韓国に親北民主政権=人民革命政権が樹立される可能性2012/02/01

 拙論 「 朝鮮が統一すれば? 」 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/05/28/5885675

 のコメントのうち、2011年9月18日付けの拙論で、  「韓国国民が冷静さを失って、革命政権樹立を選択してしまう可能性はゼロではないと考えています。」 と論じました。

 まさか、もう先進国の仲間入りしようとしている国がそんなことがあり得るはずがない、と考える方が多いと思います。

 しかし、先のソウル市長選挙で、デマ情報によって当落選が左右されたという事実があります。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120201/kor12020107350000-n1.htm

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00001254-chosun-kr

 デマ情報を流したのは民主勢力(=左翼・革新系)の人ですが、それよりもこんなウソに市民が簡単に騙されて、選挙を左右してしまうという体質が問題です。

 とすると、今後の国会議員選挙や大統領選挙においても、親北民主勢力の候補を当選させるために、デマを流すことが十分に考えられます。そして、本当に当選してしまう可能性も大いにあります。

 「韓国国民が冷静さを失って、革命政権樹立を選択してしまう」 という拙論は、決して荒唐無稽なものではありません。

コメント

_ 鈴木啓介 ― 2012/02/17 20:19

辻元さんへ 70年代後半から民闘連に関わっていた鈴木啓介といいます。在日韓国・朝鮮人生徒の教育を考える会(東京)の世話人でした。
偶然のことにブログを読ませてもらいました。
暇なときに「川越だより」も覗いて見てください。北朝鮮問題や在日コリアン問題にもたまには触れています。

僕としては民闘連で学んだことを土台にして自分なりの歩をしてきたつもりです。
なかなかこのようなブログには出会わないので何となく嬉しかったです。

_ 辻本 ― 2012/02/18 19:06

鈴木様 ご投稿ありがとうございます。

>70年代後半から民闘連に関わっていた

 とすると、どこかでお会いしていたかも知れませんね。

 ところで、お名前を拝見して、何か記憶に残っている名前だなあと思っていたところ、本棚に『朝鮮人差別とことば』(明石書店)がありまして、この著者の方ですねえ。

>なかなかこのようなブログには出会わないので何となく嬉しかったです。

 かつての民闘連の関係者からご訪問いただき、感謝します。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/02/01/6315655/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。