのでないかと思います。その点、中国人でも日本人でも比較的世界の何処へいっても同化しやすい民族のような気がします。

_ 貫太郎(続き1) ― 2008/03/15 11:41

日本の社会が日本人だけでは活力ない社会にならないか心配しています。韓国見ていると民族色の濃い国家で、非常に排他的な社会の部分が残っています。物事を熟慮しないで決定することがシバシバありますが、
他民族いると個人の考え方の差異は重要で、緩やかですが社会をバランス良い方向に向かわせるはずです。中国は多民族国家ですが、実態は別にして制度は多民族に適合しています。活力の面では競争が激しい社会で、政治闘争の通りで醜い面も多いと思います。また米国と異なり力で平等を維持する部分が多いと思います。日本の社会がやはり活力を維持しながらやって行くには、優秀な外国人の方には是非、日本で活躍してもらいたいものです。在日の方々を考えて見ると、過去に拘泥せず、出自に拘らず、各個人の有様が少なくとも日本の社会が良くなるような活躍を期待したい、また本国との関係をスムーズに繋ぐ役目を果たせるだけの力量や広い考えを持って貰いたい。

_ 日本国公民 ― 2009/10/15 15:06

在日にたいする日本人の感情は悪くなる可能性はおおいにあると思います。北朝鮮の
拉致事件や在日の地方参政権要求は、日本国民の感情を悪化させる可能性がありま、しかし、これから今までの感情的な反朝鮮人感情とは別の、在日やかれらを支援した主に左翼の運動家、知識人の過去の行動や言動をもとにした、論理的な反韓国主義
(アンチ・コリアニズム)が起きるかもしれません。すなわち、かれらの言動を分析
すると、日本人と韓国・朝鮮人は共存できないと主張する、自由主義を標榜する政治集団があらわれるかもしれません。詳述は控えますが、日立民族差別闘争の顛末を描いた、「民族差別」には、在日の日本人に対する憎悪や復讐心をかいま見ることができます。当時の左翼もにたような心情を共有していたようで、玉城素氏も朝鮮人が日本人に復讐するのは、美しいという意味のことを、のべております。これを70年代特有の時代風潮にすぎないとみるべきでしょうか?いまあげた発言は氷山の一角にす
ぎません。このような、憎日コリアンや左翼運動家、知識人の発言を湛然にフォロー
して、憎悪の織物をおる人々がいるであろうと、想定しておくべきではないでしょうか?

_ (未記入) ― 2010/02/14 17:11

敗戦国の日本から 莫大な経済援助を受けたのに そのことを 中国も韓国も 国民は、知らない 国民にするのは、憎悪を増す ねじまげた歴史教育 反日教育ばかり そのうち 何も知らない お人よしの 日本人も...地方参政権など与えると かならず 地方を いいように乗っとられるとことを 呑気な日本人よ 
判らなければいけない。反対のデモをするべきだ。理解あるようないい格好せづ 反対の声をあげるべきだ。
権力のある政治家に日本を売り渡されます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/05/01/348943/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。