日本への悪口言葉―韓国語の勉強2013/07/19

 『朝鮮日報』7月15日付に、チョン・ジョンソプ(ソウル大学教授・憲法学)さんの「日本の指導層、自閉孤立主義から抜け出さねば」と題するコラムが載っています。その後半部分が日本への悪口の連続です。特に最後の十行ほどがなかなかの悪口で、韓国語の勉強になります。

安倍内閣が小さな利益に陶酔して大義を捨てる行為や極右集団たちの野蛮な行動は、골목대장(ガキ大将の意)の水準で、過去の明治維新の志士たちのスケールには最初から到達することも出来ないほどに低級なものだ。   분탕질(焚湯―放蕩三昧の意)に近いこのような姿を見るに見かねた日本の知識界と政治圏でもこれを批判する声が出てきている。この知性の力が難局を克服することを期待し、これまでに韓・日間に志を持った人が苦労して作ってきた善隣と友好の塔が、衝突を繰り返す철부지(分別不知―世間知らずの意)によって壊されないことだけを願うのみである。

 こんな悪口言葉(골목대장、분탕질、철부지)があるとは知りませんでした。わが勉強不足を恥じるのみ。

 この文より前にも悪口表現がいろいろあって、勉強になります。

시대에 뒤떨어진 것 (時代に取り残されたこと)

자국 패권주의적 가치 (自国の覇権主義的価値)

패륜적인 죄악 (悖倫的―倫理に悖る罪悪)

천방지축으로 날뛴다 (天方地軸―バカが無茶なことをするの意―で跳ね上がる)

더욱 비열한 것 (さらに卑劣なこと)

자국 중심의 자폐적인 고립주의로 빠져들면서 나타난 현상 (自国中心の自閉的孤立主義に陥って現れた現象)

‘가라파고스화’의 길로 빠져들면서 (ガラパゴス化の道に陥りながら)

처방이 잘못된 것 (処方を間違ったこと)

일본 국민을 선동하고 왜곡하고 있지만 (日本国民を扇動し歪曲しているが)

야만성만 드러낼 뿐이다 (野蛮性をさらけだすだけである)

 この先生、授業でもこんな悪口を教えているのですのかねえ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/07/19/6907092/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。