古田博司 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』(4)2014/03/26

 先に朝鮮朱子学の階級差別思想を概説し、華夷思想を説明しました。 華夷思想は異民族への差別思想ですが、国内では同一民族でも「君子(両班)」「小人(常民)」という階級差別思想があることは既に触れました。今度はこの階級差別の実態がどういうものだったか、李朝末期に朝鮮を旅行した英国人女性旅行家イザベラ・バードの記録がありますので紹介します。

朝鮮の災いのもとのひとつにこの両班つまり貴族という特権階級の存在がある。 両班はみずからの生活のために働いてはならないもので、身内に生活を支えてもらうのは恥とはならず、妻がこっそりよその縫い物や洗濯をして生活を支えている場合も少なくない。 両班は自分では何も持たない。 自分のキセルすらである。両班の学生は書斎から学校へ行くのに自分の本すら持たない。 慣例上、この階級に属する者は旅行をするとき、おおぜいのお供をかき集められるだけかき集めて引き連れていくことになっている。 本人は従僕に引かせた馬に乗るのであるが、伝統上、両班に求められるのは究極の無能さ加減である。 従者たちは近くの住民を脅して飼っている鶏や卵を奪い、金を払わない。‥‥(イザベラ・バード『朝鮮紀行』時岡敬子訳 講談社学術文庫 137頁)

非特権階級であり、年貢という重い負担をかけられている夥しい数の民衆が、代価を払いもせずにその労働力を利用するばかりか、借金という名目のもとに無慈悲な取り立てを行なう両班から過酷な圧迫を受けているのは疑いない。 商人なり農民なりがある程度の穴あき銭(銅銭)を貯めたという評判がたてば、両班か官吏が借金を求めにくる。 これは実質的に徴税であり、もしも断ろうものなら、その男はにせの負債をでっち上げられて投獄され、本人または身内の者が要求額を払うまで毎日鞭で打たれる。 あるいは捕らえられ、金が用意できるまで両班の家に食うや食わずで事実上監禁される。 借金という名目で取り立てを装うとはまったくあっぱれな貴族であるが、しかし元金も利息も貸し主にはもどってこない。 貴族は家や田畑を買う場合、その代価を支払わずにすませるのがごく一般的で、貴族に支払いを強制する高官(警察)など一人もいないのである。(同上 138頁)

 この本はイザベラ・バードが120年前の日清戦争の頃に朝鮮を実際に旅行して見聞したことを書いたものです。 彼女は鋭い観察力、事実の正確さ、推論の適切さに秀でており、両班と常民を描いたこの部分も事実と見ていいものです。

 両班(君子)は「学問と徳を修め、礼法を守る」という自らを課している道徳に反しているのではないかと感じたならば、それは現代人の発想です。 儒教礼学を実践する両班は、儒教を知らない常民(小人)とは対等ではあり得ず、一方的に支配し服従させるものなのです。 買えばお金を払う、借りたものは返す、という現代では当たり前の倫理は、両班と常民との間では成立しなかったのです。 常民は両班の無理難題に黙って従う、それが朝鮮の中世社会です。

 そして儒教を修め礼法を実践する両班らは、常民たちに儒教を教えてやらねばならないと使命感に燃えます。 古田さんは次のような歴史事実を記しています。

朝鮮では‥‥15世紀から中華の「礼」を核とする朱子派の儒教を全幅に受容し、その実践を始めた。その過程は‥‥人為強制的で直接身体に暴力の及ぶ思想教化であり、排他的な社会改造であった。     ある日、突然、捕縛吏がやってきて、親の三年の喪に服していないといっては彼を棍棒で打ちすえる。良い墓地を探そうと骨を安置しておけば、不葬者として一族絶島送りになる。良婦二夫にまみえずという節婦道徳を強制され、前朝の風習通りに夫の喪をといて再嫁していた女性は捕らえられて、拷問された。‥‥商人などは身を濁世に処し利をもとめる俗人であるとされ、ことごとく弾圧された。‥‥そして仏教を徹底的に否定したため、従来の葬儀や招魂を司っていたシャーマンや僧侶は弾圧されてソウルから放逐、山野を彷徨するなど、土木工事の人夫になる物以外は盗賊として処罰された。(67~68頁)

 今の我々には想像もつかないような社会が、お隣の朝鮮で何百年か前にあったのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/26/7254093/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。