「活動家によるレイプ事件」考2008/03/07

 拙論第87題で、 >朝鮮問題に関わる日本人女性たちが、在日活動家に警戒心をなくし、レイプされるという事件が少なくなかったのである。> http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai と論じた。これについてもう少し詳しく記されたものを見つけた。この問題は、事の性質上なかなか公になることはほとんどなかったので、貴重な記録になると考え、紹介したい。

>1970年代の初頭であった。民族差別問題に熱心に取り組んでいた都内某大学の女子学生グループがいた。彼女らはある在日韓国人青年を呼んで勉強会を開いた。その青年は、贖罪意識を煽って次々と女子学生の体を犯した。遂に、チューターの女子学生が自殺するという悲劇が起きた。他にも幾つか似たような事件が起きている。‥‥贖罪意識を利用して日本人女子学生の体を弄ぶ在日韓国・朝鮮人が今もいるかもしれない。>    佐藤勝巳「映画パッチギLOVE&PEACE”の欺瞞を切る」(『現代コリア475号』42頁下段)

 佐藤氏はこの当時、民族差別と闘う運動のリーダーとして活躍されていたのであるから、この情報の確度は高い。抽象的な情報ではあるが、私の得たものとも一致する。

【関連論考】 人権団体におけるレイプ事件

 民族差別問題だけでなく、同和問題に関わる団体・人間たちにも、こういった事例があります。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/07/28/1685192

 人権を呼号し、過激な糾弾を繰り返してきた集団は、一皮めくればこのような実態があります。  人権団体だから人権を尊重する人たちばかり、とか思ってはならないということです。むしろ人権団体だからこそ、こういった実態を隠蔽しようとするものです。

コメント

_ きゃべじん ― 2008/03/08 11:30

まあ左だろうが右だろうが権力のあるところパワハラありなんじゃないでしょうか。幻想を排して考えれば、弱者が権力にありついたらそれを利用しようとするのは当然で、いまとなっては「人権団体は人権尊重するはず」などという幻想を抱いていた方が異常な気もします。

_ 青ひょん ― 2008/03/08 12:38

昔、韓学同に属した元(?)”在日活動家”です。
男です。

権力的な関係を嗜好する主体と左右は関係なかろう。

ただし民族団体は右回りだからなぁ、封建的な側面強いし、「偉そうにしてもいい」人も多い。「男問題(男女問題)について実践できてる「男の民族活動家」はいる訳がない」という地点からアプローチするほうがリアル。

「むしろ人権活動家であったからこそ裁かれるべき」とか、どうでもよくて、ハラスメントの加害者とは、なるべく早く縁を切らなあかん。人権運動してるしてないに関わらず、レイプした人間は早急に全員死ね。フリーセックスがどうのこうのとか関係ない。そう思います。

「在日活動家によるレイプ事件」という取り上げ方自身は、「朝鮮人韓国人嫌いの差別者が回収しえない物言いにはならんの?」と思いますが。そういう話に執着しちゃう差別者は多いので。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/03/07/2708813/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。