「レイプ事件」考、それは泣き寝入りではなく自殺だった2010/08/19

 この数日ほど、拙HPのアクセスが急に多くなりました。

 何事か?と調べたら、NHKの討論番組「日本の、これから ともに語ろう 日韓の未来」で、崔洋一監督が一般参加者の発言に対して、「36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されると いう考え方(を持つ人)は、基本的に歴史を語る資格がない」と発言。  これについて小倉教授がたしなめたにも拘わらず、崔監督は居直った、という経過があったようです。

 これが2ちゃんねるで、大きな話題となり、その過程で拙HPの{第87題 暴力にみる民族的違和感} http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai にある崔監督の発言が取り上げられました。そのために拙HPのアクセスが急増したということのようです。

 ところで、この拙稿において、被害者の女性は「泣き寝入りした」と書きました。この文を書いたのは1994年でしたが、その時はそういう情報だったのです。(なおHPにアップしたのは2006年3月です)

 ところがかつて民族差別を闘う運動団体のリーダーだった佐藤勝己氏は、それどころではなく「自殺」があったことを報告しています。

>1970年代の初頭であった。民族差別問題に熱心に取り組んでいた都内某大学の女子学生グループがいた。彼女らはある在日韓国人青年を呼んで勉強会を開いた。その青年は、贖罪意識を煽って次々と女子学生の体を犯した。遂に、チューターの女子学生が自殺するという悲劇が起きた。他にも幾つか似たような事件が起きている。‥‥贖罪意識を利用して日本人女子学生の体を弄ぶ在日韓国・朝鮮人が今もいるかもしれない。>   佐藤勝巳「映画パッチギLOVE&PEACE”の欺瞞を切る」(『現代コリア475号』2007年10月号 42頁下段 ) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/03/07/2708813

 拙論では「泣き寝入り」としましたが、実態はもっと酷いものだったということです。

 なお佐藤氏の文章の引用のなかにおける省略部分には、次のようなくだりがあります。

>日本人女性の贖罪意識を扇動して、女性に貢がせヒモのような生活を送っていた在日韓国人一世もいた。

コメント

_ 産経新聞を応援する会 ― 2010/08/19 20:06

レイプ事件」考、それは泣き寝入りではなく自殺だった
を転載させていただいて宜しいでしょうか。

_ 苦楽酒 ― 2010/08/19 21:48

>日本人女性の贖罪意識を扇動して、女性に貢がせヒモのような生活を送っていた在日韓国人一世もいた。
昭和50年代の人気女性アイドルの父親がそのような類だったと言う噂もありますね。
娘二人生ませたにも関わらず、認知も養育を放棄したにも拘らず、
人気芸能人となった娘の結婚式への出席を要求、断固拒否した彼女を酷く中傷したとか。

_ 金 国鎮 ― 2010/08/20 00:15

崔洋一を始めとする朝鮮学校出身者がメディアを通じて在日を云々という時に感じるのはその非常識さです。
彼らは数からいっても在日を代表する立場にはない。

今在日の圧倒的多数を占めるのは日本の学校教育で良かれ悪しかれ育ってきた人達です。

夏の甲子園の野球が終盤を迎えましたが、この中にも多くの
在日の子弟がいるはずです、
在日の民族組織運動家と真正面から衝突するのが日本の学校教育の中で努力してきたこのような多くの在日の人達です。
彼らは政治運動にも民族運動にも無縁に見えますが、多くの日本人は彼らを見て接して在日の人達を考えています。

この現実を無視して朝鮮学校出身者を中心とする民族組織運動家達が彼らに対して過去に行ってきた言動を許すわけにはいきません。

これが同時に私個人の彼らに対する返答です、

_ 辻本 ― 2010/08/20 04:26

>転載させていただいて宜しいでしょうか。

 転載ではなくリンクを貼ればどうですか。
 引用の場合は、出典を明記すること。

_ 産経新聞を応援する会 ― 2010/08/20 11:43

有り難うございます。
勿論、出典明記をして引用し、リンクも貼らせて頂きます。

_ 流れ者D ― 2010/09/07 08:32

所謂「共産趣味的」ネタになりますが、この話は、6~70年代の各左翼セクトの間では、結構耳にした話です。闘争の間は男女ともに共同生活をするので、上級の男性幹部などが、下級の女性活動家に「君を、好きだ!」などと言って、無理矢理にモノにするということです。
80年代にも、あっしの知っている若い反戦運動家が、行動を共にしていた若い女性を襲った話も聞いていますし、大学で属していた人権サークルが、あっしの卒業後崩壊したのも、同様の事件がサークル内で発生したためでした。
嫌な話ですがw

_ 辻本 ― 2010/09/08 20:48

高史明という在日の作家がおられます。
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8F%B2%E6%98%8E

 私はお会いしたことがないのですが、会った方から話を聞くことがありました。

 高さんは、かつて日本共産党員として過激な闘争に参加し、その後もその立場での作家活動をされていました。しかし、息子さんの自殺を契機に親鸞に帰依され、宗教的な立場に立つようになったかたです。

 その経歴のためか、彼のもとに左翼活動家たち(元も含む)が、悩みの相談に訪れることが多いということでした。
 
 その悩みの相談で多かったのが、、左翼活動内におけるレイプだということでした。

 高さんにこのような相談に行ったのは女性活動家でしょうが、彼女たちはどのような気持ちであったのか‥。

 連合赤軍事件の死刑囚永田洋子も、活動初期に先輩活動家からレイプされた体験を有していたそうです。

 こういう話は、陰でよく聞く割には表にはなかなか出て来ないし、出て来ても無視されるものです。

 左翼諸君は、従軍慰安婦問題のような数十年前の旧日本軍のレイプ事件には敏感ですが、現在の身近に起きているレイプには鈍感だ、ということでしょう。

_ 奈緒 ― 2011/11/12 00:30

こういう話を聞くのは、つらいですね。本当に、いたたまれなくなります。

少し前から、我が家に統一協会の人(いつも二人組み)が何度も訪れています。うちの母は、「霊」の存在について信じているようですから、彼女たちがいう、「霊」や「死後」の世界についての「真実」を話してくれる講演会に行きたいといっていました。私は、何だか胡散臭いと思い、ネットで調べてみました。そしたら、統一協会は、日本人教徒の戦前戦時中の贖罪意識を煽って、多額のお布施を集めたり、政治的な影響力を高めたりしているようです。また、文章を作るのもつらいですが、韓国の農村の結婚相手のいない男性に、「集団結婚」によって、日本女性6500人ほどを嫁がせています。
これは、多くの農村の男性には、嫁の来てがいないために、協会が「結婚斡旋ビジネス」として、信徒を送っているようなのです。これは、いわば、人身売買ではないですか。
家庭内暴力がある家庭が多いようですが、日本は悪い国で、戦時中にひどいことをしたから償わないといけないと彼女たちは考えて、耐え忍んでいるようです。本当に、辛いし、腹が立ちます。
そして、このようなカルトである、統一協会は、「在日」が多いといいます。
また、拉致問題だって、朝鮮総連や朝鮮学校の関係者がかかわっていたという話ではないですか。

彼らの中では、こういった自らの同胞を批判し、正常化させようという動きはあるのですか。まったく見えません。
彼ら在日は、TVなどでも日本人の贖罪意識を煽ったりばっかりしているではないですか。

今みたいに、情報化社会では、彼らの過去の行いは暴かれます。今まで、騙されていたと知った人たちの、心に沈殿する苛立つは、いつか爆発するかもしれませんね。

_ 在特会 ― 2011/12/09 15:41

1970年ころ大学時代に見た映画で、

予備校の女学生がたまたま大学闘争に巻き込まれ、
予備校生だと言いそびれ、大学生だと名乗ったため
アジられ、次第に闘争かに祭り上げられ

封鎖大学の中でリーダー格から強姦され、
ほかの仲間からも関係を強要された揚句、ニセ学生だったことが明るみに出たとき、
警察のスパイだと疑われて、追放されるという映画を見た覚えがあります。

タイトルは忘れました。
当時は学生運動を誹謗するものだと思ってましたが、
事実をもとにしたものだったんですね。
辻本氏のブログではじめて知って、衝撃を受けました。

在日では当然の権利だと思ってるんでしょうなあ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/19/5296007/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。