松岡徹氏に関する拙稿が役立った2008/02/23

 松岡徹さん(民主党参議院議員・部落解放同盟書記長)の経歴について、闇専従だったのではないかという疑問を呈したことがあります。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/05/26/381520

 これについて、昨年出版された『大阪同和帝国の正体』(一ノ宮美成ほか著 宝島社 2007年7月)で次のようにとりあげられています。

>(給料を出したところが)もし大阪市からということであれば、ヤミ専従ということになる。いや、解放同盟からもらっていたということになれば、その間休職していたのかという話にもなるが、14年間の休職などありえない。あの奈良市役所の幽霊公務員でさえ、形式的には「病休」扱いで長期休暇をくり返していた。  このヤミ専従疑惑は、06年5月、インターネット上で取り沙汰された。だからだろうか、いつのまにか「公式ウェブサイト」から「私の歩んできた道」の部分がすっぽり削除され‥‥>(176頁)

 このなかの「06年5月、インターネット上で取り沙汰された」は、正に拙稿のことです。筆者は拙HPには全く触れていないのが残念ですが、拙稿が世の役に立ったようで、少々嬉しいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/02/23/2653204/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。