金正日急死への疑問2012/01/15

 韓国の心臓専門医は、金正日の突然死に対して疑問を持っているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120115-00000345-chosun-kr

 この記事では、最後に次のように疑問を提起しています。

>金総書記は、北朝鮮で最高のVIP患者だったはずだ。北朝鮮には3-4年前から、当局の要請により、米国の最高の病院で数カ月間にわたって医学研修を受けたエリート医師たちがいる。彼らが突然死を防ぐ方法を身に付けていないはずがない。ところが、最先端の医療を施す施設や設備、経験がなかったということになる。>

 ところでこの記事では、生前の金正日の場合、「ステント挿入手術」や「不整脈が発生した場所をレーザーで焼き切る手術」あるいは「心臓の周囲に名刺ほどの大きさのペースメーカー(電気刺激発生装置)を埋め込む」手術が必要だったということです。しかし北朝鮮の医者たちは、私の想像ですが、金正日の身体にメスを入れるのを拒否したのではないか、と考えます。それは父親の場合と同じだろうと思われるからです。

 父親の金日成は、首の後ろに大きな瘤がありましたが、死ぬまで除去しませんでした。これについて、二つ説がありました。

 一つは金日成の玉体を傷つけてはならいない、という考え方があったからだというものです。かつて昭和天皇が病気になられて手術するかどうか議論があった時、一部右翼が、神聖な玉体にメスを入れるとは何事か!という反対があったのと同じ理由です。

 もう一つは、もし手術をして万一失敗したら、その医者は家族含めて罪を問われる可能性が大きいから、金日成の身体にメスを入れることができなかった、というものです。

 結論的にいうと、金日成の死後、その死体は病理解剖されていますから、前者の玉体説は否定することができます。すなわち、北朝鮮の優秀な医者たちは、金日成の病気に対して玉体が神聖だからでなく 単純に万一のことを思うと余りに恐ろしくて手術することができず、まともな治療をして来なかった、ということになります。

 今度の金正日についても、同じことが言えるのではないかと思います。  おそらくは医師たちは自分への責任を問われるのを恐れて、突然倒れた金正日に何も手を施さなかったのでしょう。 もし何かの手当をして自分の前で死ぬことがあれば、責任を問われます。だから自分たちの知らないところで突然死したとするのが一番いいことになります。

 従って死因についても医者たちは、例え病理解剖したとしても、自分たちの責任にならないように死因を発表した可能性があると思います。

 私の想像がかなり入っていますが、当たらずと言えども遠からず、と考えています。韓国の新聞を読みながら、様々な状況を想像してみました。

(参考) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/12/19/6250374

(拙ブログ 論考一覧表) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/burogu

(拙HP論考一覧表) http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/ronkoushuu

コメント

_ 金李朴 ― 2012/02/05 22:00

金正日死亡関連の記事をもう一つ書かれたのですね。

ところで、金正日の死因が父と同じ心筋梗塞であるのは不自然だとあなたはおっしゃった訳ですが、韓国の心臓専門医は心筋梗塞という「死因」を疑っているのですか? であるとすれば、その根拠は? リンク先の記事は既に表示できません。
あなたの引用を読む限りでは、韓国の心臓専門医は、「心筋梗塞を発症しても放置されたのではないか」と疑っており、死因が心筋梗塞であること自体には疑問を呈していないように思われますが?


>従って死因についても医者たちは、例え病理解剖したとしても、自分たちの責任にならないように死因を発表した可能性があると思います。

これは根拠のない単なる想像ですよね。いつもは韓国の新聞の論調に否定的なあなたが、今度は韓国の新聞を自分の想像の補強に利用しようとしています。まあ、是々非々という観点からすれば、そのこと自体は良い傾向かも知れません。

_ 金李朴 ― 2012/02/06 20:40

朝ブログをチェックした時点では、「民族主義的発言をしているんだから、朝鮮語が当然できるんですよね。だったら自分で調べたらどうです」という意味のブログ主のコメントが入っていたが、削除されたようだ。後ろめたさでもあったのだろうか?

私は朝鮮語の簡単な日常会話ならば、まあ何とかなるレベルだが、十分とは程遠い。在日訛りなので、本国の人々との会話では発音で苦労する場面が多い。読みに関しても、辞書が手放せない。むしろ英語の方が得意だ。また、私の妻は日本人で、二人の子供は何れも日本国籍だ。自分が民族主義的だと感じたことはない。総連にも、民団にも与していない。地方参政権は要らない。共産主義を標榜する北朝鮮の三代世襲は狂っていると思う。

ところで、そのことと金正日の死因とは如何なる関わりがあるのか? 朝鮮語のできない在日が、民族主義的な発言をすることなどおこがましいという主旨をあなたは述べていたが、そのことに関連するのか?
まあ、時間の無駄とは思うが、暇をみて自分で調べてみよう。

繰り返しになるが、金正日が心筋梗塞で急死したとしても、医学的に何ら不自然ではない。「死因は心筋梗塞」という北朝鮮の発表を敢えて「嘘」と主張すべき正当な理由は、少なくとも今のところはない。「父と同じ死因なのは不自然だ」というあなたの主張は、医学的に全く説得力がない。第一、「ステント挿入手術」等の施術が必要であったという韓国医師の見解そのものが、生前の金正日が極めて高い心筋梗塞のリスクを負っていたことを物語っている。満足な医療施設のない視察先で発作に襲われれば、冠動脈インターベンションによるステント挿入などの適切な処置を迅速に行うことは困難である。何しろ、北朝鮮である。発作に襲われた場所や治療内容に疑いをかけることは可能かも知れないが、「死因」そのものを疑うべき医学的根拠は得られない。あなたの如き無根拠の空想が可ならば、「金正日は実は死んでいない。クーデターにより幽閉されているのだ」という無責任な主張でさえ可である。「葬儀の遺体は蝋人形だ!」

それから、この前の金正日関連の記事における、あなたの「剖検」に関するコメントは意味不明である。韓国と日本で「剖検」の意味が違うことはあり得る。しかし、日本の定義では、病理解剖は剖検の一種であり、日常の医療現場では、単に剖検と言えば、ほぼ「病理解剖」のことを指す。よって、「病理解剖≒剖検」である。剖検には、他に「法医解剖」があるが、これは事件性の疑われる場合にのみ行われる特殊な剖検である。したがって、このような特殊の剖検を指す場合は、単に剖検とは呼ばず、「法医解剖」、「司法解剖」などと呼ぶことの方が日本では普通だ。

医師という職業は極めて専門的で、一般人とはかけはなれた知識と経験を必要とする。在野の人文社会学者が独学で良い仕事をすることはあるが、独学の医者ないし医学者というのは今やあり得ない。また、医学が自然科学である以上、歴史認識などと比べ、ファジーな要素はずっと少ない。にもかかわらず、あなたは医師である私の見解を容易に受け入れようとはしない。頑なな態度としか言いようがない。
おそらくあなたは、私が藪医者ないし偽医者であるのではないかと疑っているのだろう。何しろ「北朝鮮は疑われて当然」と無邪気に言い切ってしまうようなお人だ。

長々と失礼しました。金国鎮さん同様、今後はコメントしませんので、お許しを。

_ 辻本 ― 2012/02/07 05:23

金正日の急死に対して何故疑問に思ったかを再度論じます。

 金正日の料理人として10年以上仕えた藤本健二さんの本によると、金正日には7人の医者と3人の看護師が常時待機しています。主治医は「心臓外科」です。全員が当然、最高の医学技術水準を持っています。
 ならば金正日に対して、特に心筋梗塞は予期される病気なのですから、当然最高の医療を施したものと予想されます。
 ところが韓国の医者たちによると、「ステント挿入」などの、韓国では当然なされるような治療を行なっていなかったのは何故か?というところに、疑問が出てきます。

 次に父親の場合、同じく藤本健二さんによりますと、亡くなった日を7月8日としているが、実際は7月7日ではないかという疑問を提起しています。身近にいた人の話ですから、これは重い話です。

 大体以上です。つまり北朝鮮の最高指導者の死には、何か隠していることがあるのではないか、と疑問に思うことがある、というレベルですねえ。

>今後はコメントしませんので、お許しを。>

 またのお越しをお待ちしています。

_ 在特会 ― 2012/02/15 07:42

金日成の死亡時も謀略説がでた。
金正日が殺したとか。
ほんとかどうかはわからない。

北朝鮮の発表は全く信憑性がないからどんな記事が出ても信じる者はいない。

朝鮮戦争は北が起こしたもだが、いまだに韓国が挑発したというバカ者がいるらしい。

北朝鮮の体制がいつまでもつかわからないが、
私は4年ほど前に金正日が70歳になれば権力は失うと思った。3代目が権力を固めるのは難しかろう。
取り巻きの内部抗争も起きるだろうし、3代目が抗争を統治する能力があっても権威はなかろう。

それになにより、3代目が権力を固めれば、餓死者は依然として増えるだろう。ここまで経済が疲弊すると自力で成長させるのは不可能だ。

北朝鮮ができたとき人口は2000万と言われたが
増えたのだろうか?
減少しているのではないか?

_ abcd ― 2012/02/19 03:41

> 金李朴 ― 2012/02/06 20:40
2つか3つほど意見をば(もう、書込みされないかもしれませんが)。
独裁者が死んで、満足な病理解剖が実施されると期待するほうが間違っているのでは。
私が関係者ならば、お茶を濁して帰ります。

>私の妻は日本人で、二人の子供は何れも日本国籍だ。
一在日の私から言わせて貰えれば、これはオカシイとしか言えない。
自分が一人の韓国人としての誇りを持っているならば、自分の子供の国籍も自分と同一にするべきでは。
因みに私は、日本の教育のみを受けてきたので、「日本の為なら死ぬる」と考えています。

貴方に対して揶揄をするとすれば、「金李朴」ではなくて「金朴李」のほうが…。

※韓国・朝鮮人の悪い点は、皆で協力していこうという発言が殆ど見られないところですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/01/15/6293047/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。