韓国の足踏み洗い2007/08/18

 10年ほど前、砧について資料収集した際に、ある在日韓国人二世から「うちのお母さんはあの川で毎日足で踏んで洗濯してた」という話を聞きました。その時は、朝鮮では叩き洗いであって、このような足踏み洗いは極めて特殊な事例だろうと勝手に解釈していました。

 ところが最近の韓国ドラマ(『ラストダンスは私と一緒に』)のなかに、西洋風民宿(ペンション)の娘が足踏み洗いをしている場面が出てきて、ビックリしました。この女性は24歳という設定で、このようなうら若き女性が足元をまくっての足踏み洗いです。

 朝鮮では叩き洗い以外に、足踏み洗いがかなり行なわれていたと考えるべきなのでしょう。しかし、その資料が見当たりません。韓国の民俗体系にも報告されていないのです。

 誰かこれについての資料・情報をご存知ならば、是非お知らせください。

 ちなみに日本では、絵巻物や洛中洛外図等の絵画資料より、16世紀初めまでは足踏み洗いで、それ以降の戦国~江戸時代に手揉み洗いへと変化したことが明らかになっています。そして更に明治になって洗濯板による手揉み洗いへと変化して、戦後の洗濯機の普及まで続きます。

 足踏み洗いは、日本のごく一部(岡山の奥津など)で今なおその風習が残っています。

 この古風な洗濯方法が最近の韓国ドラマに出てくるとは‥!!興味深いものです。

コメント

_ 芬曼陀羅華 ― 2007/09/04 12:02

スペインの田舎で若い娘さんが共同の水場で洗濯をしていたのを,同行のアメリカ人と密かに1~2葉撮影したことを思い出します.それも失われ行く光景です.

なお,将棋関係の裏掲示板での戦争の議論の弾みで,上坂冬子からたまたま貴ブログに来ました.全て貴重で興味ある内容で,感服しました.政治関係にも関心がありますが,とりあえず民俗的なこの話題に惹かれました.

『駒音掲示板』の「延長掲示板」あるいは「特別掲示板」の1レスに貴ブログへのリンクを貼らせていただきました.匿名掲示板投稿者という立場上,直接メールを差し上げにくいので,この欄を借りてお伝えしますので,悪しからず.(ブログに貼ったものとは性格が違うので,御連絡しなくても良かったのかもしれませんが.)

_ 某 ― 2007/09/17 12:56

韓流ドラマ「守護天使」でも、主役のソン・ヘギョがたらいの中で、水に漬けた洗濯物を足で踏んで洗う場面が出てきます。

_ 通りか刷り ― 2008/03/01 09:53

個人的な話ですが、旅行先のホテルではバスタブの中で足踏み洗いをします。どうやら満州で生活をした祖母→母→私へと受け継がれたようです。
母はあまり足踏み洗いをしませんでしたが、祖母はちょっとした洗い物が出て、早めに洗わなければならないときは時折していました。
少し熱めのお湯を使うので最初は熱いのですが、早く布が柔らかくなって効率が良くなります。
でも、もしかすると、祖母は寒い満州での洗濯方法をそのまま取り入れていたのかも知れません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/18/1733824/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。