韓国政府の慰安婦合意に対する方針2018/01/10

 昨日、韓国の康京和外相が慰安婦合意に対する政府の立場を明らかにしました。 内容はマスコミに報道されている通りですので、繰り返すことはないでしょう。

 なお中身にちょっと気になることがありましたので、これを書きます。

①  「協議」と「協商」

향후 처리 방안에 대해서는 일본 정부와 협의하도록 하겠습니다.  (今後の処理の方案については日本政府と協議するようにします)

일본 정부에 대해 재협상은 요구하지 않을 것입니다.  (日本政府に対し再協商を要求しません)

 「협의(協議)」と「협상(協商)」は同じ「話し合う」の意味だと思うのですが、一方では「協議する」、他方では「協商を要求しない」となっています。従って韓国政府は日本政府に対して、「協議する」が「協商しない」というちょっと理解し難い対応をするようです。

②  「日本政府」ではなく、「日本」

일본이 스스로 국제 보편 기준에 따라 진실을 있는 그대로 인정하고 피해자들의 명예, 존엄 회복과 마음의 상처 치유를 위한 노력을 계속해 줄 것을 기대합니다.     (日本が自ら国際普遍基準に従って、真実をあるがままに認定し、被害者らの名誉、尊厳の回復と心の傷の治癒のための努力を続けてくれることを期待します)

 ここで主語が「일본(日本)」となっていて、「일본정부(日本政府)」でないことに注目されます。日本政府には期待しない、日本人や日本社会に期待する、というように読めます。

 マスコミで報道されなかった部分で、気になったところは以上です。

 韓国政府は、慰安婦合意は履行しない、日本政府とこれについて話し合いはしない、しかし新たに話し合いたいところもある、という態度を取ることにしました。 

 実際には日本政府は反発していますから、韓国政府は何もできずに放置することになるでしょう。 内心では元慰安婦たちが世を去るのを待つつもりなのだろうか、などと邪推しています。

慰安婦合意の検証 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/12/31/8758841

コメント

_ (未記入) ― 2018/01/12 10:05

初めて、メールいたします。韓国人の常識や人間性に興味を持っているものです。

韓国人の書き込み翻訳サイトなどを見ていると、「慰安婦が全員いなくなることを日本人(安倍)は待っているんだ」とかの書き込みを見るのですが、韓国人にとって謝罪とは生きた人に通用することなのでしょうか?死んでしまえば、謝罪の意味を成さないということになるのでしょうか?今はたまたま当事者が生きているため、「慰安婦に謝れ」と言えますが、いなくなればそれがいえなくなってしまい、日本が、「謝れないから、これでおしまい」と言われてしまうことを心配してるのでしょうか?日本人は、それが真実ならそんなことは言わないと思いますが、彼らだったらそうするから、日本も同じことをするに違いないと思うのでしょうか?

日本人が殺害したと言われるミン氏(皇后?)には謝罪しろとか言う意見をあまり見かけないのは、そのせいでしょうか?「墓にお参りに行く」ことと、「謝罪する」ことは同意語なのでしょうか?
また、「売春婦ではなくて、性被害者である」というのは、韓国では常識で、パク教授の本でさえ名誉既存になり、日本でも「慰安婦は売春婦」と言っただけで、マスコミからたたかれることも韓国人は知っているようなのですが、、、
戦後、日本人から金をもらってセックスしていたと蔑まれていたのだから、現在そうではないと韓国国民が認めているのならそれでいいような気がするのですがが、彼女たちにとってそれは名誉の回復ではないのでしょうか?
すいません、質問ばかりになってしまいました。

_ 辻本 ― 2018/01/12 20:03

まずはご自分でお調べください。
今は、昔と違って資料を得やすいです。
対立する両方が出している資料を、丹念に見てください。

>ミン氏(皇后?)‥‥「墓にお参りに行く」ことと、「謝罪する」ことは同意語なのでしょうか?

 こんな質問を考える前に、そのお墓に行ってみてください。李方子(梨本宮方子)さんのお墓の隣にありますから、行く価値があります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/01/10/8766575/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。