日本のカニバリズム2013/12/18

 カニバリズムには人肉を栄養源とするか、薬用とするか、何か霊的な力を得ようとするか、猟奇的な動機等々の種類があります。

 日本史上では飢饉が酷くて人肉を食べたというような記録が出てきますが、これは栄養源としてカニバリズムです。しかしこれは大飢饉という特殊な事例になります。 そうではなく日常的と言える例が日本の近世の資料に出てきます。それは薬用としてのカニバリズムです。

 江戸時代のカニバリズムを実証する資料は、明治3年3月付けで刑部省が弁官あてに提出した公文書にあります。歴史家の氏家幹人さんが現代文に訳したものを見つけたので紹介します。

前々から(旧幕時代から)斬罪やさらし首になった罪人の死骸を割いて胆や露天蓋(頭蓋骨)、陰茎等を採取し、売買することが行われています。なんと残酷なことでしょう。今後は厳しく取り締まるべきであると考えますが、さて、そうはいっても人の胆や頭蓋骨に他に得がたい薬効があるというならば、一概に取り締まるのも如何と思われます。つきましては大学の医学の専門家に、はたして効能があるかどうか調査させていただきたい。(『大江戸死体考』平凡社新書 1999年9月 145~146頁)

氏家さんは次のように解説します。

ここでいう大学は文部省の前身。弁官から人の胆や頭蓋骨に薬物としての特別の効能があるかと下問された大学側は、同月14日の公文書で、そんなものが効くと信じているのは無知蒙昧のなせる業で、病気治療には寸分の効果もありません、と回答しています。  それにしても大学側が「世人固く信じ」といい「かくのごとき売薬類世間に多々これ有り」といっているのは、注目に値するでしょう。当時これらの薬効が広く信じられ、ために人胆その他を材料にした薬が何種類も出回っていた‥‥わが日本にも人の身体の一部を薬として用いる“伝統”があった――この厳然たる事実(同上 146頁)

 何十年か前の部落史の概説書で、江戸時代の穢多は刑場での処刑の手伝いと処刑された遺体の片付けの仕事をさせられたという記述のなかに「刑死者の持ち分は穢多の取り分となった」という意味のことが書かれていました。当時は知識がなかったので、「刑死者の持ち分」とは着ていた着物か家族からの差し入れ品かと思っていたのですが、本当は刑死者自身の肉体だったのです。処刑された者の遺体は遺族に引き渡されるのではなく、穢多身分の者が自由に処分できたのが江戸時代です。

 部落史研究は1970~80年代に盛んになりましたが、この方面の研究はほとんどなかったように記憶しています。だから部落史の概説でも、全く分からないように極めて曖昧模糊に書かれていたわけです。もしこんな研究をしていたら、糾弾されていたでしょうねえ。

 江戸時代の日記のような歴史資料に、病気の父母のために胆を買い求めた、というような記述があったら、それは熊の胆のような獣肉ではなく、人間の胆の可能性があるということです。また精力増強のために人間の陰茎を食べたというのは、記録にも残らないでしょう。日本のカニバリズムは、薬用というレベルでかなり日常的に存在していたと見るべきでしょう。

 しかし日本ではカニバリズムはあるはずがない、或いはあって欲しくないという気持ちが強いようです。昔の日本にもカニバリズムがあったと言ってあげても、えっ!まさか!!極めて特殊例外!!というような反応がほとんどです。

 日本のカニバリズムをなかったことにして、他民族のカニバリズムを取り上げて優越感を持つのはレイシズムと言わざるを得ません。

【拙稿参照】

中国のカニバリズムを取り上げるのはレイシズム http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/10/04/6999819

コメント

_ 河太郎 ― 2013/12/19 11:31

>昔の日本にもカニバリズムがあったと言ってあげても、

ほほう、いかにも上から目線ですね。「優越感」ですか。

>えっ!まさか!!極めて特殊例外!!というような反応がほとんどです。

以前の投稿にも書きましたが、中国系アメリカ人が中国のは「身に付いた人肉食」とよんでいたように、日本人のそれは「身に付いた人肉食」なのですか?

1年前か、数か月前の韓国の新聞に、中国製の人肉入りカプセルが韓国で販売されていた事件が摘発されたと載っていました。

日本でそのようなカプセルを売る商売が成り立つとは誰も思わないでしょう。

>もしこんな研究をしていたら、糾弾されていたでしょうねえ。

つまりこのことは、日本人のそれは「身に付いた人肉食」ではないことを意味しているのではないですか。つまり人肉食は人間としては恥ずべきことである、身の毛がよだつ、想像をするのでさえ不愉快な事、と日本では考えられていたという証拠でしょう。

>日本のカニバリズムをなかったことにして、他民族のカニバリズムを取り上げて優越感を持つのはレイシズムと言わざるを得ません。

ネットで中国人の所構わずの排便が写真いりでアップされているのを何度か見ました。電車の中、スーパーの床の上、衆人の目のある路上など。

これらものアップもレイシズムなのですか。

日本でもかっては野糞という習慣はありましたが、その時でも電車の中、デパートの床などの排便はありませんでした。

トイレの設置が登山口でも常態化、あるいは携帯トイレ考案などで野糞は廃れたと思います。

日本にもかって特別の場合にトイレ以外の排便があったからといって、今の中国の公然排便を指摘するのはレイシズムというのは、おかしいでしょう。

_ かい ― 2013/12/21 13:53

レイシズム(人種主義)がはっきり悪とされたのは、戦後のことだと思います。戦前は、反ユダヤ主義のような人種主義がまかり通っていました。アメリカでは、黒人は劣等人種と考えられていました。
おそらく、ナチスのユダヤ人虐殺に対する反省から、人種主義批判が高まったものと思われます。
戦前は、知識人でも、人種、民族間の優劣を論じるのは世界的に良くないこととは考えられていなかったと思われます。
反ユダヤ主義など、別にナチスに特有の思想ではありません。
その意味で戦前の桑原博士の例を持ち出してもあまり意味はないように思いますが。
また、日本のカニバリズムの例として、刑死者の臓器を煮出して煎じ薬を作ったことを上げておられますが、そもそも江戸時代に刑死者がそんなに多かったのでしょうか、犯罪自体がかなり少なかったように思いますが、もし、そうなら、かなり限定的な例でしょう。

中国での食人についてよくは知りませんが、文化大革命時代にあったといわれています。われわれの同時代にあったというのはかなりショッキングです。
ただ、中国は広く、多文化多民族ですからね。ごく一部にあったことなのでしょう。これをもって中国人を食人民族のごとくいうのはおかしいでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/12/18/7119003/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。