『現代韓国を学ぶ』(1)2012/06/02

 最近出版された有斐閣選書『現代韓国を学ぶ』(小倉紀蔵編 2012年3月)を購読。

 9人の研究者の論考を集めたものです。参考になったものもありましたが、首を傾げる部分もありました。    小倉さん自身の論考では、朝鮮半島の統一のシナリオについて、

〉 韓国が北朝鮮を吸収するというシナリオ

〉 北朝鮮が武力で韓国を吸収統一するというシナリオ(329頁)

この二つのシナリオだけを提示しています。

 しかし北朝鮮は、こんなシナリオ(武力による韓国の吸収統一)を考えていません。北朝鮮のシナリオは自主的・民主的・平和統一(南朝鮮解放路線)です。武力による統一は想定されていないということです。

 北朝鮮の統一シナリオは、第1段階として「自主的」。これは時には「民族同士」「外国の干渉を排する」というような言葉を使うこともありますが、具体的には韓国からアメリカを追い出すことです。韓米相互防衛条約を破棄し、韓国から米軍基地をなくして、アメリカが朝鮮半島に口出ししないようにさせることです。北が核兵器を開発し、アメリカと直接協議しようとするのは、この脈絡から理解できるものです。

 次に第2段階として「民主的」。これは韓国に親北民主政権を樹立することです。  韓国のかつての軍事政権時代は、民主化闘争が激しかったのですが、北朝鮮がこの民主化闘争に積極的に関わろうとしました。1970年に金日成は「(朝鮮)北半部人民は同じ民衆として、南朝鮮人民の革命闘争を積極的に支持応援すべき義務と責任をもっています」と言っているのです。その目標は、韓国に北が望む革命政権=親北民主政権を樹立することです。そのために、北朝鮮は様々なやり方で韓国に対して工作活動を行なってきましたし、現在も行なっています。

 第1・2段階の次が「平和的」という第3段階です。この段階では、北朝鮮は韓国に樹立された親北民主政権と祖国の統一について協議し、アメリカを始めとする国際社会から干渉されることなく、平和的に統一を成し遂げることです。その暁には、朝鮮人民軍が韓国に進駐することになるでしょう。

 つまり北朝鮮は、武力を使わずに統一することを目指しているのです。

 これは朝鮮関係の研究者なら当然知っていることと思ったのですが、小倉さんの論考に出て来ないのが不思議ですねえ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/02/6465710/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。